会話スキル向上

心理学的に有効とされる女性の褒め方は一体どれなのか

投稿日:

女性を上手に褒めることができる男性は、生涯女性にモテ続けることができます。

 

女性が心底嬉しくなって喜んでしまう褒め方は、女性の心理学的側面を学ぶことで知ることができます。

 

人間関係を良きものにするために、「褒める能力」というのは必ず必要になります。

 

どんなに頑固な相手でも褒め方によって心の扉を開くことができて、相手は本心を打ち明けるようになります。

 

本心を打ち明けてくれる女性は、次々と話をしてくれるようになりますから、一気に距離を近づけることができるんです。

 

ストレートに褒めるより具体的に

よくある女性に対する一般的な褒め方としては、「その服可愛いですね」とか「顔可愛いですね」といったように単にストレートに褒める方法があります。

 

褒められた女性は、嬉しい気持ちになるのは間違いないのですが、あまり外面的なことをべた褒めしても女性の心をつかむことはできません。

 

べた褒めをしていると、聡明な女性は警戒心を抱き始めて相手を信用できない男性と感じ始めます。

 

褒めることでコミュニケーションを円滑にして、相手との壁を取り除くことはできるのですが、それよりも重要なのは褒め方です。

 

心理学的な観点から推測して女性が喜ぶ褒め方をしっかりと覚えておく必要があります。

 

単に「かわいいね」と褒められても女性としては、「何がかわいいの?」「何がどこが好きなの?」と疑問に思うのです。

 

当然ですが、褒める時にはしっかりと具体的に褒めるようにしましょう。

 

具体的な褒め方とは、「髪の毛くせ毛ですごく似合ってる、パーマかけてるみたいでうらやましいよ」と相手のどこがどう素敵であるのかを具体的に述べます。

 

ただ先ほども述べましたようにあまり相手の外面的な要素を褒めるのは、褒め方としては得策ではありません。

 

なぜなら外面が良い女性は、外面のことで誉めそやされていてすでに慣れてしまっているからです。

 

だからそんな女性に「髪の毛可愛いですね。くせ毛がきれいに流れてうらやましい」と褒めても、「また同じこと言う人いる」とあきれられる可能性が高いのです。

 

心理学的にみても女性は相手に精神的な結びつきを要求し、甘えたい、愛されたいと思っています。

 

単純に「かわいいね」よりも「よく気が利いて真面目だから色々疲れてないですか?」と相手のことを気遣う言葉かけを含めた褒め言葉、褒め方のほうが女性との距離を縮めることができます。

 

我々が生きる現代社会はストレス社会であり、多くの女性は何らの生きづらい問題を抱えています。

 

仕事のストレス、それから生じる体調不良だったり、身内の不幸だったりと問題は様々であり、問題を抱えていない女性はこの日本に存在しないと断言できます。

 

勢いのある20代男性なら、はっちゃけて「海でも行こう」とか「スノボー行こう」とか元気にデートに誘うのも許されますが、30代は落ち着いた恋愛、婚活をする方がいいのです。

 

相手の辛さを理解して、共感してお互いが必要としあえる存在でいられることが幸福の近道です。

 

辛い時に寄り添ってくれる存在を大人の女性は求めています。

 

女性が心理学的に安心できる褒め方とは、相手の心身のことを気遣う言葉かけをすることです。

 

「仕事大変なんですね。責任感あるし仕事バリバリできるでしょうから、周りから任されるんでしょうね。」といったように相手の「責任感がある」といった内面を褒めるようにしましょう。

 

ストレートに「かわいいね」と褒めるだけでは、まともな女性は感化されません。

 

「責任感がある」や「気立てが良くて穏やか」など相手の性格の良さを褒めるようにして、相手の内面をみていることをはっきりと伝えましょう。

 

女性は今まで見た目のことを褒められてばかりだった場合、そういった内面を具体的に褒めてもらえて「この人は違う」といった印象を抱きます。

 

そして、そういった具体的に性格面を褒める褒め方で接していくことで、女性は心を開き始めてこちらを信頼して人に言えない悩みや不安などを相談してくれるようになります。

 

聞き上手になって女性の話を聞いて共感

相手の心身を気遣う褒め方で言葉かけをしていくと、女性は心理学的な傾向でも明らかにされていることですが、男性を信頼して好意を持ち始めます。

 

一度信頼されると、男性は女性から多くの秘密や悩みや不安などを打ち明けられることになります。

 

この時点で「しんどい」や「重い」と感じてしまうのであれば、その女性と長く恋愛関係を構築することができないかもしれません。

 

本気で好きでその女性を射止めたいのであれば、どれだけ重い話でも親身になって聞いて共感してあげることが必要です。

 

女性側もそれまでに心身を気遣う言葉かけや性格を具体的に褒められたので、その男性を信頼して心を開くようになったのです。

 

そして更なる次のステップとして、その女性が心を打ち明けて話してくれた内容をしっかりと聞いて共感していることを言葉や態度で示す必要があります。

 

「それは本当にしんどいですね。そんな中でも毎日仕事に行って両立されて本当に強い人ですね。」と共感して、現状を立派だと具体的に褒めるようにします。

 

単に「えらいですね。すごい。」と褒めるのではなく、具体的に何がどうすごいのかを褒めるようにしましょう。

 

「両親の介護と仕事を両立されて、身体がしんどい中毎日笑顔絶やさずに本当に尊敬します。毎日ご苦労様です。」といったように何が大変な中どう頑張ってすごいかを具体的に話すようにします。

 

女性は辛い時に優しい言葉かけをされると心を開きやすくなります。

 

明るい話だけして、ポジティブな話をするべきと語るコンサルタントはいますが、現状は多くの日本人女性は多大なストレス社会で生きています。

 

そして、辛い中女性陣は笑顔を絶やさずに毎日頑張って奮闘して生きていることも多いのです。

 

そういった苦労されている女性に、優しい言葉かけを含めた言葉かけは癒しの言葉になります。

 

女性はずっとそのように優しく包み込んでくれる男性と一緒にいたいし、愛されたい大切にされたいと願っています。

 

女性が勇気を示して話してくれる話の内容は、しっかりと聞いて記憶にとどめておくようにしましょう。

 

些細なことでも覚えておくようにしましょう。

 

「鶏肉の皮が嫌い、触感が苦手」そんな些細なことでも覚えていると、ふとした拍子に「私そんなこといった覚えないけど、この人は覚えていてくれたんだ。」と好印象を抱きます。

 

信頼してくれた女性はたくさんの事情や悩みや不安を話してくれるようになりますから、それらに耳を傾けて、また具体的に褒めて女性にとって癒しの人となるのです。

 

仕事での悩み、家族の問題、健康上の問題、この世の中は問題だらけであり、悩みのない人などいません。

 

そして、30代となると精神的に落ち着いてくる年齢ですから女性陣も受け入れてくれる心の器の広い男性を探しています。

 

心理学的に女性に好きになられる褒め方とは、「具体的に何がどう立派なのかを褒める、労りの言葉かけをする」です。

 

何がどう立派で偉いのかをきちんと具体的に伝えましょう。

 

「両親の介護をされながら、仕事も両立されて笑顔絶やさずすごいね」等、具体的に褒めるようにしましょう。

 

まとめ

女性が心理学的に喜ぶ褒め方とは、「具体的に褒める」になります。

 

具体的に褒める褒め方は、女性が一番喜ぶ共感でもあります。

 

また外面的な要素を褒めるよりも内面的な要素を褒めるほうが、30代以降の大人な女性の信頼を得ることができます。

 

30代男性と30代女性は精神的な結びつきを重視しているために、表面的なことを褒められるよりも性格や努力している面などを褒められた方が嬉しいのです。

 

またそうやって中身を褒めることとで、女性はその男性を信頼し始めます。

 

そして、女性は信頼している男性に対して心を開いて人に言えない悩みや不安などを話し始めます。

 

その際にも相手のことを具体的に褒めることで、相手に「話を聞いてくれる人」「共感して理解してくれる人」といいう印象を与えることができます。

 

女性との距離を縮めるために、自分から話しかけて「気遣いのある労りの言葉かけ」をしていきます。

 

そうやって相手に対して誠実な接し方を続けることで、女性は徐々に男性を信頼し始めて、たくさんの話をしてくれるようになるのです。

 

心理学的に女性は、性格面や努力していることを具体的に褒められることが何よりうれしいのです。

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.