オナ禁の効果

ポルノ依存症を克服するには脳を変える必要がある?

投稿日:

自分の欲望を満たすためだけの目的でポルノ動画を頻繁に観ている現在進行形中の30代男性はこの日本に多くいます。

 

ポルノ依存症になっている人の脳内の構造というのは、正常の人よりもかなり逸脱した状態になっています。

 

これは世界中の特にヨーロッパ圏を中心とした国家で研究されているれっきとした事実です。

 

ポルノ依存症を克服するためには、脳からアプローチをして脳の切り替えをすることがカギとなるのです。

 

ポルノ依存症の人の脳内

ポルノ動画を観ると脳内に化学物質が発生します。

 

この化学物質が脳内で分泌されるときに快感を生じさせるのですが、化学物質の名称はエロトトキシンと呼ばれるようです。

 

反ポルノ活動家で有名なジュディス博士によってこの物質は命名されたようですが、反ポルノ活動家以外の数多くの学者の間でもポルノ依存症が脳に異常をきたすことを認めています。

 

その中で通説になっているのが、ポルノ依存症の人の脳内で「快感を記憶してその回路が作られる」というものです。

 

しかも言語処理能力が無効化されるほどの威力があると言われているほどです。

 

古代の偉人たちは自慰行為が知能を衰えさせる愚かでかつそれだけの破壊力をもたらす脅威となる行為であることを知っていました。

 

自らの体感を通じてそれを悟ることができたのでしょう。

 

アルコール依存症の治療センターは用意されている一方で、ポルノ依存症のための治療はあまり耳にすることはありません。

 

これはポルノ依存症というものが、目に見えないものであるために治療方法を具体化できないということがあげられます。

 

アルコールやたばこなどは、それ自体の物理的な摂取を控えることで克服できるのですが、ポルノ依存症は脳に直接記憶として刻み込まれるために確たる治療法というものが確立されていないのです。

 

実はアルコールやたばこなどよりも恐ろしく、最も克服しづらい依存症。

 

それがポルノ依存症なのです。

 

ポルノ依存症でインポテンツになる

ポルノ依存症の人の脳内では、ポルノを視聴している間はドーパミンが大量に分泌されます。

 

ドーパミンは快感物質であるために、人が楽しいことをしている時に放出されるのですが、ポルノ依存症の人はポルノを視聴している時のみにこのドーパミンが放出されるような脳を作り上げることになります。

 

そして、いざ愛する人ができたときに夜の営みをする際に、記憶に強烈に刻み込まれたポルノのようなシチュエーションでないと本領を発揮できないようなことになります。

 

多くのポルノ依存症の人がインポテンツEDを発症してしまっているのが実情です。

 

ポルノ依存症を克服しないと、そもそも愛する人との出会いの機会を損失することになり、恋愛どころではなくなる可能性も十分にあります。

 

先ほども述べたように脳内では快感物質としてのドーパミンが分泌されるのですが、ポルノを視聴している時だけ放出されるような脳内構造になってしまうのです。

 

結構サラッと述べていますが、ポルノ依存症は実はかなり深刻であり、対人関係においてもかなり厄介な問題となります。

 

インポテンツになるだけではなく、出会いの機会の損失をもたらし人を孤独にするのです。

 

いつもポルノ動画を視聴してオナニーした直後に何か気だるい感覚になり人と会うのが億劫になり、家にこもりがちになります。

 

そしていざ外へ出かけて女性と出会っても、会話をする気になれず女性に話しかけられても感化されにくくなるのです。

 

ポルノ依存症の脳内の回路が出来上がっていて、それ以外では喜びや幸福感、満足感を感じることができなくなっていることが原因です。

 

恋愛は人との会話を通じて徐々に信頼関係を構築していくことから始まります。

 

ポルノ依存症の人は、人との会話で感化されにくい脳の構造をしていますので恋愛ができなくなります。

 

上記で書き上げたように言語能力を無効化すると言われているほどですから、ポルノ依存症がどれだけ人間本来がもつ美しさを破壊するのかがわかります。

 

ポルノ依存症を克服する方法

ポルノ依存症を克服する様々な方法がネットには挙げられていますが、何が一番効果的でしょうか。

 

運動をしたり、読書をしたりと時間を有効に使うための手段を講じるようにと言われていますが、可能であるなら趣味を見つけることが一番有効だと感じています。

 

人生に目的を見出せない場合、人は行き場を失くしたかのように食欲や性欲を一気に解放してそれらを満たすことを飽くことなく渇望するようになります。

 

人生の生きる目的を見出す必要があります。

 

人は誰かのために生きることで幸福感が得られるからです。

 

自分の欲望を満たすためだけに生きていても人生の喜びを得ることは難しいのです。

 

誰かを幸せにするために生きることが、人を幸福へといざなうのです。

 

私自身は、宗教的な概念になりますが聖書を読み始めてから人生観が大きく変化しました。

 

ポルノ依存症を克服するために、聖書を読んで黙想して神に熱烈に祈ることで乗り越えることができました。

 

私の場合は極端と思われるかもしれませんが、趣味を通して読書をし、脳内の構造を変化させることができたのです。

 

皆さんにも聖書を信仰せよ!とまでは言いませんが、何かしら自分のマインドセットを整えるための良書や教材などを手元に置いておくことをおすすめします。

 

私が推奨する優良教材の一つとして、オナ禁教材でベストセラーの「断射プログラム」があります。

 

⇒断射プログラムの口コミ評判

 

こちらは自慰行為を辞めるための具体的なエクササイズの仕方や、考え方、実践的な習慣についてのノウハウなどが詳細に書かれてあり、数多くのポルノ依存症の30代男性が克服するのを手助けしています。

 

口コミでもかなり話題になっていて、脳内の構造を作り替えることができるといわれています。

 

この教材を通してポルノ依存症を克服して、高尚な精神性を身に着けて経済的な問題まで解決できた人も多数存在するのです。

 

ポルノ依存症を克服して脳内の構造を作り替えることで新たな人生を送ることができるようになるんです。

 

↓ ↓ ↓

脳を作り替えてポルノ依存症を克服『断射プログラム』

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.