会話スキル向上

コミュ障で仕事がつらい30代男性が必ずするべきこと

更新日:

コミュ障で仕事がつらいとお悩みの30代男性は大勢います。

 

「人の目が怖い」「人と話す時に相手の考えが気になる」などの相手が自分をどう考えているのかを常に気にしてしまう。

 

そのために自分の考えを相手に伝えることができない、これがコミュ障です。

 

コミュ障で仕事がつらいと感じていても、必ずそれらの悩みを解消することができます。

 

寧ろコミュ障だと悩んでいる人こそ、今気づいて自分の行いを改めることで本当に正しいコミュニケーションを知ることができます。

 

コミュ障で仕事がつらい理由

コミュ障の人は常に他人の目線を気にして生きています。

 

つまり、「自分が他人から悪く見られている」という劣等感があり、他人が実際に自分をそのようにみなしているというネガティブ思考にもとらわれています。

 

コミュ障になる理由は、幼少期に親や友人といった身近な人からの辛辣な言葉を浴びせられることも理由の一つになります。

 

怒られ過ぎたりいじめられたりすると、「何をしても間違っている」という考え方を抱くようになり、恐怖感に常に支配されることになります。

 

人というのは、環境によって考え方が大きく変わるものです。

 

逆に身近な人に常に褒められて育った人は、多くの場合成人してからもいまだに我儘で尊大な振舞をする人が多いのです。

 

このように人は環境、今までに関わってきた人によって考え方思考回路が形成されていき、その後の人生の歩み方が変わってくるといえます。

 

つまり、環境によって考え方が変わるのであれば、現時点の自分の環境を変えることで自分自身の思考回路を変えることができるのです。

 

はたまた、自分自身の思考回路を直接変えることで人生そのものを変えることも十分可能です。

 

コミュ障を治すマインドセット

出だしが何事も肝心ですが、やはり最初は何をいおうがマインドセットが重要です。

 

精神論など不要というかもしれませんが、一番重要なのです。

 

仕事がつらいと感じるほどのコミュ障だと自覚されて、この記事をご覧になられている方が多いと思いますが、このように自覚されている方というのは、実は無自覚の人よりも断然コミュニケーションが達者である可能性があります。

 

なぜなら、自分自身のことをコミュ障だと自覚する、つまり客観的に自分自身を観察することができているからです。

 

逆にコミュ障ではないし、俺様が部下を指導して会社を引っ張ってやるんだ!と変に意識高めな人間ほどコミュ障である可能性が高いのです。

 

残念ながらこういう治ることがないコミュ障の人に苦しめられる方が多いのです。

 

それで、もともと緊張しやすい心の穏やかな男性がこういった無自覚者のコミュ障に仕事上のやり取りで無理難題を突き付けられてコミュ障だというレッテルを貼られることが多いのです。

 

実は、あなたはあなたが思っている以上にコミュ障ではないのです。

 

単に自分の意見を述べるのが苦手だったり、極度の緊張のために発言することができないだけなのです。

 

仕事では、自分の意見だけをずっと述べ続ける変な上司などがいると思いますが、こういう人間こそ実はコミュ障なのです。

 

自分こそ正しく相手が間違っていると思い込んで、勢いだけで相手をねじ伏せてしまって半ば脅迫なようなものです。

 

自分がもしかしてコミュ障なのではないか?と考えてこの記事をご覧んなられている30代男性の方々は、皆さんコミュ障だったとしても軽度で心の優しい方々です。

 

必ず解消できる方法があります。

 

コミュ障は少しの努力で治せる

少しの努力でコミュ障というのは解消できます。

 

具体的な方法ですが、メモを取ることです。

 

ただ仕事上の業種によりますが、どんどん新規開発のプロジェクトなどに関わっていると次々新しい知識を吸収しないといけないためにメモを取るビジネスマンはこの点有利です。

 

そもそもメモを取るとは、相手の言い分を自分なりに理解するためにする行動です。

 

簡単な出来事だったとしても忘れないためにメモを取るようにしましょう。

 

メモを取る作業、手を動かすことで脳を活性化させることができて、また相手の言い分を理解するためのスキルにもなります。

 

仕事ができる人間はメモを取ると言われていますが、メモを取るのが上手な脳にできあがっていくわけです。

 

最初こそメモを取るからこそ余計についていけなくなると思いがちですが、なるべくメモを取る癖をつけていきましょう。

 

まぁかといって指示をされてすぐさまメモを取って完璧に相手の言い分を理解できるは限りません。

 

それで怒られたりすることもあるかもしれません。

 

そういった理不尽な待遇を受ける時は、胸を張って「自分はコミュ障ではない!」と思ってもいいのです。

 

自分がダメなんだと卑下せずに、メモなどを取る努力をして最大限自分ができることをしていてもなお仕事で叱られるなら別に自分自身をダメだと思う必要はありません。

 

仕事上でメモを取る努力をして頑張ったのですから、何も自分には落ち度がないのです。

 

完璧な人はこの世の中にいませんが、仕事だと皆完璧を求めています。

 

あなたの周りにいる仕事上の同僚や上司があなたに完璧を求めてくるとしたら、それは無理な要求です。

 

コミュ障の人は、自分の意見を言わない優しさや謙虚さがあるので何でもかんでも引き受けてしまう可能性があります。

 

NO!と言える勇気をもつ

メモを取っても仕事が一回で覚えられないのか!と怒られることがあるかもしれません。

 

そんな時は冷静になって考えてみてください。

 

そもそも一度で仕事を覚えられるなら東京大学にでも行けていたはずです笑

 

そんな人はいないのです。

 

皆、あなたがお人好しで穏やかで断らないことをいい気になって、押しつけがましく物言いしている可能性が高いのです。

 

一方的に物言いされると、誰でも委縮して何も話せなくなります。

 

これで自信がなくなってあとあと自分をコミュ障だと卑下することになったりするわけです。

 

ではどうすればいいか。

 

勇気を出してNO!というようにしましょう。

 

ただあまりにも不愛想に「無理ですよ一度では覚えられるわけないのでは。」と返答してしまうと気まずい雰囲気になるかもしれません。

 

言葉は少なくてもいいので、笑顔で断ることができるようにするのです。

 

この断ることが、コミュ障の人には至難の業であるようです。

 

笑顔と言っても飛び切りの笑い顔でなくともかまいません。

 

意識して口角を挙げるようにしてください。

 

緊張していても目が死んでいても全くかまいません。

 

ただ口角だけ上げるようにしてみるのです。

 

断るときにはこの口角を上げるを意識してください。

 

口角を上げながら、「ちょっと一度では自分には難しいですね。無理そうです。」と返答してみてください。

 

そうすると相手は「はっきりと無理と言われたな。あまり無理をこれから言えないな」と感じるのです。

 

そのとっさに暴君のような上司ならば怒り出すかもしれません。

また仕事ができない等と侮られるかもしれませんが、そんな罵倒には返答する必要はありません。

 

罵倒は誰が聞いても罵倒なので、放置でいいのです。

 

またそれでも無理難題を強いて毎日のように、罵倒されて仕事がつらいとかんじるのであれば、別の対策を取る必要があります。

 

パワハラをメモに記録するべし

ここでも実はメモをとっていたことがいきてきます。

 

こちらが低調に穏やかに無理であることを伝えているにもかかわらず、ずっと罵倒などが続くのであれば、その出来事をメモや音声に記録しましょう。

 

日付に間違いがないように毎日言われたことなどをメモ書きしてください。

 

立派なメモ書きでなくともかまいません。

あなたの心の叫びを書き綴るのです。

 

こんなところで、コミュ障を改善すべくメモを取る練習をしていた成果が活かされても来るわけです。

 

またボイスレコーダーをオンにして胸ポケットに入れておいたりするのもいいかもしれません。

 

あるいは自分が上司と話す際にスマホをデスク上に置いてボイスレコーダーにして使うこともできます。

 

スマホならだれも怪しまないので、デスク上に置くことができますね。

 

仕事上でメモを取り自分なりに頑張ったのに正当な評価を受けることができない。

仕事がつらいと感じるのであれば、そろそろ職場に怒りの鉄拳を入れてもいいころかもしれません。

 

コミュ障だと感じる30代男性は、あまり自分を卑下する必要はありません。

 

卑下しすぎるとまたコミュ障だという負のスパイラルに陥りがちなので、できる限りのことをして仕事に取り組みましょう。

 

NO!ということもできますし、それは悪いことではありません。

 

いざとなったときは、メモやボイスレコーダーに記録を取り訴訟することもできるので、怖い気持ちを抱く必要はありません。

まとめ

少し意外な記事に思われたかもしれませんね。

 

コミュ障で仕事がつらいと感じる場合、あまり自分を卑下する必要はありません。

 

なぜならあなたの職場の上司や同僚があなたに無理を強いているかもしれずに、それを断ることができないがためにコミュ障だとレッテルを貼っているかもしれないからです。

 

普段からメモを取る習慣をつけて、自分なりに仕事に精一杯努力して取り組んだにもかかわらず正当に評価されないのであれば、それは不当なのです。

 

あなたは、無理なことに関してNO!という権利があります。

たとえ仕事であったとしてもです。

 

ただ不愛想にNO!というのではなくて、口角を上げて断るようにしてください。

 

それでも相手があなたを罵倒するのであれば、あなたはその毎日の職場での嫌がらせをボイスレコーダーやメモ帳に記録してください。

 

あなたが実際に努力をしても周囲の反応が変化せずに、仕事がつらいと感じるほどであるなら、そろそろ仕事を退職する潮時かもしれません。

 

あなたが努力して変わっても、相手が変わらずに無理難題を押し付けてくるのであれば、そのような職場は辞めてもいいのです。

 

あなたはコミュ障ではなく、勇気を出してNO!という権利があります。

 

人に好かれる究極の会話術を学ぶにはこれだけ!

自分から人に話しかけて相手の信頼を得て好かれる、それを実現させる会話術は確かに存在します。

 

私がおすすめする優良教材のである「人に好かれる会話術」という教材は10年前に発売されて以来、現在に至るまでずっと売り上げランキングTOP3に君臨し続けているベストセラーです。

 

事実多くのコミュ障の男女を救い出し、高評価を獲得し続けてきました。

 

⇒人に好かれる会話術の口コミ体験談集

 

そして、この教材のすごみになりますが、この教材一切だけで他の教材に手を付ける必要は一切ありません。

 

この人に好かれる会話術は会話の本質を全て網羅しています。

 

それだけボリュームも膨大になりますが、会話の本質を学ぶためには必要な量になります。

 

この教材を学ぶことで、人に好かれて人に信頼されて、人との交流が深まり人生の質が向上します。

 

この教材は、人の人生を変えて豊かにする最高峰の教材です。

 

会話とは何千年経過しても人間にとって必須のスキルであり、会話の中で人は人とつながり生きています。

 

会話の本質全てを網羅しているこの「人に好かれる会話術」には、なんと全額返金保証がついています。

 

⇒人に好かれる会話術が本当に全額返金保証付きな理由

 

全額返金保証がついており、本当に口座に全額返金されるためにネットユーザーから絶大な信頼を獲得し続けてきたわけです。

 

何百年何千年経過しようと会話の本質は変わることはありません。

 

もしあなたが、自分から話しかけてかつ相手に好かれる会話術をマスターしたいなら、「人に好かれる会話術(全額返金保証付き)」を学んで人生の糧にされるといいでしょう。

 

↓ ↓ ↓

人に好かれる会話術【全額返金保証付き】

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.