発達障害

コミュ障は発達障害が原因なのか?治す方法は?

更新日:

多くの30代男性がコミュ障で悩んでいますが、ある人は自分が「発達障害」ではないかと自分を疑問視することもあるようです。

 

結論としては、確かに発達障害ゆえのコミュ障が生じることもやはり無きにしも非ずであり、医師によって診断されることである程度明確にはなります。

 

もしアスペルガー症候群といった発達障害が原因で、コミュ障が生じている場合でもコミュ障を治すことは可能です。

 

発達障害はコミュ障が多いのか

アスペルガー症候群といった用語を聞いたことがありますか?

 

自閉症スペクトラムの一種として精神医療業界で認知されているアスペルガー症候群ですが、やはり自閉症特有の強いこだわりや考え方によって、対人関係やコミュニケーションで困難を感じる方が多いようです。

 

実際に対人関係で悩むようになって、人との付き合いが上手くいかないとうつ病といった二次障害を併発する可能性もあるので、何とか治す方法はないかと思案する方も多いのです。

 

生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさによって、発達が顕著な部位とそうでない部位があり、発達障害だと診断された大勢の方が対人関係でかなり悩んでおられます。

 

アスペルガー症候群の発生率は4千人に1人といわれていますが、今後は増加傾向にありますし、近年は特に増えています。

 

また発達障害のグレーゾーンのような人もいますし、彼らは医師に診断されていないだけで実際に発達障害を抱えている可能性もあるので一概に何人いるのかという数値を割り出すことは難しいでしょう。

 

多くの発達障害の方は、医師から診断されることでまるっきり自信喪失して「自分は病気なんだ、治すことは不可能だ」と完全に思い込むようですが、実は全くそんな心配はいりません。

 

確かにかなりの努力を要することもありますが、発達障害によって生じたコミュ障を治す方法はあるのです。

 

発達障害のコミュ障の症状

発達障害のコミュ障も一般の人のコミュ障の違いというのは、一体どこなのかと考えられたことはあるかと思います。

 

これも実は精神医療業界でも問題視されているテーマであり、複数の医師がある1人の患者を診察した場合、彼ら医師3人ともが全く異なる診断名を下したというケースもあるのです。

 

要は発達障害というのは、目に見えて身体の一部に現れたりする湿疹ではないのでエビデンスがないためにかなり曖昧な分類になるようです。

 

私の友人はある病院でアスペルガー症候群と診断されましたが、最近はうつ病だと診断されたようです。

 

こういった例もあるということをまずは理解してください。

 

それでもやはり人とかなり異なった行動や言動が目立ってしまい、それが原因で仕事や交友関係で弊害が生じて社会に適応できない人がいるのも確かです。

 

社会に適応できなくなって定職に就くことができない場合には、発達障害という診断が下りると考えられます。

 

この発達障害ですが、「同じパターンを好む思考」から抜けられない症状と言えます。

 

少しきつい言い方になりますが、要は中毒症状のようなものと言えます。

 

発達障害の方は、神経の伝達で弊害が生じているために脳機能も低下してしまい感情の切り替えができないようになります。

 

同じパターンに陥る人、つまり中毒症状の人はいつも同じことを考えているので同じことを発言するし、相手の発言を聞いても自分の思いと異なる考え方であれば否定してしまい、それを口頭で発してしまうこともあります。

 

コミュ障の人はよく「それはここがこうなっているので違うと思います。」と場の空気を読まずに発言して、かなりの頻度で人の意見を否定することが多いです。

 

発達障害の方も自分の世界観で物事をとらえるために自分の意見と異なる発言があればそれを否定することが多いのです。

 

また幼少の頃は誰しもが思ったことを何でも発言していましたが、成長するにつれ自分と異なる考え方をする人とも折り合い良くつけるために自分の考え方を抑えて発言しないことを学習します。

 

発達障害の人は幼少の頃に思ったことを発言する癖から抜け出せない傾向にあります。

 

これが一種の中毒症状に似ているわけです。

 

発達障害を治すのは難しい

発達障害とは脳内の神経伝達の欠損によって感情コントロールする能力が欠落してしまう症状を伴います。

 

神経伝達が欠損するので、感情の切り替えができずに自分の思考パターンがいつも同じものに偏りがちになります。

 

この神経伝達の欠損を埋めることで、発達障害特有の症状を改善することはできるのですが、完全に治すというのは少し難しいのです。

 

神経伝達の欠損を埋めるには、食事療法、整体療法といった実践的な方法が有効です。

 

ただ身体面にアプローチして完全に神経伝達が正常化されたと仮定しても、人はそれぞれ考え方がありそれは個性なので治るといういい方には語弊があるかもしれません。

 

もし脳内の神経伝達物質が正常に分泌されて伝達されても、必ず感情面のコントロールが可能になるとは言い切れないからです。

 

もし神経伝達が正常化されただけで人格面が変わるのであれば、この世の中に凶悪殺人者など存在しないのです。

 

やはり身体面の正常化を図っただけでは、コミュ障を完全に治すことができるとは言い切れません。

 

発達障害によるコミュ障を治すには、身体へのアプローチと考え方の改革つまりマインドセットがより重要になってくるのです。

 

発達障害は食べ物で治す

ここからの内容はかなり濃いものになりがちですが、できるだけ簡潔にお伝えするようにします。

 

先ほど脳内の神経伝達物資を増幅させると書きましたが、それを補うために何か摂取しないといけないと焦っても効果が出るとも限りません。

 

発達障害による脳の機能障害は、実は人体の中でも腸によって引き起こされているケースがあることが近年の研究では明らかになってきています。

 

実際にマウスを使った実験で腸内細菌をもつマウスともたないマウスで攻撃性が変わってきたという結果が報告されています。

 

発達障害を抱える人は何らかのアレルギーを持っていることが多いのも、腸が関係しているからです。

 

便秘がちで腸内環境が悪い場合は、いくら亜鉛だったりビタミンやミネラルといった有効なサプリメントを摂取しても吸収されにくいためにあまり効果を期待することはできません。

 

なのでまずは腸内環境を整えることが発達障害を治す、改善するためには最優先事項だったのです。

 

最近巷で流行っているグルテンフリーというものがありますが、これは小麦粉に含まれるグルテンが腸壁を傷つけるのでこれを極力摂取しないようにする食事療法のことを指しています。

 

なるべく菓子パンや甘いものは食べない方が腸内環境改善には有効です。

 

ただしっかりとご飯を食べたいという方のためにおすすめするのが、発芽玄米です。

 

発芽玄米は、アミノ酸の一種であるギャバが含まれていて神経伝達物質として機能して脳内の血流増加を促してくれる欠かせない栄養素が含まれている食材です。

 

また大量の食物繊維を含んでいるので、腸内に溜まった便を排出して腸内環境を整えるのにも有効な食材なのです。

 

また玄米を発芽させることでミネラルの排毒作用をするフィチン酸の分解がなされてミネラルが欠乏することもないのです。

 

本気で発達障害による症状を治したいと考えている方が食事改善するには、まずはこの発芽玄米の摂取を試みられるといいでしょう。

 

腸内の毒素を排出してデトックスしながら、かつ脳内の神経伝達物質を増加させてくれる最高品質の食品、それが発芽玄米です。

 

また発芽玄米以外で積極的に摂取するべきなのが、亜鉛です。

 

亜鉛は体内で生成される物質ではなく摂取する必要がありますが、こちらはサプリメントで摂取するのが最も効率的です。

 

脳内のドーパミンと呼ばれるホルモンが欠乏していると集中力や抑制力が低下して、結果としてコミュ障といった症状が出たりします。

 

このドーパミンの生成に深くかかわっている栄養素が、亜鉛、マグネシウム、ビタミンなのです。

 

中でもとくに亜鉛はなかなか食事で摂取できる栄養素ではないので、基本的にはサプリメントで補うことが効率的です。

 

脳内の神経伝達物質合成を促す食品を摂取して、腸内環境を改善するだけで本当に人格が変化して、落ち着きのある人物に近づくことは大いに可能です。

 

コミュ障を治すには、食事療法でアプローチするのもかなり重要なのです。

 

整体療法で発達障害を治す

発達障害の方は神経伝達物質の正常化がなされていないことがコミュ障の原因の一つであると書きました。

 

発達障害の方は同じ考え方をする傾向があり姿勢も硬くなりがちなのですが、この姿勢を矯正することが必要です。

 

背骨には脊髄神経が流れているのですが、背骨が曲がって脊髄神経が歪んでいると神経伝達が正常になされないのです。

 

よって背骨を通って脳へ信号が送られるのが遅れてしまい、動作もぎこちないものになり、また発言も遅れるのです。

 

どもってしまうとか焦ってしまう話し方なども、実は姿勢が悪くて脊髄神経が圧迫されていることで脳内の伝達が遅れていることが原因だったのです。

 

なのでこれらを改善することが、発達障害によるコミュ障を治す秘訣ともいえるのです。

 

整体と言ってもたくさんありますが、私は西式健康法の背腹運動をお勧めします。

 

こちらはyoutube動画で検索すればヒットしてやり方が挙げられています。

 

簡単に説明しますと、椅子に浅く腰かけた状態で足を肩幅程度広げて、自分の上半身を一本の棒のようなメトロノームのようなイメージで左右に振り続けます。

 

これを10分間行うのですが、肩こりも腰痛も解消されて脳内もクリアになります。

 

またメトロノームのように左右に振り続けることで、自己暗示にかかりやすい状態になります。

 

左右に振り続けている間にコミュ障を治す考え方を頭の中でイメージすることで、本当にコミュ障を治すことができるようになります。

 

コミュ障を治す考え方

これまでは、食事療法、整体療法といった身体に直接アプローチする方法の紹介でした。

 

これによって脳内の神経伝達物質の増幅や正常化を図ることができれば次の段階としてやはり長年染みついた自分の考え方の癖を治す必要があります。

 

自分の考え方を治す、少し自己啓発的なニュアンスがあるように思われますが、実際に人はどんな人物であっても自分を変えることはできるのです。

 

その考え方とは、「失敗を恐れない」です。

 

多くのコミュ障と悩む人の大半が、相手を目の前に何を話せばいいのだろうかと緊張して硬くなりがちです。

 

自分のことに意識が向きすぎて肝心な会話が頭に入ってこないし話せないし、人の話も聞かない人とレッテルを貼られがちです。

 

また緊張して頭が真っ白なのでとっさに相手の発言を否定してしまうことも多いのです。

 

まず自分に意識を向けるのではなくて、相手の話をとにかく聞くんだという意識をもってください。

 

また格好良く話す必要もありません。

 

もしどうしても焦ってしまったとしてもそんな不器用な面を理解してくれる誠実な人は必ずいます。

 

もし焦ってしまっているこちらを馬鹿にするような人であれば、そのような人から好かれる必要もないし、そのような人に格好良いと思われる必要もないのです。

 

人を外面的な要素で判断する人の評価は常に流動的で移り変わります。

 

昨日はカッコよくても今日はカッコ悪いということがしばしばあります。

 

だから真面目な話になりますが、実際に人が話している時はその人の話のみに意識を向けることが大事です。

 

意識を自分に向けるためにかっこよく見られたいとかいう無駄な雑念を消すマインドセットが重要だったのです。

 

「自分の弱さを見せることは強い証である」という考え方です。

 

この世に完璧な人など存在しません。

 

発達障害だからと気落ちする必要もありません。

 

最初の述べましたが、発達障害も境界線は曖昧であり医師によっては異なる診断を下されることも多々あるのです。

 

なので意気込み過ぎることなく、「かっこ悪いと思われてもいいや」くらいに開き直って相手の話を聞くことに集中しましょう。

 

誠実に話を聞く姿は、まともな良識ある人にとってカッコよく映ります。

 

万が一上手く自分から話せなくても自分を責める必要はないし、周りに支えてくれる人も少なかったとしても必ずいるのです。

 

失敗から生じる人との縁だったり友情や愛情を感じ取るチャンスが生まれるかもしれないので、過度に会話で失敗したらダメだとかこういう話でないとダメだという固定概念はまず捨てましょう。

 

発達障害は決まり決まったパターンを好み、白黒はっきりさせる傾向がありますので会話も長続きしないことになることも多いのです。

 

会話の本質を楽しむためには、相手の意見も一つとして受け入れて、否定せずに好印象を与えつつ相手と異なる自分の意見も述べるというテクニックが求められます。

 

↓ ↓ ↓

 

人に好かれる会話術(全額返金保証)のレビューと口コミ評判

 

上記の教材で詳しくそのテクニックについて述べられています。

 

まとめ

発達障害によるコミュ障は脳内の神経伝達物質の欠落によって生じる可能性があります。

 

なので、脳内の神経伝達物質が増加するための食事療法、そして神経伝達が正常になされるために整体療法などが第一段階として求められます。

 

発芽玄米、亜鉛サプリ等を摂取して、腸内環境を改善しつつ脳内のドーパミンも増幅させることができるわけです。

 

腸内環境が整うと人格も変化することが研究結果で明らかになっており、発達障害特有のコミュ障のような症状もかなり改善するという声も実体験から上がっています。

 

また身体の健康を促進しつつ、やはり考え方を整えて心理面でのアプローチも必要です。

 

必ずこうてなければならないとか自分はこう話さなければならないといった固定概念は捨てて、意識を相手に向ける必要があります。

 

人の目を過度に気にして話す必要はないのです。

 

なぜなら人を外面的な要素で判断するような人から好かれても、それは明日になれば変化しているかもしれないからです。

 

まともな良識ある人であれば、たとえ会話で口下手であったとしても懸命に誠実に話をしている姿を見て必ず理解してくれるのです。

 

発達障害のコミュ障を治すには、食事療法、整体療法、考え方の改革の3つの側面からアプローチすることが重要だったのです。

 

発達障害でもコミュ力が高くなる会話術

発達障害であっても、自分の特性を理解して考え方の癖を変化させるなら、コミュ障を改善することは可能です。

 

自分から話しかけて尚且つ相手に好かれて信頼される会話術というのは存在しています。

 

私がおすすめする「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」という教材は、10年以上前に発売されてから現在に至るまで売り上げランキング3位以内に常に君臨し続けてきたロングセラー書籍です。

 

多くのコミュ障の男女、発達障害の方々がこの教材を通して、コミュ障を治すことができています。

 

⇒人に好かれる会話術についての徹底レビューと口コミ評判のまとめ

 

この教材一冊があれば、他の教材を買う必要は全くありません。

 

またこの教材には、全額返金保証がついていて、リスクなしで教材を購入することができます。

 

⇒「人に好かれる会話術」が全額返金保証付きの理由と条件

 

  • この教材一冊で人に好かれる会話をマスターできる
  • 恋人、友人、職場の人との関係全てに使うことができる
  • 全額返金保証がついている

まだまだメリットは沢山ありますが、上記の条件を満たしていることから、口コミ評判でも高評価を獲得し続けて、コミュニケーション教材のなかでも群を抜いてロングセラーとなってきました。

 

公式サイトは、発売された当初の10年前と変わらないため、デザインが少し古いように感じられるかもしれません。

 

それでも、会話の本質は、何百年、何千年と経過しようが決して変わることはありません。

 

発達障害の方は相手の気持ちを考えることに苦手意識がありますが、人に好かれるための会話術の正しい知識を取り入れるなら、必ずコミュ障を解消できるのです。

 

人に好かれる会話術(全額返金保証付き)には、会話の本質、人間の心理状態などの会話をする上で必要な知識が全て詳しく説明されています。

-発達障害

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.