会話スキル向上

彼女ができない理由は会話にあるのか?30代男性必読

投稿日:

彼女ができない理由は一体何だろう?と悩む30代男性は多いです。

 

多くの彼女ができない男性は、会話が苦手な傾向にあり。自分で自分のことを「コミュ障」や「人見知り」と表現することが多いです。

 

好きな女性を目の前にすると、過度に緊張してしまい自然体でいることができなくなってしまいます。

 

無理をして頑張って自分の話ばかりしたり、収入自慢や趣味の話をして相手が共感できない話を一方的にしてしまいがちになると40代になっても彼女ができないことになります。

 

確かに彼女ができない理由としては、会話が要因の一つとしては大いにあり得るのです。

 

女性は話を聞いてほしいと考える

女性は話を聞いて共感してほしいと考えていて、何も男性から面白いギャグのような話を聞きたいとは決して思っていません。

 

男性は常に自分の強さを誇示したい生き物であるために、自分の趣味の話や収入自慢などをすることも多々ありますが、そのようなことも控えたほうがいいのです。

 

仮に収入自慢をしたときに、その財力に魅了される低俗な女性が好意を寄せてくるかもしれませんが、そのような低俗な女性と恋愛関係を長続きさせることはできません。

 

そんな女性は、男性側から願い下げしたほうがいいのです。

 

収入自慢や所持している車などを見せびらかして女性を釣っている男性は、本当の幸福から遠ざかっています。

 

このような収入自慢などで女性を釣っている男性は、恋愛が長続きしません。

 

そのような男性よりも、彼女ができない理由は自分の会話力がないからかなと思い悩んで不安になっている男性の方が、本当の幸福を見つけ出す可能性が高いのです。

 

女性は、自分の話を聞いて共感してくれる人を望んでいます。

 

また、女性が自分の話をするためには、その女性が相手のことを信頼している必要があります。

 

女性に信頼してもらうためには、男性側が女性に対して包容力があるということを会話や態度で示す必要があります。

 

日本はストレス社会であり、大抵の30代女性は多かれ少なかれ日常生活で何らかの問題を抱えています。

 

健康問題かもしれませんし、雇用問題、経済的な問題を複数同時に抱えているかもしれません。

 

身内に誰か面倒をみないといけない人がいるかもしれません。

 

そのようにストレス社会を生き抜くために日々奮闘している女性に対して、優しい気遣いのある言葉かけをするように心がけてみましょう。

 

「お疲れ様です。風邪が流行っていますが○○さんは大丈夫ですか?」といった具合に相手のことを気遣う言葉かけをするのです。

 

女性は生物学的に心理学的にも承認欲求が強いため、身体のことを心配されることを嬉しく感じます。

 

大切にされたいと思っているために、「私の身体のことを気遣ってくれて素敵」となり男性に恋をします。

 

誠実に女性のことを気遣う言葉かけを意識することで、女性は男性に好意を必ず抱きます。

 

また相手との距離を適度に保ちつつ、適度に労りの言葉かけをすることで女性は男性を信頼するようになって、自分のことをたくさん話すようになります。

 

自分のことをたくさん話すようになれば、男性側から何か特別話題を提供しないといけないことはなくなります。

 

向こうから人に言えない秘密、悩みや不安の話をしてきますので、それをしっかりと聞いて共感することで女性との関係を深めていくことができます。

 

女性を信頼させるための会話としては、まずは女性に対して労りの言葉かけをして、相手に信頼してもらい、信頼されることで様々な悩みや不安を話してきますのでその話をしっかり聞いて共感するというフローになります。

 

彼女ができない理由というのは、実際に会話の中で女性を気遣う言葉かけができていなかったりしていることが原因の一つとしてあります。

 

質問をして話を広げるテクニック

女性から信頼されて女性からたくさんの話をされるようになったら、女性の話を広げる必要があります。

 

「これキャラ弁作ってみたの、可愛いでしょ!」と言われたら、「へぇ~すごいね。おいしそう。」だけで終わらずに質問をすることを意識してみてください。

 

「すごい可愛いね。この白いのは何の食材?キャラがあまりにも出来過ぎで何食べてるかわからないよ笑」といった具合に相手のスキルを褒めつつ、質問を投げかけてみてください。

 

次の会話へつなげることができます。

基本的に会話の主導権は相手に譲りつつ、相手のことを常に褒めて質問を投げかけるようにします。

 

女性はこれを見てほしいとかこんなに疲れているとか「自分がどれだけ一生懸命か」を男性に理解して褒めてほしいと感じています。

 

男性はその女性のサインを見逃してしまうわけにはいきません。

 

本気で好きな女性を射止めたいのであれば、焦ることなく誠実に女性に労りの言葉かけを続けて、信頼してもらえるまで辛抱強く待ちましょう。

 

いずれ女性の方から、日々の悩みや不安、どれだけ苦労しているかの話や相談をされることになります。

 

男性はまたじっくりと焦ることなく、その女性の話を聞いて共感して、質問を投げかけて話題を広げるように努力しましょう。

 

質問された女性は喜んで次々に話をするでしょう。

 

信頼している男性に自分のことをたくさん話して、その男性に質問されて最高の気分になります。

 

好きな女性を射止めるためには、長期的な目線で女性と接していく必要があり、女性を最高のおもてなしでもてなす必要もあります。

 

5W1Hを意識した会話の広げ方

これは有名な会話のテンプレートになりますが、5W1Hを意識した会話の進め方です。

 

5Wとは、Where, when, who, what, whyで、1HはHowを指し示します。

 

「どこでそのレストランを知りましたか?」「いつそのレストランを知りましたか?」「誰と普段良く行くのですか」「何がそのレストランでお勧めですか?」「なぜそのレストランがおすすめなのですか」「どうやってそのレストランを堪能できるのですか」

 

5W1Hは会話が詰まったときに必ず使うことができるテクニックであり、6通りだけではなく、上手く活用すれば2倍の12通りも生み出すことができます。

 

いつレストランに行きましたか、いつそのレストランを知りましたかといった具合に「いつ」だけで2通りのパターンを生み出すことができます。

 

質問をする際には、この5W1Hを意識していなくても無意識に今までしてきたはずです。

 

「このキャラ弁の食材は何(What)ですか?」といったように会話をする上で、必ずこの5W1Hは使用されています。

 

もし今現時点で会話に対して苦手意識が生じていたとするなら、再度この5W1Hを思い出して意識的に活用するようにしてください。

 

これだけで質問上手になりますし、彼女ができない理由が会話ということには絶対になりません。

 

まとめ

彼女ができない理由が会話であるパターンですが、自分語りを多くしている男性に当てはまります。

 

収入自慢、趣味の話、面白いギャグ、仕事の話などは女性陣には人気のある話題ではありません。

 

女性と仲良くするために自分から話しかける場合、「風邪が流行っていますが、○○さんは大丈夫ですか?」と誠実に労りの言葉かけをするようにしましょう。

 

長い目線で言葉かけをしていくことで、女性は心を開くようになり信頼してくれるようになります。

 

信頼されると女性から様々な人に言えない秘密の話や相談をされることになります。

 

身内の話だったり、仕事の悩み、病気のことかもしれません。

 

そして悩みごとや相談をされてその話を聞いて共感していることを質問や態度で示すようにします。

 

5W1Hを意識した質問をすることで、相手は話を聞いて共感してもらっていると実感することができます。

 

「すごい美味しそう!料理得意なんですね!何のスパイスが隠し味なの?」と相手のことを褒めつつ質問を投げかけます。

 

褒められて質問されると女性はそのことに関してどんどん話してくれるようになります。

 

こうやって女性に気遣いの言葉かけをして、信頼してもらい相談役になって、質問をして会話を広げる。

 

この会話の流れを徹底すると、彼女ができない理由が会話!なんてことには絶対になりません。

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.