会話スキル向上

初対面で好印象を与える話し方をしたい30代男性へ

更新日:

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)

初対面で好印象を与える話し方をするには、一体どうすればいいのかとお悩みの30代男性は多くいます。

 

もともと人よりも初対面の相手に過度に緊張する人見知りタイプの人は初対面でお度々脅してしまいがちです。

 

初対面でおどおどしてしまうとある人は「なんかこっちに興味がないのかな」と勘違いして好印象からはかけ離れた印象を与えてしまうことになります。

 

全ての人が心優しい人ではないので、思い込んで誤解することも大いにあるのです。

 

でもそんな人見知りの人でも考え方を少し変えて、ちょっとした会話のテクニックを使うことで、好印象を与える話し方をすることができるのです。

 

初対面の挨拶は少し笑顔で

好印象を与えたいと思う全ての人類がまずは手始めに挨拶をします。

 

「はじめまして○○です」と自己紹介をするわけですが、この時に思いっきり歯を見せて笑う人はあまりいないと思います。

 

まして人見知りやコミュ障と自分のことを考えている30代男性の方は、ニコニコせずに暗い表情をしていることが多いかと思います。

 

ニッコニコの笑顔をするとかえって「え。なんか私の顔についてるの?」と少しネガティブな考え方をする人に勘違いされかねませんので、飛び切りの笑顔をする必要はありません。

 

それでも程よい笑顔というのは存在します。

 

今ご自身のスマホでカメラを自分のほうに向けて、楽しいことを考えてみてください。

 

大切な家族やペットでも構いません。

 

不思議と口角が少し上がるのではないでしょうか?

 

その少し口角を上げた表情というのが、ベストな笑顔の状態です。

無理に作られた笑顔ではなくて、自然とできる笑顔が人に心地よいと感じられるのです。

 

私が以前に努めていた職場なんですが、変に笑顔を作る営業マンと同席することがあったのですが、私の部下がその不自然な笑顔をみて笑ってしまいました。

 

不自然に作り上げた笑顔というのは、それほど可笑しいのです。

 

とりあえず笑顔でいたら好印象を与えることができる、話し方もとにかく笑顔でいれば良いように聞こえる!と思い込むのはナンセンスです。

 

初対面の際に人は確かに人の表情をみます。

 

その時に穏やかにニコッとしている優しい表情を見ると人は安心するでしょう。

 

不自然な笑顔ではなくて、自然体で優しい表情を見ると人は「この人に話をしたい!」と思います。

 

だから初対面で優しい表情で好印象を与えることができたなら、相手からどんどん話をされることになります。

 

話下手や人見知りで話をするのが難しいとお悩みの30代男性は、家族やペットだったり何か自分が好きなことを頭に思い描いてみて自然な笑顔を作る練習をしてください。

 

初対面の時はやはり話し方も重要なのは間違いありませんが、それよりも第一印象としては顔の表情がウェイトを置きます。

 

メラビアンの法則でも言われていることですが、人は視覚から入る情報で判断する傾向があります。

 

何よりも見た目が最初は肝心になるのです。

 

最初の印象は、話し方よりも穏やかな自然な笑顔で相手の心を開かせることが最も重要です。

 

相手の気分を上げる話し方

自然な笑顔を作ることができれば、いよいよ好印象を与える話し方をマスターしていきましょう。

 

人見知りの30代男性は緊張でいっぱいで自分のことしか考えられない傾向があり、いざ初対面の人と対面しても「はじめまして〇〇です」といきなり自分のことを話すことがあります。

 

そうではなく、いったん落ち着いて自分のことはさておき「初対面が自分にとって特別である」という気持ちを言葉で伝えるようにしましょう。

 

「お会いできるの楽しみにしていました。」「お待ちしておりました」「お会いできてうれしいです」と相手の気分を上げる発言をしましょう。

 

初対面の人をおもてなしするつもりで接するように心がけましょう。

 

多くの人見知りの30代男性が自分のことで精いっぱいになってしまい、相手をおもてなしする心の余裕がなくなってしまいがちです。

 

話し方を変えれば相手に好印象を与えることはできますが、その話し方を変えるためにはまずは自分の考え方を変える必要があります。

 

30代男性は自分だけが緊張していると思いがちですが、初対面の相手も同じくかなり緊張しているのです。

 

初対面の際には、人は誰しもが「どんな人が来るのだろう」と大なり小なり緊張しているのです。

 

だから何も一人ぼっちで自分だけが緊張しているわけでは決してなく、寧ろこれから出会う初対面の人も全く同じ条件下にある仲間なのです。

 

そんな緊張している相手だからこそ、話し方には気を付けたいものです。

緊張して気を張っている相手には言葉遣いは丁寧にしましょう。

 

「でございます」とか「おっしゃる通りです」まで丁寧にする必要はありませんが、相手が年下であったとしても、とりあえずは丁寧語で統一しましょう。

 

いきなりフランクに話す人はたまにいますが、やはり常識がない人だという印象を与えてしまうことになります。

 

相手が女性であるならなおのこと慎重に丁寧語で話すことを心がけておきましょう。

 

褒められた時にお礼を言う

初対面の人と会話をしているとつい緊張しているせいか、相手に褒められた時に「いやいやそんなことないです」といいがちになります。

 

もし相手に褒められた場合はまず「そんなに言っていただいてありがとうございます。」とお礼を言うようにしましょう。

 

相手が言っていることを否定するのではなくて、ありがたくその気持ちを受け止めるようにするのです。

 

初対面で緊張して恐縮する気持ちになりますが、相手が褒めてくれたらそれは素直に受け止めていいのです。

 

「そんなこと言われたのは初めてなもので、ありがとうございます」と本心を伝えるようにします。

 

どんな話し方がベストなのかについても諸説があり、正解は幾通りも存在します。

 

ただ話し方というのは自分の内面の鏡といわれます。

 

誠実な気持ちで相手をおもてなしする気持ちでいれば、自然と相手にその誠実さが話し方で伝わります。

 

自分が褒められた時は、誠実に素直に喜んでいいのです。

 

日本人は昔から謙遜することが美徳とされてきましたが、感謝の言葉を伝えると相手は喜ぶものなのです。

 

もしそれがお世辞であったとしてもそれを素直に受け止めて喜んでお礼を伝えてみてください。

 

相手は喜んで感謝されたことで嬉しくなって、そして素直に喜んでくれた人を誠実だなとみなして好印象を抱くようになります。

 

素直に喜ぶ誠実な人に心を開くようになって、「防御線を張らない素直でピュアな放しやすい人」と感じてどんどん話すようになります。

 

状況に応じてねぎらいの言葉と相槌

雨の中会いに来てくれた場合だったり、寒いとか熱いとかケースバイケースですが、ねぎらいの言葉かけもしましょう。

 

「雨降って寒い中ありがとうございます」と相手の状況を気遣う言葉かけのことです。

 

ねぎらいの言葉かけも結局は相手を思いやる気持ちから生じます。

 

人見知りの人は緊張して自分のことで頭がいっぱいになりがちですが、ここでもまた相手を心から思いやる気持ちが重要になってくるのです。

 

初対面では相手に優しくて誠実で信頼に値する人物である、つまり好印象を与える必要があります。

 

そんな好印象を与える話し方とは、相手の状況を気遣う言葉かけをすることにかかっていたのです。

 

初対面で第一印象は決まりますから出だしは肝心です。

 

相手の道中での状況を心配していたことを出だしで伝えることができたら、相手は「心配してくれてたんだ」と好印象を抱くようになります。

 

また相槌も大事なポイントです。

 

相槌が単調だと相手は「興味ないのかな」と思い込んでしまいますから、話の内容によって喜怒哀楽の気持ちを表情で表しながら話を聞くようにしましょう。

 

雨の中こけそうになったという話をされたときは、少し眉間にしわを寄せるような心配そうな表情で聞いて、無事だったと聞いて安心した表情をしたりと、感受性豊かな人である印象を与えるのです。

 

表情豊かな人は信頼されやすいのです。

 

相手の話を聞いて表情が変化するのも相手を心から思いやることができてこそなせる業です。

 

これまた相手のことを心から思いやるというマインドセット、考え方から生じる話し方のテクニックなのです。

 

まとめ

初対面の人に好印象を与えることができる話し方とは、自分のマインドセットから生じるものだったのです。

 

好印象を与えるために、適度に口角を上げて自然な笑顔を作って相手に安心感を与えることが重要でした。

 

人は初対面で相手を判断するのに視界から入る情報でしか判断しようがありません。

 

その点を念頭に置いておくと、自然な笑顔を作る必要性があることが判ります。

 

また初対面の相手の気分を上げる話し方と相手の状況を心配していた言葉かけをケースバイケースで使うようにしましょう。

 

「お会いできてうれしいです。雨の中来てくださりありがとうございます」と突然「はじめまして」と自己紹介する前に相手に感謝の気持ちを伝えるようにします。

 

そして相手と話している途中で相手がこちらを褒めてきた場合には「そんなに言ってくださって初めてです。ありがとうございます。」と相手に感謝の気持ちを表します。

 

感謝された側の人間は、相手が素直に喜んでくれる反応を見て「素直で誠実な嘘のない人だ」と感心するようになります。

 

初対面で相手に信頼されると良く自分のことを話してくれるようになります。

 

そして相手が話している最中にも表情豊かに相槌を打ちながら話を聞くようにします。

 

自然な笑顔、相手をねぎらう言葉かけ、感謝の気持ち。

 

この3つを初対面の会話の中で意識すること、これが好印象を与える話し方です。

 

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)

 

初対面で人に好かれる話し方

初対面で人に好かれる話し方というのは存在します。

 

芸能人やお笑い芸人などは、自分から話をして聴衆の心をつかむ話術やテクニックを知っています。

 

私がおすすめする「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」という優良教材にその全容が詳しく説明されています。

 

10年以上前に発売されて以来、今に至るまで常に売り上げランキングTOP3位以内をキープしているロングセラーです。

 

多くの人見知り、コミュ障の男女がこの教材を学んで、人に好かれるようになったといっています。

 

⇒人に好かれる会話術についての徹底レビューと口コミ評判のまとめ

 

コミュニケーション教材は、これ一冊で十分です。

他の教材を購入する必要はありません。

 

初対面でもスムーズに緊張せずに話す方法、人の深層心理など幅広いテーマで知識を深めることができます。

 

また、この教材の最大のメリットとして、全額返金保証がついています。

 

⇒「人に好かれる会話術」が全額返金保証付きの理由と条件

 

  • 全額返金保証付き
  • 人の深層心理、会話のテクニックが学べる
  • 恋愛、友人、職場の人間関係全てに使える

上記の条件を満たしている会話教材は、「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」のみです。

 

公式サイトのデザインは、発売当初から変わっていないので、最新のものと比較すると見劣りするかもしれません。

 

しかし、会話の本質は何百年、何千年と経過しても変わることはありません。

 

もしあなたが最速最短で人の心を掴む会話術を学び、初対面でも好印象を与える話し方をマスターしたいなら、この教材を学ぶことをおすすめします。

 

↓ ↓ ↓

 

⇒人に好かれる会話術についての徹底レビューと口コミ評判のまとめ

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.