オナ禁の効果

30代男が知るべき性欲を抑える方法はこれだ!

投稿日:

30代男なら誰しも有り余る性欲を内に秘めていてそれを解放するのが、健康のあかしだとか意味不明な言い伝えがありますが、果たしてそうでしょうか。

 

物質的に豊かで食べることに欠くことがない現代日本人は、コンピューターという技術を駆使するようになり、いつでもどこでもポルノサイトへアクセスができるようになりました。

 

一方でオナニーの有害性に気づく男たちが増えてきており、性欲を抑える方法はないものかとオナ禁の重要さを認識する賢い男たちがかなり増えてきています。

 

性欲を抑える方法、性欲を転換して活用する方法を知ることが重要なのです。

 

オナニーは有害すぎる

多くの30代男はオナ禁をしてもすぐに挫折をして結局はPCに張り付いて毎日お気に入りの動画を検索することに時間をかけています。

 

これはひとえに彼らがオナニーの有害性を完全に気づいていないことが大きな原因と言えます。

 

オナニーは有害です。

 

麻薬中毒、覚せい剤、アルコール依存症など様々な依存症が存在する中で、オナニー中毒とかポルノ依存症というのは、確たる形がないものであり、脳に記憶として刻み込まれるので実はかなり危険な依存症です。

 

それでも世間であまり認知されていないのは、世間が認知してほしくないからです。

 

「え!?」と思われるかもしれませんが、それは本当の話です。

 

日本には性産業が強く根付いておりどこへ出かけでも性を助長するものがあちらこちらでみられます。

 

コンビニに行けばエロ雑誌、エロビデ、ネットでもエロ動画と溢れかえっています。

 

これほどエロ文化に容易に触れることができる社会というのは、人類史上のない異常事態です。

 

容易にエロ動画にアクセスしては、オナニーで射精をしまくって人体の脳を含めた全身の細胞に必要な栄養素を常に放出することになります。

 

亜鉛やアミノ酸、ミネラルを過剰に消費し、肌も荒れて頭髪も抜け落ち、脳も快感に対して鈍感になり体力気力共に疲弊することになります。

 

健全なオスたる30代男は、性欲を抑える方法、性欲を転換して発散する方法を本能的に熟知しているので、体力気力共に疲弊するような無駄な行為をなるべく控えるのです。

 

オナニーは、自分の欲望や妄想を膨らませて異常な精神状態に陥らせる行為です。

 

愛する人と肌で触れ合うことができる行為ではなく、その場限りの欲望を放出して脳がその異常行動による快楽の頻度やパターンを完全に記憶してしまいます。

 

オナニー中毒になると見た目も悪くなりますが、精神的にも疲弊してしまい健全な精神状態でいられなくなりうつ病などを患うことになります。

 

性欲を抑える方法?よりも転換する方法!

オナニーが実際に有害であることが理解できれば、今度はオナ禁をしようと意志が強くなるのを実感できるでしょう。

 

さぁやみくもにオナニーしないように我慢しよう!とか性欲を抑える方法はひたすらオナ禁するという意志を強めることだ!と意気込むのが男の性です。

 

しかし、性欲というものはひたすらに内側にため込むのではなくそれを転換して解放することができます。

 

性欲を抑える方法ではなく、性欲を転換する方法をいくつか知ることがオナ禁を継続させる秘訣だったのです。

 

読書やドキュメンタリーを視聴する

エロ動画視聴する時間があるなら、他の動画を視聴した方がいいのです。

 

感動的なドキュメンタリーだったり、被災地の現状についての動画だったり、世界中で今起きている問題について論じている動画などを視聴するようにしてください。

 

オナニーをしている間にも、苦しんでいて人の助けを必要としている人はこの世にたくさん存在しています

 

私は最近脊髄損傷された方が、手足が思うように動かずに自分の状態が辛いにも関わらず被災地でボランティア活動をされている知り、その方に鼓舞されました。

 

結局、何でもかんでも性欲を抑える方法は我慢大会だ!と気合で乗り切れみたいな体育会系の考え方ではなく、自分自身の意識の方向を転換することが重要なのです。

 

性エネルギーを性欲のまま発散するのでもなくひたすら抑えるのでもなく、別の事柄に向けて転換するということです。

 

そのために読書やドキュメンタリー動画の視聴をして自分の感性を磨くことができます。

 

オナニーなどしてもそのあとに残るのは虚無感と孤独感、身体の倦怠感のみです。

 

オナニーをする前に「オナニーをした後にどうなるか」ということを常に自問自答するようにしてください。

 

そして、自分自身の性エネルギー、生命エネルギーを世界中で苦しんでいる人のために使うことを意識してみてください。

 

被災地にまで赴くべきだ!というのは酷に思えるかもしれませんが、現に脊髄損傷で手足が不自由な方々が被災地に赴き救援活動に従事しておられます。

 

その方は、「俺は誰かのために生きることが幸せだ」とはっきりおっしゃいました。

 

聖書にも書かれあることですが、「受けるよりも与えるほうが幸福である」という考え方ですね。

 

現代社会はあまりにも自分勝手な生き方を助長します。

 

有名になれば幸せだとかセックスしまくれば幸せだとか、自分のためだけに生きることに執着させるような考え方が蔓延しています。

 

しかし、その反面、身体に障害があったとしてもひたむきに生きる方々がたくさんおられて彼らが人のために命をかけて懸命に生きているという事実があります。

 

こういった誠実なマインドセット、高潔な精神を兼ね備えている人のことを知るために、読書やドキュメンタリー動画を視聴するようにしてください。

 

そのような誠実な生き方をしている人の考え方や生き様をみて感化され、性欲に苛まされることがなくなるでしょう。

 

自己本位な考え方をする思考回路が癖づいている人は、常に人を性の対象としてみる癖がついています。

 

今世界中でリアルタイムで起きている社会問題から目をそらさずに現実を知ることが、性欲を抑える方法、性エネルギーを転換させて思考を変化させる方法の一つなのです。

 

誠実な人の生き方や考え方を自分にインプットすることができれば、その考え方に鼓舞されて今度は自分がアウトプットできるようになるでしょう。

 

オナニーする時間があるなら、様々な書籍を読んだりドキュメンタリーを視聴して自分自身の感性を磨くことに努めましょう。

 

運動をして性エネルギーを転換

運動をして性エネルギーを転換するのも有効です。

 

ありきたりな方法のために、どちらかというと上記に書いてあることを実践された方がいいとは思いますが、運動も確かに有効です。

 

アスリートなどは試合前の最低でも一か月前から禁欲生活を送ると言われています。

 

オナ禁して良質男性ホルモンを体内に分泌させることで、闘争力と筋力を上げることができて集中力も高めることができるからです。

 

特にアミノ酸は脳の神経伝達に欠かすことができない栄養素であり、射精によりこれらを大量に失うと集中力も低下し、身体能力が著しく低下します。

 

一般の30代男は別にアスリートになるわけでもありませんが、適度な運動をすることで身体を適度に疲弊させることができて、酸素を脳を含む身体中に送り込むことができます。

 

身体中に溜まりこんだ毒素を適度な運動による血液循環で体外へ排出することができて思考がクリアになるのを実感できるでしょう。

 

運動もあまり意気込まずにちょっとマンションの周りを一周くらいして汗をかいたら帰ろうくらいの気持ちで継続されるといいでしょう。

 

ぜぇぜぇ言いながら走り込んで何が何でも痩せるぞと頑張る方もいますが、心拍数が異常に上がりますしあまり身体にいいものではありません。

 

汗をかく程度の運動を30分くらいして帰宅してお風呂に入りましょう。

 

「ちょっと疲れたな」くらいの運動をすることは性欲を抑える方法として有効です。

 

男なら適度な運動をしてナチュラルに体を鍛え上げることで健康になりますし、モテる体系を作り上げることができます。

 

まとめ

30代男であるなら、そろそろ精神的に円熟していくべき年齢です。

 

精神的に円熟するために性欲を抑える方法、性欲を転換する方法を知る必要があります。

 

性欲を抑える方法としては、利己的な自分の思考回路を矯正して、他者を思いやる心や、世界の不正に目を向けるように意識の方向を転換する必要があります。

 

正義感や誠実さを求める心を培うわけです。

 

性欲を抑える方法としては、まずこのマインドセットが重要になります。

 

自分の私利私欲を抑えて、大きな視点で物事をとらえて今リアルタイムで起きている事柄や、自分の行うべき事柄に知力と体力を投じるようにしましょう。

 

そして運動も有効です。

 

適度な有酸素運動によって身体は適度に疲れて、脳を含めて全身にクリアな酸素が送り込まれて考え方がすっきりするのを実感できます。

 

有り余る性エネルギーを運動によって解放し転換することができます。

 

要はオナニーなんてするよりもやるべき事柄は山積みだという状況が望ましいのです。

 

何もやることがないという方に敢えて運動を挙げましたが、やるべきことは常にあるはずなのです。

 

資格取得のために勉強することやネットで時事問題について調べることに時間を費やすなどすることは沢山あるはずなのです。

 

ただ自分の事ばかり考えているから快感を得たいがためにオナニーすることに夢中になっているのです。

 

性欲を抑える方法とは、マインドセットをして自分の意識の方向を転換して自分の知力と体力と労力を別の事柄に向けることだったのです。

 

⇒優良オナ禁教材断射プログラムの口コミレビューはこちら

 

性欲を自在に転換しモテて経済的に成功する方法

性欲は単に抑えるだけではいずれオナ禁を苦に感じるようになるし続きません。

 

性欲を自在にコントロールして転換する、性エネルギーを転換することができて初めてオナ禁断射を継続させ成功させることができるのです。

 

オナ禁を継続することができれば、中毒症状から解放されるので日常生活の些細な出来事に感化されて満足感と幸福感を得ることができるようになります。

 

女性に対する歪んだ考え方も消失して、女性との何気ない会話を楽しむことができるようになりモテるようになります。

 

多くの30代男が「断射プログラム」を活用して日常生活で実践することで、女性にモテて経済的な安泰も手に入れることができたと述べています。

 

性欲を自由自在に抑える方法を知りたい全ての30代男には、口コミ評判で高評価を得ていてインフォトップでも常に3位以内にランクインしている優良教材である断射プログラムをお勧めします。

 

↓ ↓ ↓

 

モテる男のための『断射プログラム』性欲を自由自在に抑える方法

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.