会話スキル向上

人に信頼される話し方は具体的にどういうことなのか

更新日:

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)

ちょっと会話をしてすぐに人と打ち解ける人っていますよね。

 

彼らは誰とでも自然に打ち解けることができるのですが、人に信頼される話し方を完全に披露することができています。

 

もともとの性格が誠実だから人を引き付ける話し方が自然とできる人が世の中には存在します。

 

ただ多くの30代男性は世の中の負の部分を見てきているはずであり、人を信頼することに引け目を感じてしまうことが多いのです。

 

人に信頼される話し方をするには自分の内面を磨く必要があったのです。

 

信頼感は普段の行いから生じる

まず人に信頼されるためには、普段の行いを見直さなくてはなりません。

 

何事も後回しで口癖は「後でするから」と約束を守らない、あるいは先延ばしにする癖がついているかもしれません。

 

そのような人がたとえ、会話術などを習得して実践しても信頼感は一時的にしか生じえません。

 

甘い話方をして周囲を取り入ったとしても自分の内面が確立されていなければ、そのうち相手に愛想をつかされることになります。

 

人に信頼される話し方というのは、その人の人生観が大いにかかわっているのです。

 

普段から嘘をつかない、言葉遣いもきれい、無駄話をしない、悪口を言わないといった基本的なモラルを順守していることが、人に信頼されることへのスタートラインなのです。

 

そして、信頼される話し方をする人は、自分の信念や意志の強さを兼ね備えています。

 

これが上述した普段から嘘をつかないといったモラルを貫くことができていなければ、発言が二転三転してしまうので、単なる融通が利かない情緒不安定な人となってしまいます。

 

しかし普段から嘘をつかない意志の強い人であるなら、その人は筋の通った人と周囲からみなされて信頼されるのです。

 

日本人は長いものに巻かれろ精神で、間違ったことが起きても正そうとせずに大半に同調してしまう傾向があります。

 

それでも意志の強い人は、それが間違いであることを主張するか、あるいは主張せずとも大半に迎合することを拒み一人でいることを好みます。

 

八方美人で自分の意見を二転三転変えていると、本当に自分が信頼してほしい時に誰も自分を信じてくれなくなります。

 

「仲間外れにされたくない」と怖気ついてしまって以前の発言を撤回する発言などをしないように、普段から自分の信念を確立してそれを曲げないようにしましょう。

 

例えそれで多くの人から仲間外れになったとしても、自分というものを見失うことがなくなります。

 

そしてそんな信念を曲げない姿を見て好意を抱く人が少しずつ増えてくるでしょう。

 

また類は友を呼ぶともいう通り、周りに迎合する人から好かれる必要は決してありません。

 

周囲には信念のある筋を通すことができる人を引き寄せるべきです。

 

少し話がそれているかのように感じるかもしれませんが、イジメといった問題も周囲への恐れから生じることが多々あります。

 

権威主義に傾倒しすぎるがあまり人間らしさ自分らしさを失うくらいであるなら、それは己を殺していることと同じです。

 

人に信頼される話し方をするのは、小手先のテクニックよりも内面を磨くことで自然と後から身につくものだったのです。

 

わかりやすく説明するべき

ここからはテクニックの話になってきますが、人に信頼される話し方とはわかりやすく説明することと密接にリンクしています。

 

隠し事をしている人が、話を長くして複雑にしてしまうことがあります。

これは頭の中で「どう上手く嘘をついて切り抜けるか」を考えているから、真実を簡潔にわかりやすく伝えるという意識でいられないことが原因です。

 

ですから最初に述べました「普段から嘘をつかない」意識でいることが、人に信頼される話し方をすることと関係しているというのは、本当だったのです。

 

相手に簡潔で分かりやすく説明することで、相手は「自分のペースに合わせた話し方をしてくれている」と気づいて相手の誠実さに気づくことができるのです。

 

わかりやすい説明をするとはどういったことかと疑問に思われるかもしれません。

 

読者の皆様はすでにわかりやすく説明をする時期を過ごしてきました。

 

このブログコンテンツでも同じことが言えますが、基本的に「わかりやすい」とは小学生5年生が理解できる話し方のレベルを指します。

 

もちろん仕事の引継ぎなどで専門用語を使わざるを得ない状況を除いて、普段から一方通行の話し方になっていないのか常に相手の反応をみながら話をする必要があります。

 

よく職場で自分の意見だけ述べて退散する上司がいますが、周りからは「仕事を他人に振って責任逃れする人」と噂されていました。

 

信頼される話し方を心がける人は、まず利他的な考え方ができているので相手が完全に理解できるペースで話すことをモットーにします。

 

相手に理解できるペースで話すとはゆっくりと穏やかな口調で話すことを包含しています。

 

早口でまくし立てるかのように話す人がいますが、彼らはなぜ早口になるのでしょうか。

 

心理的に早口の人はせっかちで自分のペースを他人にも要求することが多いのです。

 

また嘘をつく時も人は早口になりがちです。

 

自分の後ろめたさを隠すために必死で会話を終了させることを考えているので早口になるし、何を言っているのかわからない印象を与えることになります。

 

内面からにじみ出る誠実さは、人が話すときに「相手に理解してもらう」意識を生じさせるので、自ずとゆっくりと話すようになります。

 

結局は自分のマインド次第だということになります。

 

思考は現実化すると言われていますが、人間は考え方次第で人生を明るくも暗くもすることができるのです。

 

要点から整理して話す

人に信頼される話し方の具体的なテクニックの話になります。

 

結論をはや申し上げますが、それは要点から話すことです。

 

長ったらしく前置きが長いとじれったい印象を与えることになり、相手は要点に行きつくまでに注意がそれてしまいます。

 

ですから早い段階で相手に要点を伝えるように努力してください。

 

ブログを書く際にも私が実践していることですが、結論を最初に簡潔に書くようにしています。

 

例えば、「亜鉛サプリを飲めば髪の毛が増えるか」という問いかけに対して、「どうなのでしょうか、今から説明しますね」ではなく、「発毛に亜鉛は効果的な栄養素です、どういった仕組みなのか調べましょう」と結論をはっきりと明確にします。

 

結論を明確にすれば、聞き手はそれが是非に問わず安心感を得るのです。

 

そして結論を明確にして、なぜその結論なのかを説明する旨を伝えることで聞き手は「わかりやすく効率的に話してくれる」といった好印象を抱きます。

 

結論⇒理由⇒自分の意見⇒まとめといった流れで話すと出だしから相手の注意をこちらに向けることができるのです。

 

また「3つの理由があります」といった具合に具体的な数字を述べて、どれくらいの話の要点があるのかなどを聞き手に理解させるのも一つの手です。

 

とにかく聞き手が不安になったり理解できない気持ちになるのを防ぐために、できるだけわかりやすくゆっくりと話すことを心がけましょう。

 

自分の意思を語尾で伝える

普段から嘘をつかず筋の通った人であることを会話の中で伝える方法としては、語尾で明確にする方法があります。

 

「私はこう思うのですが・・・」といった具合に語尾があいまいだと相手に自分の主張をはっきりと伝えることができません。

 

相手に自分の意見を持っていないことを伝えてしまうことになりますので、「ですが」や「したいと思う」といったあいまいな意思として捉えられかねない語尾は控えましょう。

 

「私はこういたします」や「私はこう思います」と自分の意見を断固となるものとして相手に伝えることが重要です。

 

こういった自分の意志の強さが語尾に自然に表れるためにも自分の内面を磨くことを怠ってはならないのです。

 

全ては自分の考え方次第で世界の見え方が変化します。

 

自分の考え方が変われば、人に対しての見方も変わりますから人の目を恐れることなく自分の意見を発信することができるようになるのです。

 

まとめ

人に信頼される話し方をするには、自分の内面を磨く必要があり、小手先の会話テクニックのみでは長続きはしません。

 

見せかけで自分を広大に映えさせることもできますが、自分の考え方を変化させない限りは人から好かれても自分自身が満足することはできないのです。

 

人に信頼されて心から幸福でいるためには、まずは自分のマインドセットを整える必要があります。

 

普段から嘘をつかない、人の目を恐れずに己の信念を貫く精神を身に着けることで人の信頼を勝ち得る話し方というのは自ずとついてきます。

 

人の目を気にして間違ったことを正せない人は、自分の意見を二転三転することが多々あり、これでは人に信頼される話し方をすることはできません。

 

人に信頼されるには、普段からの自分の考え方や行動によって決定づけられるために自分の道徳観を磨く必要があったのです。

 

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)

 

自分から話しかけて相手に信頼される話し方

自分から話しかけて尚且つ相手に信頼される話し方というのは存在します。

 

芸能人や政治家たちは、演説の際に人を引き寄せる話しをすることができますが、彼らは人に信頼されるための話術を学んで実践しているのです。

 

私がおすすめする優良教材である「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」にその全容が詳しく説明されています。

 

10年前に発売されてから、今に至るまで売上ランキングで常にTOP3位以内をキープし続けたロングセラー書籍です。

 

多くのコミュ障の男女がこの教材を通して、会話下手を克服して、コミュ力を向上させることに成功しています。

 

⇒人に好かれる会話術についての徹底レビューと口コミ評判のまとめ

 

この教材一冊あれば、コミュニケーションの本質や、人に好かれるための会話術の全容を学ぶことができます。

 

人の深層心理や考え方の癖、ストレスや緊張を感じないマインドセットなど、会話をする上で必要な考え方などについて書かれてあり、多岐に渡って知識を深めることができます。

 

またこの教材の最大のメリットですが、全額返金保証がついています。

⇒「人に好かれる会話術」が全額返金保証付きの理由と条件

 

  • 全額返金保証が付いている
  • 一冊で人に信頼されるための会話を完璧にマスターできる
  • 恋愛、友人、職場の人間関係の全ての使える

上記の条件を満たしているコミュニケーション教材は、「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」のみです。

 

公式サイトは、発売当初から変わっていないので、最新のものと比較して見劣りするかもしれません。

 

しかし、会話の本質とは、何百年、何千年と経過しようが決して変わることはありません。

 

もしあなたが、自分から話しかけて相手に信頼される話し方を完璧にマスターしたいなら、「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」を学ぶことをおすすめします。

 

↓ ↓ ↓

 

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)のレビュー

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.