会話スキル向上

コミュ障は生まれつきなのか?どうすれば治るのか?

更新日:

自分は生まれつきのコミュ障だと強く思い込んでいる30代男性が日本には大勢います。

 

しかし、結論から先の述べると生まれつきのコミュ障なんてこの日本だけに限らず世界に一人も存在しません。

 

性格がもともと大人しい人もいる一方で、破天荒な自己主張の激しい人が存在しますが、これらも生まれつきの性格ではないのです。

 

それと同様にコミュ障も生まれつきではありませんし、それは環境によって形成されたと言えるのです。

 

生まれつきのコミュ障?原因は何か

人というのは環境によって人格が形成されていきます。

 

極端な話、凶悪犯罪者は自分自身で道を踏み外したわけであり、それは生まれつき凶悪犯罪者であったというわけではないのと同様です。

 

また人は自分を良くも悪くも自分を変革することができるわけであり、善人が悪人になり得るし、悪人が善人になる得ることもあるわけです。

 

だからコミュ障だと思っている人もコミュ障を解消することはできるのです。

 

性格的に内向的な気質をしている人がいても、あることがきっかけで社交的になって人生が180度変わる経験をした人がいます。

 

人はあることがきっかけで内向的になり、人と率先してコミュニケーションをとることが億劫になるのです。

 

例えば、幼少の頃に親や学校の先生、友達に言葉で傷つけられたなんて経験があるかもしれません。

 

自分が話をしたときにことごとく否定をされて恥をかいたかもしれません。

 

人は一人で生きていくことはできずに、どこかしら組織に所属して互いを尊重し理解しあって生きていくことを望んでいます。

 

だからコミュ障で人と話をするのが苦手というのは、人間の生態系から考慮しても不自然でありそれは生まれつきの本来の姿では決してないのです。

 

人間はコミュニケーションを図り相互理解をする生き物ですが、近年はかなり難しい社会構造ですから、多くの30代男性が人とコミュニケーションを取ることが苦痛になっているようです。

 

縦社会が強い日本は特にコミュ障が多い

日本人は古代から封建社会の中で生きてきており、現代も職場などでは上司や会社への絶対服従が強いられています。

 

もちろん食い扶持をつなぐためには、会社や上司へ絶対服従するべきとはいえ、正論だったり伝えるべきことも押し殺して社会で生活する癖などが身についてしまっています。

 

またそんな歪な日本社会で生き抜くために真面目な家庭の両親は、自分の子供に「周りに合わせるべき」精神でしっかりと教育していくわけです。

 

幼少の頃から家庭で「自分意見を主張するな」としつけられて、学校でも体育座りを強要されて「我慢が美徳」となって、会社に勤めると「上司と会社への服従」を絶対条件にされるのです。

 

日本社会が実はコミュ障を生み出す社会構造になっていると言っても過言ではなかったのです。

 

でもそういった背景があるということを理解しているだけで、この狡猾な罠にかかって催眠状態に陥ることを防ぐことができます。

 

実際に私自身もコミュ障でしたが、自分を取り巻く環境によってコミュ障になってしまったことを理解することができて、それを改善する方法を見出そうと行動に移すことができました。

 

己の現状を知ることでその次にどう行動すれば良いのか具体的に知ることができるのです。

 

コミュ障と人見知りの治し方!マインドセット

まずコミュ障だと悩み過ぎて完全に自分が「生まれつきで治らない」と強く思い込んで自己暗示がかかると一種の催眠状態で本当にコミュ障から脱却できなくなります。

 

まずは自身の考え方を完全に治す必要があるのです。

 

多くの30代男性は今まで幼少期の家庭や学校での環境、職場での環境を通じて「自分を抑えて周りに同調する」精神性を身に着けてしまいました。

 

このように自分を極力抑え込むのが正しいことだと言い聞かせることで自己暗示にかかってしまい人見知りとコミュ障になってしまったのです。

 

自己主張するのが恥ずかしいことだと思い込んで自分の意見を述べることを「後ろめたく恥ずかしく」感じてしまうのです。

 

今まで読者の皆様は周囲の目を気にして合わせて生きてきました。

 

今度は読者の皆様が周りに自分の意見を主張する番です。

 

コミュ障だと思い込んでいる30代男性の方の周囲には、自己主張をする人が多い傾向があります。

 

なぜなら自己主張をする人は、「受け入れてくれる優しい人」相手に自分の意見を主張するからです。

 

読者の皆様はみな優しすぎるというのが究極の結論です。

 

優しすぎて周囲への配慮が長けているので、周りには自己主張する人が自然と集まってくるようになります。

 

コミュ障はどうすれば治るのかと考えているかもしれませんが、自分自身の内面を変えて自分をさらけ出すことができるマインドセットを習得する必要があります。

 

理解しない人の目を気にしない

人の目を気にしないようにと軽くサラッと言われても今一つ?となって心に落とし込むことができないでしょう。

 

人は人に好かれたいと思う承認欲求を内側に秘めているのですが、この承認欲求が人を人見知りやコミュ障たらしめることがあるのです。

 

万人に好かれたいがために自分の気持ちを抑制してしまうことが日常茶飯事になってしまいますが、よく考えれば自分の意見を理解してくれてない人に好かれる必要などなかったのです。

 

つまりこちら側が意見を主張した際に不快な顔をしたり全く耳を傾けてくれなければ、それはそれでいいのです。

 

そのように自分は意見を述べるにもかかわらずいざこちらが意見を述べたときに嫌な顔をして理解してくれないほどに器が小さい人とは友情関係を結ぶことはできないということです。

 

読者の皆様に今までさんざん甘えて自己主張をしてきたのに今度はこちらが少し意見を述べただけで、受け入れる余裕がない人に好かれる必要はありません。

 

読者の皆様は恐れずにしっかりと自己主張をしていいのです。

 

万人に好かれる必要はありません。

 

友情や恋愛はお互いがフェアな条件下で理解しあうことができてこそ成立するものです。

 

だから一方だけがずっと自己主張して他方がそれをずっと受け入れないといけないという条件下では友情や恋愛は育ちません。

 

だからあなたのことを本当に理解してくれる人を見出すためにも自己主張することは実は大事だったのです。

 

自己主張ができるようになるとコミュ障などとは縁のない人生を送ることができます。

 

生まれつきでどうすれば治るのかと思い悩んでいた時代が懐かしく思えるくらいになります。

 

コミュ障が実はモテる?

人の目を気にしないことの重要性を述べましたが、コミュ障を解消すべく自己主張をしよう!といき込んでしまっては元も子もありません。

 

というのは、コミュ障と言っても人によって定義が様々ですが自分から話すのが苦手なだけという人はそれが実は短所ではなく長所として上手く活かすことができるのです。

 

多くの女性陣は実は話を聞いてくれる人を欲しています。

 

話を聞いて共感してくれる男性が女性にとっては居心地がいい人でありずっと一緒にいたい人となるわけです。

 

自分のことをずっと話過ぎる男性よりも寡黙で落ち着きがあって話を良く聞いてあげる男性のほうが、女性には人気があるのです。

 

コミュ障だという30代男性の多くが過度の緊張して全く話せない傾向があるので、あえて「自己主張をして相手に理解をしてもらう権利がある」と上記では書きました。

 

ただ実は女性陣にモテる男というのは実は自己主張を女性陣の前ではあまりせずに女性陣の話を聞くことに徹していることが多いのです。

 

⇒女性に話をする割合はたったの2,3割

 

コミュ障で自分から話をするのが苦手と感じる多くの30代男性は、実はその性格が長所であり女性陣にモテる可能性が高いのです。

 

女性陣のパーソナルな領域に入り込まずに適度な距離を保っているうちに女性陣はその男性を信頼するようになります。

 

信頼するまでの過程は確かに長いのですが、ここで焦って自分のことをたくさん話してしまうと女性陣からはドン引きされます。

 

自分のことをたくさん話してドン引きされるよりもコミュ障で自分からたくさん話すのが苦手という30代男性のほうが女性陣にとって「寡黙で落ち着きがあって話を聞いてくれる人」と映って信頼されやすいのです。

 

⇒女性に自分から話しかける方法

 

またコミュ障であると過度に女性陣の目を気にして何か面白い話をする必要は全くありません。

 

女性陣の信頼を勝ち得るためにこちらから話かける時は、基本的にあまり急接近しないことが重要です。

 

急接近すると「何この人」と思われるのが関の山ですから、まずは誠実にこちらから話しかけるようにしましょう。

 

例えば「いつもお疲れ様です、体調にお気を付けください」とか本当にシンプルで一言二言で十分なのです。

 

寧ろ一言二言のほうが女性の信頼を勝ち得ることができるのです。

 

コミュ障ではないと豪語するナンパ師みたいな男が「お疲れ!今日ご飯でも行かない?疲れてそうだし何でも相談してよ!」とか言ってもまともな女性なら「この人何が目的?」と思うのです。

 

誠実な女性ならこちらの普段からの誠実な気遣いの言葉かけをしっかり聞いてくれますし、こちらを信頼してくれるようになります。

 

だから女性陣の信頼を勝ち得るには、よく話す男性よりも寧ろコミュ障だと思っているくらいの男性のほうが勝っているのです。

 

まとめ

生まれつきのコミュ障と言われているのは幻想です。

 

人は環境によって善人にも悪人にも変化しうるのであり、それと同様に考え方次第で自分の人見知りの性格やコミュ障を解消させることはできるのです。

 

その考え方としては、「お互いが相互理解をすることができて初めて友情や恋愛関係を構築することができる」というマインドセットです。

 

だから自分のことをコミュ障、人見知りと感じているほどに控えめな読者の皆様が、いざ思い切って自分の意見を主張してみてそれを受け入れてくれる人だけが友人や恋人候補として挙がるのです。

 

普段控えめな読者の皆様が自分の意見を述べてそれを理解しない頑固な人の目を気にする必要はありません。

 

恐れずに自分の本心を明るみに出して、周囲のいる人をふるいにかけて友人、恋人候補の人を探しましょう。

 

また女性にモテる男が実践している会話術というのは、ひたすら女性の話を聞くことに徹しているということです。

 

全体で7割ほどは話を聞いて残り3割程度は自分から話すパターンを徹底しているのです。

 

だからコミュ障で自分の話をするのが苦手だ!と強く感じる30代男性は実は話が得意だと自称して自分の話ばかりする人よりもモテる可能性を秘めているのです。

 

コミュ障は生まれつきだからとかどうすれば治るのかと思い悩んでいる30代男性は、ありのままの自分でいることで自然に周囲に良き理解者を引き寄せることができます。

 

どんなコミュ障でもこれだけで解消できる

どんなコミュ障の人でも、生まれつきだから治らないと感じるほどであっても、自分から話すのが得意になることはできます。

 

自分から話しかけて尚且つ相手に好かれる会話術というのは確かに存在します。

 

私がおすすめする優良教材である「人に好かれる会話術」という教材に詳しく説明されています。

 

10年以上前に発売されて以来、現在に至るまでずっと売り上げランキングでTOP3位以内に君臨し続けてきたベストセラーです。

 

多くのコミュ障の男女を実際に救済し、彼らから絶大な高評価を獲得し続けてきたっ実績ある書籍です。

 

⇒人に好かれる会話術の口コミ体験談集

 

この教材一冊だけだ手元にあれば、他の教材に手を付ける必要は一切ありません。

 

この教材は、会話術の本質を全て網羅しています。

 

それだけボリュームが膨大にはなりますが、会話の本質を知るためには必要になります。

 

この教材を学んだ多くのコミュ障男性が、人に好かれるようになったといっています。

 

人に好かれる会話術をマスターできれば、人脈が広がり交流が深まり、人生の質が向上します。

 

会話は、何千年経過しても人間に必須のスキルであり、会話の中で人は繋がり生きています。

 

この教材は、人生を変えると口コミで話題になっていますが、なんと全額返金保証がついています。

 

⇒人に好かれる会話術が本当に全額返金保証付きな理由

 

全額返金保証付きで、本当に自分の口座に全額が返金されるためにネットユーザーから絶大な信頼を獲得し続けてきたのです。

 

公式サイトのデザインは、10年前と変わっていないために少し古いように感じられるかもしれません。

 

それでも会話の本質は、何百年、何千年経過しようとも決して変わることはありません。

 

もしあなたが、自分から話しかけてかつ相手に好かれる会話術をマスターして、コミュ障を治したいなら、「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」を学んで人生の糧にされてください。

 

↓ ↓ ↓

 

人に好かれる会話術【全額返金保証付き】

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.