オナ禁の効果

エロ禁とオナ禁が女にモテる一番効果のある方法!?

投稿日:

エロ禁とかオナ禁が今30代男性の間で話題になっています。

 

どちらも究極的な禁欲と言われていますが、自慰行為によって射精をしないことを意味するワードです。

 

健康的な生物は、自慰行為によって頻繁に射精をすることはありません。

 

オスとして健在な生物は普段は無駄な射精を控えて、フェロモンを身体から放ちメスを引き寄せて行為をするのです。

 

射精をしないためにオナ禁するのですが、オナ禁するためにはオナニーしたくなる要因を取り除く必要があります。

 

エロ動画やエロ画像を観ないようにする、すなわきエロ禁です。

 

エロ禁こそが、男が女にモテるために一番効果のある方法だったのです。

 

エロ動画は脳を変化させる

エロ禁がどれだけ効果をもたらすのか知る前に、エロ動画観ることでどれだけ身体に悪影響を及ぼすのかを考えましょう。

 

海外で行われた研究によると、エロ動画を頻繁に観ている人の脳は委縮している、つまり容量が小さくなっているというデータがあるようです。

 

様々な脳の部位は記憶や感情、やる気や決断力を司っているのですが、脳はこのエロ動画を観たときの快感を記憶してしまうのです。

 

それで脳内ではドーパミンが分泌されるのですが、次第にエロ動画を観続けていると脳は既存の状態では満足しなくなって更なる快感を渇望するようになるのです。

 

一時的な快楽を生じさせるのですが、その快楽に対して耐久性を得てしまい満足できなくなって、もっと激しいプレイをしているエロ動画を探すことに時間を費やすようになります。

 

エロ動画を観て射精をするたびに亜鉛やアミノ酸といった貴重な栄養素を頻繁に失うことになり、脳内の神経細胞の修復や頭髪の生産に栄養素がまわりにくくなって、身体にも感情にも悪影響を及ぼすのです。

 

エロ動画ばかり観てオナニーしまくっている中高生がニキビ面になるのは、射精して亜鉛不足になって肌の新陳代謝が悪くなっているからです。

 

亜鉛は粘膜や肌の再生に深くかかわる貴重な栄養素です。

 

そんな亜鉛やアミノ酸が欠乏するから、ニキビ面になって髪も抜けて禿げていくことになるのです。

 

そして何よりも見た目の変化よりも、脳が委縮して中毒症状を発症しますから、感情面に変化をもたらし人格が変質します。

 

前よりも元気がなくなって鬱っぽいとか慢性的に疲れやすくなります。

 

そして女性と何気ない日常会話を楽しいとおもえなくなります。

 

セックスの対象として相手を捉えますから、セックスができるかできないかが女性に対しての評価基準になるのです。

 

セックスできないなら会話をする必要がないという思考に至ります。

 

女性は会話をして男性との距離を徐々に近づけていき、セックスに至りたいと考えています。

 

男が普段からエロ禁せずにエロ動画ばかり観ていると、女性との距離を会話によって縮めることができず、モテることは一生ありません。

 

それでは、さっそくエロ禁の効果を一つずつ見ていきましょう。

 

エロ禁すると髪質が改善する

エロ禁することで得られる効果の一つとして、髪質が改善することが挙げられます。

 

ハゲが改善したという男性までいますが、これははったりではなく事実です。

 

エロ禁することで悪性男性ホルモンを抑えることができて、女性ホルモンの働きが活発になるからです。

 

7日間のエロ禁だけで髪に効果が出たとする研究データが複数存在しており、エロ禁オナ禁が頭髪に影響を及ぼしていることは揺るがない事実です。

 

女性でMハゲだったりバーコードハゲの人はいませんね。

 

エロ禁をすることで男性ホルモンの分泌を抑制することができて、中性的な表情を得ることができます。

 

また女性ホルモンが分泌されることでむっつりスケベな気持ちから解放されて、女性の気持ちも理解できるようになります。

 

後ほどこの点については扱います。

 

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが整っていると、頭髪のハゲを防ぐこともできますし、エロ禁することでハゲを改善することもできるのです。

 

エロ禁すると目覚めが良くなる

エロ禁すると朝の目覚めが良くなるという効果を実感することができます。

 

エロ禁することは、オナ禁すること、つまり射精をしないことに直結するのですが、射精をしないことによって栄養素を体内に回すことができるからです。

 

毎日の射精を控えることは健全な雄、男として生命力を維持するための基本です。

 

動物界をみてもオナニーなどする動物はおらず、交尾の際に性エネルギーを解放して射精をしています。

 

射精は100m走を走るくらい疲弊すると言われていますが、それよりもはるかに疲弊すると個人的には思います。

 

なぜなら射精によって亜鉛とアミノ酸を大量に失うという100m走にはない栄養素の欠乏が生じるからです。

 

射精した直後もぐったり疲れますが、寝起きまでぐったりすることは100m走にはない疲弊の仕方です。

 

朝の目覚めがしんどいと一日中しんどくなります。

 

慢性的な疲労を患うことになって、それでもまだエロ動画を追い求めるようになってしまい完全なポルノ依存症になってしまいます。

 

身体はこれ以上亜鉛やアミノ酸を射精によって失いたくないはずだけど、脳がエロ動画を観たときの快感を求めるのです。

 

慢性的な疲労を解消したいと思う30代男性がまず最初に取り組むべき課題は、エロ禁でありオナ禁です。

 

エロ禁によって筋肉が増量

またエロ禁によって筋肉が増えます。

 

アスリートも試合前には必ずと言っていいほどエロ禁をしますが、古代から人は自分の目標を達成するときに断射をしていたのです。

 

精液にはテストステロンという良質の男性ホルモンがありますが、テストステロンが男らしい身体を形成する作用をします。

 

テストステロンがたんぱく質の合成を促進して筋肉を増加させてくれるのです。

 

筋肉は男らしい身体の象徴となります。

 

エロ禁すると精液を体内にキープすることができて、テストステロン値も平常に保つことができるので、健康的な肉体を手に入れることができるのです。

 

テストステロンは良質男性ホルモンであり、これはハゲの原因になる男性ホルモンではありません。

 

射精した時に分泌されるジヒドロテストステロンという男性ホルモンがハゲに関係する男性ホルモンです。

 

エロ禁によってジヒドロテストステロンを抑制して、テストステロンをキープすることができるので、髪の毛はふさふさになって身体は男らしくなり、外見上に良い変化がみられるのです。

 

エロ禁すると精神が安定

良質の男性ホルモンであるテストステロンには、感情を高揚させるコルチゾルや気分を高めるエストロン・オキシトシンなどが含まれています。

 

また抗うつ作用をする神経伝達物質であるセロトニンも含まれています。

 

セロトニンはうつ病を治療する薬にも含まれている物質です。

 

セロトニンが含まれている精子を放出しないことで、メンタル面で安定するのは言うまでもありません。

 

幸福感を生み出す物質を含む精子を体内にとどめておくことで、うつ病の発症リスクを下げることができるのです。

 

栄養学的、生物学的観点からみても過剰な射精は控えるべきなのが一目瞭然です。

 

動物界をみてもオナニーによって毎日射精をする動物などいません。

 

サルに一度オナニーを覚えさせてしまうと、サルは死ぬまでオナニーをすると言われてもいます。

 

オナニーは脳を蝕み幸福感に対する感度を下げて中毒症状も引き起こし、翌日にも疲れの症状を引き起こす厄介な異常行為です。

 

生物として健康的な雄、男として生存したいなら今すぐにエロ禁をして、性エネルギーを他のことに転換する術を知る必要があるのです。

 

まとめ

エロ禁の効果は以下の点に顕著に現れます。

 

生物学的、栄養学的に観点からもエロ禁とオナ禁は凄まじい効果を発揮するのです。

 

脳内の神経回路の正常化、目覚めが良くなる、毛髪の増加ハゲの改善、メンタル面の安定など様々な効果が得られるのです。

 

射精によって亜鉛、アミノ酸という貴重な栄養素を失わないことが、心身の健康に直接かかわってきます。

 

生物学的に魅力ある雄は無駄な射精を控えてメスを引き寄せるのです。

 

毎日オナニーするのではなく、エロ禁をして健康な雄、男として自分にフェロモンを搭載して女性を引き寄せてモテるようになるのです。

 

⇒エロ禁の効果を最大限に発揮する方法(優良教材口コミレビュー)

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.