会話スキル向上

人と話すのが怖いけど克服したいと思う30代男性へ

更新日:

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)レビュ―

 

人と話すのが怖いというかもはや人自体が怖いと

感じる30代男性は多くいます。

 

かつての私も話をするのが怖いというのは当然人と

対面するのが億劫だと感じていました。

 

人と話をするのが怖いと感じる原因は様々ですが、

大体の心理的原因は似ているものです。

 

原因と心理的な側面を知ることができれば、

克服することも可能ですので、一緒に調べて

いきましょう。

 

人が怖いと思う心理

自分に自信がない

誰しもが人生のうちで「人が怖い」と感じたことが

あると思いますが、そのようなときの心の状態と

いうのは、一体どんなものなのでしょうか。

 

それは「自分に自信がない」時にほかなりません。

 

人と話をするのが怖いと感じる時というのは、自分に自信が

ないという心理から生じています。

 

自分の中で自分と他者を比較して、自信を喪失してしまい

他人のほうが自分よりも強く見えてしまうことが原因なのです。

 

一方で自分に自信がある男性は、他人と話をするときに自信に

満ち溢れているのでおどおどせずに常に堂々としています。

 

自分のことを過大評価までしなくともいいですが、ある程度の

自信をもっておかなければ人への恐怖感というのは克服できません。

 

他人の評価が気になる

人と話すのが怖いと感じる男性の中には、他人の

評価をずっと気にしている人がかなり多くいます。

 

職場で男だらけなら全く気にならないものの女性の

同僚の前で恥をかきたくないとか考えていると

緊張しすぎてもはや女性陣と接するのが怖いとか

人と話すのが怖いという風になってしまいます。

 

日本社会はれっきとした縦社会であり上への服従は

絶対的でそれが給与の水準を決定打にします。

 

いわば日本社会そのものが人と話をするのが怖くなるように

仕向けてしまっていると言っても過言ではないのです。

 

ただそんな歪な日本社会に生きる我々30代男が生き残るためには、

やはり人への恐れといった無駄な雑念を排除していかねばなりません。

 

日本はうつ病で悩む男性を多く生み出しており、自殺率も

かなり高い国です。

 

本来は人間というのは、人と話をすることで有意義な時を

過ごしお互い分かち合い理解しあうことができて合理的に

生きることができるはずでした。

 

ただこの資本主義社会においては一部の人間のみが

富を掌握してそれを気に入る人物のみに分配するという

完全なる奴隷社会を形成しているので、通常のサラリーマンは

上司に媚びへつらいながら給料をもらうしかありません。

 

そうやって本当に自分がやりたいことを抑制しながら

上司からの評価を気にして自分を押し殺して生きていくうちに

いつしか人が怖いなんてことになってしまうのです。

 

周囲にいる人からのいじめ

近年ではいじめが深刻化しており自殺者が多発していますが、

人が怖いと感じる原因にこの「いじめ」があります。

 

親からいじめられた、つまり虐待を受けていたとか

学校でいじめられた経験のある30代男性の方は

未だに過去の記憶を消し去ることができないケースが多いのです。

 

そういった場合にやはり社会に出たとしても人を信じることが

難しくなって結果的に「人と話すが怖い」といったように

マイナス的にとらえてしまいがちになります。

 

またいじめられている際に週の人が見て見ぬふりなどした場合、

誰も助けてくれなかったという経験からも人に関して不信感を

覚えて接することが怖くなります。

 

浮気された等の裏切り

中には誠実に交際していたはずの彼女に浮気されて

裏切られた経験があるかもしれません。

 

このようにひどい裏切りにあった人は、それが原因で

人を信じることができなくなって出会う人すべてに

不信感を抱きがちになります。

 

絶対の信頼を置いていた伴侶やパートナーがまさか

裏切っているのを知った途端に心の支えがなくなって

自分の中で何かが壊れてしまいます。

 

この苦い経験を通して人は人を信じて裏切られる痛みを

二度と味わいたくないと心に難く決めてしまい、人との

コミュニケーションが億劫だと感じるようになります。

 

かつての私も実はこの裏切りを経験したことのある

身なので、しばらくは人を信じられず心と心の通った

やり取りというのができませんでした。

 

人と話すのが怖いのを克服するために

他人と接するのが怖い原因として上記に書き上げましたが、

個人の背景や思いというのは様々で一概にこれが原因だ

と決めつけることは難しいでしょう。

 

それでも人は一人では生きていけないもので今後

人と関わらずして生きていくことは絶対に不可能です。

 

人と話すのが怖いやコミュ障だと思う人は自分の気持ちを抑えて

相手に合わせすぎる傾向があります。

 

自分のことをあまり他人に知られたくないとか

理解されないという感情が内に秘められているので

ありのままでいることが難しいのです。

 

やはり考え方を変化させなければいつまでも

人と話すのが怖い気持ちを克服することはできません。

 

所詮人は人であり相手が自分より優れているなどという

思い込みによって相手に引け目を感じることほど損なことはありません。

 

相手も同じ人であり神でもなんでもなくおならもうんこもする

普通の人間なのです。

 

それに相手も実はあなたのことを怖がっている可能性だって

大いにあるのです。

 

今までに接してきた人でマウントを取るような話し方を

する上司がいて怖いと感じたことがあるかもしれません。

 

でも実はそういったタイプの人は自分が抜かされたくない

とか自分が絶対に上でないとダメ!と常日頃考えていて

強めにでて威嚇しているだけなのです。

 

だから表向きには強そうに見えても実は弱い虚勢を張った

メンタルの弱い人であることを覚えておくといいでしょう。

 

そうやって相手も同じ人間であり弱さを表に出すことが

できない本当に弱い人間であることを見抜くことができれば

人と話すのが怖いという気持ちを克服することができます。

 

信頼できる友人を作る

困ったときにも助けてくれるような信頼できる友人を

生涯で一人か二人ほど見出すことが必要です。

 

信頼できる友人というのは、あなたのありのままの姿を

受け入れて理解をしてくれます。

 

これがこの本題で最も重要な要点です。

 

信頼できる友人を見出すためには、こちらがまず相手に

好かれるための努力をしないといけないのは確かです。

 

⇒人に好かれる会話術について

 

上記のリンク先で紹介されている「人に好かれる会話術」ですが、

2009年発売以来2019年の現在までランキング3位以内に君臨し続けた

ベストセラー教材で全額返金保証もついている優良教材です。

 

この教材でも書かれてあることですが、まず人に好かれる

ためには相手の話を聞くことに徹しなければなりません。

 

ちょうど読者の皆様は人と話をするのが怖いとお感じですから、

自分から話しかける必要は一切ありません。

 

ただ相手の信頼を勝ち得ることができる聞き方や

返答の仕方を会得する必要はあります。

 

そうしていくことで相手が信頼してくれるようになり

こちらもありのままの自分をさらけ出すことができるようになります。

 

女性を射止めたいならなおさらその女性の話を聞いて

その話題を広げて行く必要があります。

 

とは言っても自分が話す割合とは多くて3割程度です。

 

ほとんど会話の主導権は相手に譲っておいてよいのです。

 

そうやって話を聞いていくうちに相手が様々な悩みなどを

打ち明けてくれるようになり、「みんなも自分と同じように

悩んでたりするんだ」と気づくことができるでしょう。

 

みんな同じように悩んでいて弱さのある人であることを

理解できたなら、今度はこちらも自分の弱さを見せることが

できるはずです。

 

こうやってお互いの弱さや欠点を見せ合い理解できる

関係を構築することが、人と話すことが怖い気持ちを

克服するうえでもっとも重要だったのです。

 

信頼できる生涯の友人や恋人ができれば、何か辛いことが

会ってもその友人に相談することもできます。

 

ただ先ほども少し述べたように交際相手に浮気されたり

と裏切られた経験のある人は、人をなかなか信頼できない

かもしれません。

 

私も経験したことがありますからその気持ちは理解できます。

 

でも時が経つうちにその傷も癒されていき、「人に好かれる会話術」

というのを実践していく中で、最愛の女性を射止めることができて

結婚することもできたのです。

 

一番信頼できる人で弱さも見せることのできる相手です。

 

もし人に好かれる会話術をマスターし実践するなら、

好きな人を引き寄せることも可能です。

 

信頼されて好かれるようになるのです。

 

人類の皆が裏切ったり人を見下したりする悪人な

訳ありませんから、ありのままの自分を受け入れてくれる

信頼できる人を見出すようにしましょう。

 

読者の皆様はもっとわがままを言っていいのです。

 

今まで周囲に合わせすぎて大変疲れていると思いますが、

これからは自分の気持ちを話してもいいし、嫌なら嫌と

いった態度を示していいのです。

 

それで相手が理解してくれないとすると別にその人から

理解される必要はありません。

 

人の痛みや弱さを理解できない人と付き合うことは

人生の中で無駄な時間と断言できます。

 

こんな卑劣な人物に無理して合わせて恋仲に至るとしても

長続きしませんしまた裏切られる可能性も高いのです。

 

今まで人と話すのが怖いと控えめな性格をしている読者の

皆様だからこそ自分のわがままを言う権利というのはあります。

 

自分のわがままを言ってそれを理解してくれる人、

そのような人のみが友人や恋人となるべきです。

 

人に好かれる会話術を会得することは実は本当に信頼できる

友人や恋人を引き寄せて人生を豊かにする手段だったのです。

 

まとめ

人と話すのが怖いのを克服するためには、自分の考え方を

変化させる必要があります。

 

自分の弱さを表立たせることができる人間こそ本当に強いことを理解する必要があります。

 

自分の欠点や至らなさ、わがままを話してそれを受け入れて理解してくれる人が

現れたとするならその人は本当に信頼できる友人や恋人の候補になります。

 

そんな信頼できる友人や恋人を引き寄せるためには、自分が人から好かれる

話し方をする必要があります。

 

相手の話を7割聞くことに徹しながら、相手のことを肯定して

認める必要があります。

 

そのうち相手がこちらを信頼して悩みなどを打ち明けるので、

「人は誰しもが弱さや悩みを抱えてる」と気づくことができて

自分と大差ないことが判るでしょう。

 

そうやって自分と大して変わらないと分かれば、人との会話が怖い

という気持ちを克服することができるのです。

 

自分のわがままな気持ちを語ることができる相手を見出すことが

人と話すのが怖い気持ちを克服する最も重要な解決策だったのです。

 

↓ ↓ ↓

 

⇒人に好かれる会話術(全額返金保証付き)について

 

人と話すのが怖いのを解消する究極の術

10年前に発売されて以来ベストセラーとして君臨し続けてきた「人に好かれる会話術」には、会話の本質が全て書かれています。

 

会話の本質とは、相手を喜ばせて双方が幸せな気持ちでいられることです。

 

人と話す際に、相手がどんな話しかけられ方をすれば喜んでくれるかを熟知しているなら人と話すときに妙な恐怖感がなくなります。

 

自分が話すべき事柄をすでに知っているからです。

 

会話の本質というのは、1000年経過しようが変わることはありません。

 

相手を喜ばせるための会話術を熟知して、それを使うことで人との出会いの機会も増えて人生の質が向上するのです。

 

↓ ↓ ↓

 

人と話すときの恐怖感を克服する方法(全額返金保証付き)

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.