会話スキル向上

30代男性が営業でコミュ障だったけど治る!?

更新日:

良く営業をすればコミュ障が治るなんて言われていますが、半分本当で半分嘘です。

 

場数をこなして、人相手に商品を売り込むことができる精神力が身につくので、営業中の際にのみ営業トークが無理にでも身につきます。

 

仕事となると、生きていくために商品を売りこまないと稼ぎがないし、否が応でも自分を殺して仕事上での関係でのみ話すことができるのです。

 

私もコミュ障でしたが、当初は営業で苦戦して2,3年するととりあえず仕事上でのみ取引先と話すことができるようにはなんとかなりました。

 

が、肝心なプライベートで初対面の人や女性やらにはやっぱりずっと人見知りでコミュ障だったのです。

 

営業をすればコミュ障が治るのか

 

どうにもこうにもならないコミュ障を脱皮すべく嫌でも営業なんてすればきっと治るんだろうと高をくくる人がいます。

 

毎日のように営業では人とコミュニケーションを取るので、コミュニケーションが必然的に上手くなるはずだと思うのです。

 

ただ営業はあくまで仕事上だけでのみ通用する会話術が習得できるのであって、プライベートで友人や恋人を作るための会話術とは全く異なる分野だったのです。

 

営業では、コミュ障でない人でも営業成績が悪い人が多くいます。

 

一方でコミュ障と言われている人が、営業成績が良いこともあるのです。

 

これは、売り込む商品についての膨大な知識がインプットできているか、またその商品の利点を相手に伝えることができるか、等の日常生活ではあまり関係のないトークスキルが求められるからです。

 

友人や恋人を作るための会話術、老若男女問わず人に好かれるための会話術が日常生活では求められますが、営業においては営業成績をあげるための会話のテンプレートが存在します。

 

例えば、相手に「はい」を有無を言わせず必ず言わせるための質問の仕方をして、相手を頷かせて最終的に成約率を上げるための会話術といったものが存在するのです。

 

これらの会話術を理解して実践すれば、営業で確かに成約率が格段に上がります。

 

心理学の座学研修なども受けてコミュ障であるか否かにかかわらず成約が取れるための営業トークを伝授されます。

 

ただ営業をしない方がいいわけではなく、営業トークのスキルを磨くことで相手を心理誘導できる方法などを知れるメリットなどは確かにあります。

 

人によっては、営業で成績が取れるまで進歩できたからそれはコミュ障が治ると言えると感じる方もいるようです。

 

ただ、私が推奨するコミュ障が治ると言える状態は「会話を心から楽しむことができる」状態であり、何も営業成績を上げるための会話ではありません。

 

また本当に会話を楽しむことができるようになれば、友人や恋人を作ることもできて、プラスで営業成績も上がるようにもなってプライベートでも仕事でも充実することができます。

 

営業成績だけが上がるからコミュ障が治るのではなく、会話が楽しくなるから営業も上手くなる方が、合理的なのです。

 

失敗や傷つくのを恐れない考え方

コミュ障だと感じる多くの30代男性は、営業で失敗することや人からきついことを言われるのではないかと常に周りの目を気にしている傾向があります。

 

周りの目を気にしていると、本来なすべき「プレゼンで購買意欲を上げる」という目的から意識が完全に遠ざかります。

 

日常生活でも同じことが言えますが、人から「何を思われているのだろう」と常日頃気にしていると、自分のことを相手に伝えるための会話ができなくなります。

 

また自分から話しかけられないだけでなく、人の目を気にするあまり相手の話も頭に入ってこずにコミュ障ということになります。

 

コミュ障が治る方法としては、やはりまずは自分の精神面を見つめなおしてマインドセットをすることが求められます。

 

人の目を気にする⇒人から称賛されたい⇒失敗が許されないという考え方を抱く30代男性の方は多くいます。

 

営業においてもそうですが、ずっと完璧に万事順調に物事が進むはずもありませんし、人は「失敗するから強くなる」生き物なのです。

 

少し哲学っぽくてめんどくさいと思われるかもしれませんが、実際に人は失敗からしか学ぶことができません。

 

そして失敗するときに支えてくれる人と出会うことで人との縁が生じるのです。

 

失敗することで、自分の弱さを受け入れる強さが生まれてさらに支えてくれる人と出会うこともできるのです。

 

失敗することは何も悪いことでは決してないのです。

 

例え失敗続きで職場の全ての人からこっぴどく叱られたとしても職場以外の人で状況を理解してくれる人はたくさんいます。

 

失敗から得るものは実際にあり人生において最も大切といえる人との出会いも生じることもあり得ます。

 

私がその一人でした。

 

私も営業でなかなか制約が取れず悩んでいたところ、友人や妻に支えられ続けてなんとか毎日職場に怒られに行っていました。

 

そうこうするうちに「営業辞めたら?転職したら」という勧めで今はWEBサイト作成者に転職しました。

 

私の場合は当時友人や妻に支えられて得るものがありましたし、「失敗は成功のもと」の意味を理解することができました。

 

それから失敗することに対しての恐怖感が少し薄らいで人見知りやコミュ障が軽減したのを実感しています。

 

「失敗を過度に恐れる必要がない」マインドセットを習得することがコミュ障が治る方法として先ずは重要なのです。

 

会話が楽しくなる方法

コミュ障によくありがちなパターンなのですが、「はい」や「いいえ」のみで終わる質問をしがちです。

 

「イチゴは好きですか?」といったように、はいかいいえのみで返答されると会話が終了します。

 

そうではなく、5W1Hを意識して問いかけるようにしてください。

 

⇒会話を広げる質問

 

いつ、どこで、なにを、なぜ、誰が、どうやってを意識した質問のことを指します。

 

「いつから犬を飼われていますか」When

「どこで犬を飼われたのですか」Where

「何の犬種ですか?」What

「なぜ猫より犬派なのですか」Why

「誰が飼いたいと言ったのですか」

「どうやって犬を喜ばせるのですが」How

といった具合に5W1H を組み合わせればいくつもの質問が思い浮かびます。

 

最初は頭を使って大変かもしれませんが、そのうち慣れますし頭の体操にもなります。

 

頭が柔軟で会話の引き出し方が多いほど相手が話しやすい環境を作ることができるし、会話の楽しさを実感することもできるのです。

 

また、相手が楽しそうに話をしていると「自分が会話を楽しめる環境を作っている」という自覚が生まれて自信も生じてきます。

 

そうするとコミュ障も治るし、会話を楽しませることができて人の好かれやすくなるのです。

 

交友関係も広がって、異性からも当然のごとく好かれるようになります。

 

親友が増えると、辛い状況に陥ったときも彼らによって励まされて支えられて乗り越えることができます。

 

辛い状況を支えてくれる人を増やすためにも、人に好かれる会話術というのを身に着けておく必要があります。

 

上記で書き上げた5w1hなどもテクニックの一例にすぎません。

 

人に好かれる会話術のパターンをもっと詳しく知りたい方は、優良教材を購入されることをお勧めします。

 

この記事の最後の見出しにてその優良教材について扱います。

 

まとめ

営業をすればコミュ障が治ると言われるのは、都市伝説です。

 

コミュ障だと自覚する多くの30代男性は、人の目を気にしすぎて自分から話しかけることもできず、また相手の話も頭に入らない傾向があるのです。

 

その思考の癖を治すことがコミュ障が治るカギです。

 

失敗から生じる成功があることを理解して、失敗することへの過度の恐怖感を払しょくすることができるのです。

 

「会話ができない」と思い悩んで実際に上手く話せなかったとしてもそれを理解してくれる人は周りにいるのです。

 

人は自分の弱さをみせる強さを持つべきです。

 

完璧な人なんてこの世の中にいませんし、失敗するのが人間です。

 

だから何もコミュ障であることを悲観する必要はありません。

 

このマインドセットができるだけでも人の前で過度に力んで緊張して話せないなんてことになるのを防ぐことができます。

 

そして、会話で実践的な方法としては5W1Hを意識した質問を心がけることです。

 

いつ、どこで、誰と、何を、なぜ、どうやって を包含した質問を相手に投げかけるのです。

 

自分次第で6通りどころか10通りほど質問のレパートリーを増やすことができます。

 

最初はなれずに頭の中で考えながら質問することになりますが、そのうち慣れてくれば自然とできるようになります。

 

会話を膨らませることができる自分がいることに気づくと自分に自信が生まれて会話が楽しくなるでしょう。

 

営業をするからコミュ障が治るのではなく、上記のようにコミュ障にならないためのマインドセット、会話の本質を理解することで、コミュ障が自然と治るのです。

 

会話の本質を理解することで、プライベートでも営業でも初めて楽しくトークをすることができるようになります。

 

営業専用の会話術だけを学ぶよりも人に好かれる会話術の本質や考え方を会得することが人生を豊かにするポイントだったのです。

 

会話が上手くなって交友関係が広がると友人が増えて恋人も作ることができて、彼らは人生の宝となります。

 

営業でもプライベートでも通用する本物のノウハウを知りたい方は「人に好かれる会話術」という優良教材を利用されることをお勧めします。

 

以下の見出しでこの優良教材について扱います。

 

コミュ障を解消してデキるビジネスマンになる

一般的にコミュ障を解消するには、聞き上手になればいい!なんてよく言われています。

 

そして、このブログでもそういった主旨の記事を書きましたし、ある程度私も「聞き上手になるべき」に賛同はしています。

 

それでも、自分から全く話しかけずに相手から話されるのを待っていても、信頼関係は生まれません。

 

自分から話しかけて尚且つ相手に好かれる会話術は存在します。

 

私がおすすめする優良教材である、「人に好かれる会話術」という教材は、10年以上前に発売されて以来、現在でもずっと売り上げランキングTOP3位以内に君臨し続けているベストセラーです。

 

多くのコミュ障の30代男性を仕事ができるビジネスマンに変貌させて、口コミでも高評価を獲得し続けています。

 

⇒人に好かれる会話術の口コミ体験談集

 

また、この教材一冊でコミュニケーションの本質全てを学ぶことができるので、他の教材に手を付ける必要は一切ありません。

 

会話の本質を全て網羅しているのでかなりのボリュームになります。

 

また、驚くことにこの教材には全額返金保証がついてるので、自己口座に全額返金が本当にされます。

 

実質0円でこの教材を手に入れることが可能なのです。

 

⇒人に好かれる会話術が本当に全額返金保証付きな理由

 

全額返金保証が付いているために、多くのネットユーザーからも絶大な信頼を獲得し続けており、このような教材は他にはありません。

 

公式サイトのデザインは、発売当初から変化していないので少し古いように感じられるかもしれません。

 

しかし、会話の本質は何百年、何千年と経過しようと決して変わることはありません。

 

もしあなたが、自分から話しかけて相手に好かれるコミュニケーションが上手な仕事ができるビジネスマンになりたいのであれば、「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」を学んで、会話の本質を知る必要があるでしょう。

 

↓ ↓ ↓

 

人に好かれる会話術【全額返金保証付き】

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.