オナ禁の効果

30代男性がオナ禁をするとコミュ障を解消できる?

投稿日:

オナ禁するとコミュ障が解消すると言う都市伝説がありますが、事の真相はどうなっているのでしょうか。

 

オナニー中毒者とポルノ依存症の30代男性には、ある一定の共通点がみられることは確かなのです。

 

彼らのうちの多くが社交的ではなく閉鎖的で一人の空間を楽しんでいる傾向があります。

 

そして女性との交友関係も自ら構築することに後ろめたさを感じたり、以上にソワソワして緊張したりとコミュ障になっている30代男性はとても大勢います。

 

オナニーはコミュ障を生じさせる

ほとんどの人がオナ禁などせずに自堕落にも毎日エロ動画を観ながら過ごしています。

 

日本は少子高齢化社会でありますが、性産業も蔓延しており街中の至る場所にて性が強調されている社会構造でもあります。

 

性産業が蔓延すると、人は本来子孫を残すためのセックスをしなくなり快楽目的の射精つまりオナニーを頻繁にするために少子高齢化へとつながるわけです。

 

そして、それだけではありません。

 

オナニーばかりしていると、人の脳はその快楽を記憶して形成しますから、次第に脳はその快楽に対して鈍感になり、さらなる飽くなき欲望と快楽を渇望するようになります。

 

そうこうしているうちに現実社会での生活に対して全く幸福感や満足感を得ることができなくなり、社会から疎外されているかのような感覚を味わうことにもなるのです。

 

愛する人と結ばれるセックスとは対照的に自慰行為によるオナニーは、たった一人孤独に空想にふけり快楽を追及するだけの行為です。

 

満足感も得られませんし、行為後に異常な眠気や倦怠感に襲われてそれがどんどん身体に蓄積していき慢性疲労症候群のような症状に苛まされることにもなります。

 

体力的に疲弊することで、社会との交流に制限がかかり、そうすると「外へ出かけるのはおっくうだな~」となり自宅へこもりがちになりまたもやオナニーにふけるようになります。

 

この時点ですでにコミュ障といえるかもしれませんが、オナニー中毒になった30代男性は女性を目にするといやらしいシーンを妄想しがちになります。

 

ポルノ依存症やオナニー中毒の方々にはある一定の思考のパターンというものが完全に出来上がってしまうわけです。

 

女性に対して常に卑猥な行為をすることの空想にふけりますから、目の前にいる女性に対して普通に会話をすることができなくなるのです。

 

コミュ障の男性の特徴としては、おどおどしている、落ち着きがない、挙動不審、余計なことを考えすぎている等が挙げられます。

 

オナニーばかりしている30代男性は目の前にいる女性に対してセックスの連想をしますから、余計なことを考えて話の本質に頭を切り替えることができないのです。

 

美人だな~恥ずかしいな~とか相手の会話の内容に耳を傾けるのではなくて、相手の肉体的特徴に目を留めるようになるのです。

 

相手の外見や肉体面ばかりに目を留めがちになると、相手の内面の美しさに感化されることがなくなりますから、おどおどして恥ずかしくなって上手く話せなくなります。

 

コミュ障になる原因というのは、まさに相手の外見ばかりみているからという点があり、オナニーやポルノはその肉体的な考え方に拍車をかけてしまい、一方で精神面の成長をとめてしまうのです。

 

オナ禁が肉体と精神を向上

一度騙されたと思ってオナ禁をしてみれば、思った以上に人生が変化するのを実感できるでしょう。

 

オナ禁することで、脳内の神経回路をリセットすることができて修復されるのでポルノ依存症やオナニー中毒になった状態から抜け出すことができます。

 

一度抜け出すことができれば、日常生活において様々な幸福感や満足感を得ることができて、対人関係でも思い悩むことが少なくなります

 

女性に対しての歪んだ視点を取り除くことができるので、女性に対して何気ない会話をすることができるようになるのです。

 

人との会話は人生の基盤であり、人は人とのコミュニケーションを避けて生きていくことはできません。

 

多くの30代男性がオナ禁をしていないからこそ自分はオナ禁をして周りの男達との差別化を図るのです。

 

オナ禁をするとテストステロンという良質男性ホルモンが分泌されて、頭髪の増毛、髪質改善、肌荒れ改善、幸福感の上昇など様々な効果が得られます。

 

精子には亜鉛やアミノ酸、その他の貴重なミネラルが豊富に含まれておりそれ自体は生命の起源といわれている構成物質です。

 

男性の場合は女性と異なり射精をしてこの生命の基となる精子を大量に失うことになり、体力的精神的な疲弊を伴うことは間違いありません。

 

体力気力共に衰えると人は外交的な性格から内向的になり、閉鎖的な環境を追い求めるようになります。

 

閉鎖的な環境つまり自宅にこもりがちになり、中毒症状に陥った脳はまたもやオナニーの快感を追い求めてきますから身体が勝手にオナニーをするようになるのです。

 

人と触れ合う機会が減少しますから、やがてその生活に慣れてしまうことで人とのコミュニケーションがうまくできなくなりコミュ障になるわけです。

 

脳の構造が変化して中毒脳になるので、コミュ障になるのです。

 

アルコール依存やたばこ、麻薬などはそれ自体が目に見える飲み物だったり薬物なのですが、オナニーとポルノ依存症はそれ自体が目に見えずに記憶や空想といった精神そのものがその人の脳に刻み込まれるのでかなり厄介なのです。

 

またそれがゆえに発症するコミュ障というのもやはり目に見えない精神性の問題なので、厄介と言えるのです。

 

あるイギリスの大学教授は「ポルノを観ることで抑制力自制心が失われ、それは人格崩壊と人生の様々な問題を生み出す最も恐ろしい依存症になる」と述べています。

 

オナニーすると馬鹿になると言われている原因なのですが、これは脳の前頭前野が関係しています。

 

栄養素を大量に失い、また脳自体が中毒に陥りますから前頭前野の活動が著しく低下します。

 

中毒症状に陥っている男性の前頭前野の働きは必ずと言っていいほどに低下傾向にあります。

 

自分を自制するためにオナ禁をすれば、脳が自制をする習慣を記憶しますので、それにより脳の癖を取り除いてリセットすることができるのです。

 

自分の欲望を解放することは、自分の人生を破滅に至らさせることになります。

 

欲望を自制することで健全な脳を維持し続けて、正常な思考と精神を抱き続けることが可能になるのです。

 

オナ禁は実は人生を豊かにするためには欠かすことができない絶対的な習慣であったのです。

 

まとめ

ポルノ依存症やオナニー中毒は、脳の血流を停滞させて前頭前野の働きを鈍くさせます。

 

これだけでもコミュ障の原因となりそうですが、それだけではありません。

 

亜鉛やアミノ酸、その他のミネラルを大量に消費するので、抜け毛や肌荒れといった外見上の問題も生じて、さらにアミノ酸といった脳の神経回路修復に必要な栄養素を欠乏することになり中毒脳が深刻化することになります。

 

オナニーばかりしているので、女性をみたときに歪んだ観点でしか女性を捉えられなくなって会話を楽しむことができなくなってコミュ障が深刻化していきます。

 

オナ禁をすることで、思考の癖を解消し中毒症状を消失させることができるので考え方全てが変わり、生き方そのものが変化します。

 

オナニーでしか喜びを得られない異常な脳から日常の些細な出来事で感化される正常な脳を取り戻すことができて、幸福感や満足感のある幸せな人生を送ることができるのです。

 

オナ禁をして考え方と生き方を180度変えてコミュ障を自然に解消したいと思う30代男性におすすめの優良教材があります。

 

↓ ↓ ↓

 

断射プログラムの口コミレビュー

 

オナ禁でコミュ障を解消するメソッド

オナ禁をするとコミュ障まで解消します。

 

コミュ障になるのは考え方が問題ではあるのですが、オナ禁により自制する精神力を身に着けることができれば強靭なメンタルを手に入れることができて自分自身の思考の切り替えも容易にできるようになります。

 

性欲という人間に生来備わっている欲求をひたすら抑えるのではなく、それを転換して活かす方法を知る必要があります。

 

エネルギーを他の目的のために利用して発散するということですね。

 

オナ禁を自然にとりなすことができれば、体力気力共に元の状態に戻りコミュ障も解消して自分の人生を豊かにすることができるのです。

 

オナ禁してコミュ障も解消したいという30代男性には口コミ高評価を得てきた30代男性の間で人気の断射プログラムがあります。

 

↓ ↓ ↓ 

 

『断射プログラム』オナ禁でコミュ障を解消する方法!

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.