会話スキル向上

どんな人でも信頼を得る話し方をマスターできる!

投稿日:

ちょっと話をしただけで「この人信頼できる!」と思える人はいますよね。

もちろん見た目の印象もありますが、なによりも信頼を得る話し方をしているために相手に最高の好印象を与えることができているのです。

 

こういった人は、初対面の人と一気に信頼関係を構築できるので、ビジネスマンとしても成功することができます。

 

コミュ障だと思っている人も、信頼を得る話し方の極意を知り実行すればいとも簡単に初対面でも好印象を得ることができます。

 

信頼を得る話し方の極意

マインドセット

まずは、信頼を得る話し方をするためには、自分自身の心の状態を整える必要があります。

 

いきなり精神論かと思うかもしれませんが、マインドセットが最も重要です。

 

信頼を得るためには、自身の気持ちにブレが生じているとそれが態度や話し方になさとして相手に伝わってしまいます。

 

相手は自信のなさなど感じ取りますし、その雰囲気を察知すれば相手を頼りない人物として捉えるでしょう。

 

まずは、ゆるぎない自信を自分の内面で構築する必要があります。

 

その自信は根拠のある自信であるべきです。

 

つまり、筋の通った自己矛盾のない信念がある心です。

 

自分自身に嘘をついていると、会話をする際に左上に目が泳いでいたり、えーとかあーといった具合に話がなかなかまとまりません。

 

会話とは心のキャッチボールです。

 

おどおどして話をするのではなく、自分自身の信念を作り上げて真っすぐに揺らぐことのない自我を確立しましょう。

 

そのマインドセットを構築するためには、読書がおすすめです。

 

読書をして、自分の考え方のレパートリーを増やしていきましょう。

 

また読書をすることで、様々な人の考え方つまりマインドセットを知ることができるので、自分自身の感性を磨くことができます。

 

色々な著者の本を読み漁るのもいいですが、特定人物の著書を読むのもお勧めです。

 

特定の人の著書を読むことで、その人を鏡としてブレのない矛盾のない考え方を得ることができる可能性が高くなります。

 

もちろん様々な著者の本を読み漁り、自分自身で良いと思った部分のみを吸収しマインドセットすることも大切です。

 

様々な著者の考え方を知ることができて、人物分析に長けるようになり、考え方のレパートリーも増えて知識豊富な人になれます。

 

会話の際に「なんて知識豊富で包容力のある人だ」という印象を与えることができます。

 

今までの読書を通して「こういうタイプの人は確かこうだったな」と相手の出方を先読みすることができるので、やり方によっては会話で相手を操ることができるのです。

 

実際にビジネスマンは読書をしたり、時事に詳しくなるために常に最新の情報を取り入れて自分自身を磨いているのです。

 

要は、時流に合わせた自分自身でいられるようにマインドセットするわけです。

 

パソコンもアップデートしますが、人間も同じです。

 

読書などして最新の情報を取り入れて自分自身のマインドをアップデートする必要があります。

 

声を適度に大きくする

信頼を得る話し方の実践編ですが、やはり声質にもよりますが通りやすい声というのは存在します。

 

ただ、声質が通る通らないにかかわらず、声を適度に大きくすることで相手に的確に自分自身の考えを伝えることができます。

 

相手がそれに納得するしないに関わらず、こちらが適度に大きな声で話すことで、相手は「この人はこういう意見をしっかりもってる」という印象を抱きます。

 

大きな声で怒鳴る必要は全くありませんが、もし声が普段から小さいのであれば少し意識して大きな声で話すことを意識してみてください。

 

語尾を伸ばさない

話の語尾で延ばす癖のある人は、あまり信頼感のある話し方をしているとは言えません。

 

たとえば、「明日までには必ずします~」や「えーたしかーでしたねー」といった風にひたすら語尾を伸ばす人がいますが、バカっぽく聞こえるので要注意です。

 

そうではなくて、しっかりと語尾を止めて言い切ることで、信頼を得る話し方をすることができます。

 

「明日までに完成させます」や「たしかそうだったはずです。」と言い切るようにしてください。

 

口約束ができない状況だとどうしても語尾を伸ばしがちですが、その点も自身で意識してはっきりと語尾を止めることを意識しましょう。

 

例えば、口約束できないのであればできないことをはっきりと伝えるのです。

 

「もうしわけありません。今回はパスさせてください」といった具合に無理な場合は、はっきりと曖昧にせずに言い切りましょう。

 

といっても何も攻撃的に「無理です!」と言えばいいのではなく、言葉も選んでオブラートに包んで相手に穏やかに伝えましょう。

 

穏やかにはっきりと伝えるために、語尾を止める話し方をしましょう。

 

語調を変化させてメリハリを意識

抑揚とも言いますが、会話をしている時に常に一定のトーンではなくて語調を変化させてメリハリをつけるように意識してください。

 

これの極端な例ですが、ホストやキャバ嬢などはオーバーリアクションに「マージですか!!!???」と語調を変化させます。

 

これは、相手の話に関心を示していることを語調で伝えるためのテクニックになります。

 

もちろんここまで大げさにするべきではありません。

 

それでも多くの30代男性は、信頼を得る話し方をしないとダメだ!といき込んでしまって、相手の話に関心を示すことを忘れます。

 

それにどんな話方をすればいいのかもわからないために、しどろもどろになって無口になってしまうことにもなりかねません。

 

どうしても自分から何を話したらいいのかわかないというときは、話すことはいったん忘れて相手の話に耳を傾けることに集中しましょう。

 

そして、話を聞いて返答するときにメリハリをつけて抑揚をつける工夫をしましょう。

 

相手が早口でまくし立てるように話すタイプであるなら、その逆を徹底してみましょう。

 

ゆっくりとした話し方で「そうですか~それは本当に大変でしたね~」と感情を込めながら返答するようにしましょう。

 

要は、一定のトーンで話すのではなくて感情を込めて、自分が最も伝えたいポイントを強調して話すようにしましょう。

 

こちらが話すときには、話す速度、声の大きさと高さ、間を意識した話し方をしてください。

 

大げさにする必要はありませんが、少し意識してみましょう。

 

話を簡潔に短く切る

話をやたらと長くする人がいますが、話を短く区切ることを意識しましょう。

 

私自身サイト運営でブログ記事を書いているのですが、文自体を短くするように気を付けています。

 

やたらと長い文は読んでいても要点を見失いますし、理解しにくいのです。

 

就活などしていて、職務経歴書を書く際には「文章を一区切りだけで終わらさずに長くしましょう」と言われたのを覚えています。

 

職務経歴書はその手法でいいかもしれませんが、ビジネスやプライベートで直接人と会話をするときは違います。

 

寧ろ話自体を短く区切ってください。

 

短く区切ってそれで会話を終了させるのではなく、続かせるのです。

 

これが信頼を得る話し方のテクニックです。

 

悪い例を出しますが、「昨日は断食をしてみたいのだけどこれが身体にいいみたいで水しか飲んでないけどすっごく水が美味しく感じました。」といった具合です。

 

いい例ですが、「昨日は何も食事をとっていません。水だけ飲みました。たまに断食するのは健康にいいみたいですよ。」

と話を短く区切りながら話をします。

 

だいぶ話が分かりやすく感じますね。

 

それに「、。」句読点で区切ることで相手の様子をうかがうこともできるわけです。

 

相手がまだ返答したいようであれば、間を与えて返答を受けることもできます。

 

少し細かい指示になりますが、これも信頼を得る話し方のテクニックの一つになります。

 

まとめ

ちょっとした小手先のテクニックよりも一番重要しすべきなことは、マインドセットです。

 

読書をして様々な著書の考え方を取り入れることで様々な人の考え方を知ることができるので、マインドセットに磨きがかかります。

 

幾通りもの考え方ができれば、色々な人と話をした際にパターンがわかるわけです。

 

幾通りもの考え方に冷静に返答できるなら、包容力のある人という印象を与えることができます。

 

そして、実践テクニックですが、

  • 適度な声量
  • 語尾を伸ばさない
  • ゆっくり抑揚をつける

の3点になります。

 

これらを実際に会話の中で取り入れることが信頼を得る話し方になります。

 

色々と覚えることが多いですが、要は相手の立場になって考えながら話をするのです。

 

常に会話をするときに、自分ならどういう話し方をされたら嬉しいだろうかと自問自答するように心がけてください。

 

自ずと会話を創意工夫することができるようになり、会話に磨きがかかります。

 

人を信頼させる話し方の秘密

色々なことがネットでも書いていますが、私自身も「聞き上手になるべき」といった内容の記事も書いています。

 

ただ自分から話しかけて相手の信頼を得る話し方をするためには、聞き上手態度待っているだけでは何も始まりません。

 

自分から話しかけてかつ相手に好かれる会話術というのは、確かに存在します。

 

私がお勧めする優良教材である人に好かれる会話術という教材は、10年前に発売されて以来ずっとベストセラーで君臨し続けていて、現在でも常に男性女性の双方から高評価を獲得し続けています。

 

⇒人に好かれる会話術の口コミ体験談集

 

上記の教材一冊だけで、他の教材に手を付ける必要は一切ありません。

これがこの教材のすごみであり、会話の本質全てを網羅しています。

 

ボリュームが膨大にはなりますが、やはりそれだけ会話の全てを学ぶためには必要な量になります。

 

人に好かれて人に信頼されて、人との交流も深まり、人生そのものの質が上がる。

そんな人の人生自体を変えてしまう最高峰の会話教材です。

 

そもそも会話とは何千年経過しても人間の必須のスキルであり、会話することで人は恋をして人とつながります。

 

会話の本質全てを網羅しているこの人に好かれる会話術が、人生を変えると口コミ評判で話題になって高評価を獲得しています。

 

またこの教材にはなんと全額返金保証がついています。

 

⇒人に好かれる会話術が本当に全額返金保証付きな理由

 

全額返金保証も付いていて、本当に口座に全額返金されるために多くのユーザーから支持を得続けてきました。

 

何百年何千年経過しようと会話の本質は変わることはありません。

 

もし、あなたが人に信頼される話し方を完全にマスターして人に好かれたいのであれば、人に好かれる会話術(全額返金保証付き)を学んで人生の糧にされるといいでしょう。

 

↓ ↓ ↓

人に好かれる会話術【全額返金保証付き】

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.