オナ禁の効果

短期間のオナ禁は有益な効果を人体にもたらすのか

投稿日:

オナ禁は今や流行語大賞と捉えられても過言ではないほどに多くの30代男性がオナ禁をしています。

 

それでこのオナ禁ですが、短期間で目に見えてはっきりとわかるような有益な効果を実感することはできるのでしょうか。

 

結論から申し上げて、たとえ3日という短期間であってもオナ禁の絶大な効果を実感することができます。

 

詳しく調べていきましょう。

 

射精の頻度が多いとどうなる?

オナニーする人でも頻度は様々です。

 

それには、個々の体質や生活習慣、食生活などが深く関わってくるので一概に言いくるめることはできないのです。

 

ある人にとっては、3日に1度の射精も身体にとって結構な負担になるかもしれません。

 

はや真実をいいますと、射精という行為自体が人体にとっては少なくとも負担になるのです。

 

実際にこの記事をご覧になっている方々は、オナニーをした後に何とも言えない倦怠感や疲労を感じられてきたのではないでしょうか。

 

その疲労感や倦怠感は、オナニー愛好家たちからは賢者タイムなどと言われていますが、事実、オナニーは人を疲弊させるのです。

 

オナニーを毎日頻繁にしていると、体内の貴重なミネラルを大量に放出することになります。

 

亜鉛やアミノ酸といった貴重なミネラルです。

 

これらは体内で自動生成されるミネラルではないために、毎日のように放出し続けると身体にとって相当のダメージになります。

 

精子の生成は3日かかると言われていますが、3日に1度オナニーしているとせっかく生成された精子を何度も放出することになってしまいます。

 

晩の寝つきが悪く、朝の寝起きもぐったりして一日中慢性的疲労の中で生活することになるでしょう。

 

実際に多くの男性陣がオナニーをし過ぎて、慢性疲労だけでなく外見の悪化も実感するのです。

 

オナニーし過ぎて見た目にデメリット

オナニーし過ぎでよく禿げるとかニキビができるといいますが、これらもれっきとした事実です。

 

よく単なる都市伝説と思われがちですが、射精をすることで悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが体内で大量に分泌されることが原因です。

 

⇒オナ禁でハゲとニキビを解消できる理由

 

ジヒドロテストステロンの作用としては、体臭、体毛、皮脂の悪化などです。

ただ体毛と言っても髪の毛に関しては全く別なのです。

 

凄く皮肉なことですが、頭髪は抜け落ちて質もコシがなくなっていくのです。

 

上記に書き上げた皮脂が大量に分泌されること、亜鉛といった肌や髪の毛の生成に直接関与しているミネラルを欠乏することが原因です。

 

これらのミネラルを欠乏することで、ハゲや肌荒れを引き起こさせるのです。

 

それにミネラル欠乏によって口内炎ヘルペスが生じることも多々あるようです。

 

射精とは少なからずとも身体に負担のある行為です。

 

また、脳は射精の際に生じるドーパミンという快感物質を強く渇望するようになります。

 

ドーパミンが分泌される脳の神経回路が形成されると、脳はそのドーパミンを欲するためにひたすら射精をするように指令してくるわけです。

 

やがてオナ禁をしたくとも絶対にできない。そんな窮地に立たされることになります。

 

水を求めるかの如くオナニーしたくなる感覚に陥ってしまいます。

 

また中毒症状に陥ると顔の表情は、たるんだような無気力な表情へと変化します。

 

ポルノ中毒脳の表情

ポルノ中毒、オナニー中毒に陥った人の表情は、どこかたるんでいます。

 

これは脳が通常ならば自制をしているのですが、頻繁にオナニーしていることで自制をする脳の働きが弱まっているからです。

 

だから、学生であるならば学習面での影響、社会人であるならば仕事上での影響が出てきます。

 

忍耐力が著しく低下するわけです。

 

常に脳内では射精による快感を求めるようになりますから、仕事中ずっとムラムラすることになります。

 

女性をみて性的な行為をしている場面を空想してしまい、注意が散漫するようにもなります。

 

実際に大学の研究論文では、ポルノ中毒者の脳の機能が全体的にかなり低下しているという結果がわかっているようです。

 

無表情な顔になりがちと言われていますが、ポルノ中毒者はポルノを観た際にのみ脳が活性化するような仕組みになっているのです。

 

そのために普段仕事をしている時、家族と過ごす時、外出している時などはめっきりぶっきらぼうな表情をしていることがかなり多いのです。

 

ポルノを観過ぎたせいで脳がポルノでしか幸福感を感じることができなくなっているわけです。

 

表情豊かな人というのは、人に好かれやすいです。

 

一方でぶっきらぼうで表情がない人は、人に好かれにくいのです。

 

ポルノ中毒になるとぶっきらぼうで表情がなく、いわゆる鉄仮面になります。

 

周囲への関心も薄れていきやがてうつ病などを患うことになります。

 

⇒ポルノ中毒がうつ病を生じさせる

 

オナ禁して最高の人体を維持

今まで上記に散々オナニーすることのデメリットを書いてきましたが、オナ禁すれば逆に有効な効果を期待できるということです。

 

毎日射精しまくっている人にとっては、3日のオナ禁でも大いに効果が期待できます。

 

身体が疲れなくなって、寝起きの爽快感を久しぶりに味わうことが絶対にできます。

 

私自身も体験しましたが、オナ禁したその一日目から体調がすこぶる良くなり動きやすくなるのを実感しました。

 

日中ずっと眠たかったのですが、仕事に集中できるようになり眠気も消失しました。

 

おかげさまで仕事の業績も上がり収入が上がったのを覚えています。

 

オナ禁の効果は1日という短期間ですら顕著に現れます。

 

日中の眠気が解消して、その日の晩からぐっすり寝ることができるのを実感できるでしょう。

 

翌日の朝から寝起きが良くて快活に過ごすことができるでしょう。

 

またそのまま3日、一週間ほどオナ禁を継続することができれば、異常にムラムラしていた性欲の波が落ち着いて頭が冴えているのを実感できるはずです。

 

中毒症状が軽くなることで、爽快感が得られるわけです。

 

異常なほどまでにポルノに執着するようになった脳を一度リセットすることで、人生の喜びを取り戻すことができます。

 

外見上では、ハゲが消失して頭髪が増量し、ニキビも消失していきます。

 

それと同時に顔の表情も引き締まりますし、日常生活の至る場面で喜びを感じることができるようになります。

 

ずっとポルノでしか喜びを感じることができなかった脳が、生きることの喜びを感じることができるようになるからです。

 

人と出会い、会話をして、空を見上げて、小鳥のさえずりを聞く。

そんなことですら幸せだと気づくことができるようになります。

 

脳内に霧がかかっていた感覚から、本来の自分を取り戻して様々な思考をすることができるようになるでしょう。

 

ポルノだけでしか幸福感を感じれなかった自分から、些細な出来事や身近なことに対して幸せを感じることができるようになるわけです。

 

まとめ

オナ禁は1日だけするといった短期間ですら効果を期待できます。

 

射精によって亜鉛やアミノ酸というミネラルを大量に放出するので、それを控えることで体内の新陳代謝に十分栄養素を送ることができるのです。

 

肌や髪の生産に栄養素を回すことができるので、たった一日オナ禁しただけで効果を実感することができるでしょう。

 

ハゲや肌荒れを治すことができると今大流行のオナ禁ですが、たったの1日だけでも大きな効果が期待できます。

 

オナ禁を楽に継続させてモテる方法

本来の健康なオスはセックス時にのみ射精をします。

 

自然界をみても動物は自然に禁欲して無駄な射精を控えることで、メスを引き寄せています。

 

人間にも同じことが言えますが、オナ禁、断射をすることで人体に生命力を秘めてそれをフェロモンとして活用することができるのです。

 

古代から本能レベルで人はオナ禁効果の有効性を知っていたのです。

 

オナ禁している男性は、フェロモンが出るので女性からモテるし、仕事に活力を注いで成功できます。

 

正しい断射の方法を知っていれば、楽にオナ禁することができます。

 

結果として性エネルギーを自由自在にコントロールできて別の事柄に転換できるわけです。

 

結果として女性からモテて経済的にも成功を収めることができるのです。

 

オナ禁によって人生そのものの質が向上します。

 

もしあなたがオナ禁を楽に継続して、自由自在に性エネルギーをコントロール転換したければ、断射プログラムという教材を学んでください。

 

⇒断射プログラムの詳細

 

発売以来、現在でも売り上げトップ3位以内常に君臨し続けている最高峰のオナ禁教材です。

 

多くのオナニー中毒者を救ってきていると口コミ評判でも話題になっています。

 

↓ ↓ ↓

 

『断射プログラム』オナ禁のフェロモンので女性から絶対モテる!

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.