オナ禁の効果

オナニー後の賢者タイムの正体と真相はどうなってる?

投稿日:

オナニーしている最中は無我夢中で気持ちよくなっていて我を忘れていますが、いざ射精してしまうと何とも言えない気持ちが生じます。

 

「俺何やってんだろ。。。」となるわけですね。

 

身体もだるくなって急激な眠気に襲われることになりますが、オナニー後のこの急激な眠気や倦怠感を感じる間の時間帯のことを賢者タイムといったりします。

 

まるで「性欲に支配されることのない修行僧」といった印象を与えかねないこの賢者タイムですが、一体この賢者タイムとは何なのでしょうか。

 

オナニー後とセックス後の賢者タイム

オナニー後のみならずセックス時に射精を伴うならば確実にこの賢者タイムを味わうことになります。

 

あれほど必死になって性衝動を追い求めていたにもかかわらず、いざ出してしまうと一切欲することがない状態になってしまって、全く関心がないという状態になります。

 

男性はオナニー後に眠たくなって寝てしまうことが多いようですが、これも賢者タイムによる効果です。

 

愛する人とのセックスでは、賢者タイム時に寄り添いそのまま眠りにつくことができるのですが、オナニーではそうはいきません。

 

一人で自分の欲望を満たした後に、誰からも誰をも抱きしめることなく一人で虚しさに包まれて「ねむ~」となって眠りにつくことになります。

 

愛おしく大切に感じる人と結ばれた後に眠たくなれば、そのまま心地よい眠りにつくことができますが、一人虚しく妄想を膨らませた後の眠気は人を幸福にはしません。

 

オナニー後の賢者タイムでは、空虚感、虚しさ、寂しさ、絶望感などに苛まされる人が多いのです。

 

しかもオナニーばかりしているなら飽くなき欲望を育てることにもなります。

 

人とのセックス時にのみ自分の性エネルギーは解放すべきであり、一人虚しく妄想しながら性エネルギーを消費するのは、無駄な行為だといえます。

 

⇒オナニー中毒がうつ病を生じさせる

 

人の肌の温もりを感じることのできるセックスとは対照的に、オナニー後の賢者タイムでは、誰をも抱きしめることなく抱きしめられることもない寂しさや空虚感に苛まされることになるのです。

 

賢者タイムの時に身体で起こること

英語圏の情報になりますが、セックス後の男性の脳内をスキャンした結果、男性の脳内ではある大きな変化が起こっていたようです。

 

人の思考を司る重要な部位である大脳皮質の働きが著しく低下して、言語と記憶に関係する側頭葉の働きが鈍くなってしまっているようです。

 

そして脳内の前頭葉の奥に存在する偏桃体という部位から性欲減退に関わる信号が送られているようです。

 

性欲だけでなく、何もしたくなくなるほどの倦怠感が襲ってくるのですが、調べてみると納得ができます。

 

賢者タイムの時に分泌されるホルモン

人間の体に様々な作用をするホルモンがありますが、オナニー後の賢者タイムの時に分泌されるホルモンはプロラクチンホルモンです。

 

プロラクチンというホルモンは、射精後の男性の体内で大量に分泌されて性的興奮の状態を大幅に下げます。

 

プロラクチンの作用ですが、脳内で快感を引き起こすドーパミンと良質の男性ホルモンであるテストステロンを抑制します。

 

その他にも産後の女性に分泌されて性欲減退すること、太りやすくなる、EDインポテンツになる、女性の母乳の分泌を促進する、といった作用があります。

 

プロラクチンですが、子育て時の女性に分泌されるホルモンであるために子育てホルモンと呼ばれてもいます。

 

性衝動や性欲を抑制するホルモンであるために、男性の浮気を防止する働きも確かにあるのはあります。

 

産後の女性がセックスを拒否して、子供が生まれてからずっとセックスレスになったという体験談を良く聞きますが、これらもプロラクチンによる性欲減退が関与しています。

 

色んなホルモンが体内で分泌されているのですが、賢者タイム中の性欲減退、「あーもう何やってんだか」といった感情が生じるのはプロラクチンというホルモンが原因だったのです。

 

オナ禁をすることのメリット

ここからはオナ禁をすることのメリットを書き上げます。

 

オナ禁なんて不健康だと考える30代男性の方は多いですけど、オナニー中毒はれっきとした病気です。

 

オナニーばかりしていると、脳内の快感が生じたときにドーパミンを分泌する報酬系という神経回路が次第に鈍くなってしまい、ドーパミンが生じなくなります。

 

それでもっと刺激のある映像や行為を求めるようになり、日常の中でのささやかな出来事で幸福感を感じなくなってしまうのです。

 

女性との何気ない会話、綺麗な景色をみること、親との会話などで感動しなくなります。

 

常に性衝動といった欲望に駆り立てられるようになっていき、女性を目にするとセックスシーンが頭を駆け巡るようになります。

 

そして脳が記憶している快感を渇望しますから、出会う女性に対して性的なアプローチをしてしまったり、あるいは逆にセックスできないなら話す必要がないと考えて一切女性と会話をしなくなったりします。

 

また、射精によって亜鉛やアミノ酸といった貴重な栄養素を失うことになり、肉体の表面にも変化が現れることになります。

 

亜鉛は毛髪の生産に直接関わり、アミノ酸は神経細胞の修復に関与するどちらも貴重な栄養素です。

 

オナニー中毒者は、過剰な頻度の射精によって大量の貴重な栄養素を失うことになり、体力的にも疲弊しやすい状態にあります。

 

朝目覚めてもぐったりするのは、過剰なオナニーが問題です。

 

毛髪の抜け毛なども過剰な頻度での射精によるオナニー中毒による症状かもしれません。

 

⇒オナニーによって抜け毛が促進される

 

様々な説がネットで飛び交っていて、オナニーが有害なのは医学的根拠がないとかなんとかかんとか言っていますが、実際栄養学的観点からみても有害なのは明らかなのです。

 

オナニーをすることが有害であるのなら、逆にオナ禁をすることはメリットしかないということです。

 

脳内の神経回路にアミノ酸をまわすことができ神経細胞の修復と活性化、そして亜鉛が体内の至る部位に行き巡り、肌荒れ解消や髪質改善、頭髪の増量、メンタル面の安定が得られます。

 

スポーツ選手も試合前には必ずと言っていいほどオナ禁をしますし、試験勉強や仕事でもなんでも自分が集中するためには、まずはオナ禁は絶対に必要です。

 

まとめ

オナニー後の賢者タイムの正体は、プロラクチンというホルモンが原因です。

 

プロラクチンというホルモンは、射精後の男性の体内で大量に分泌されて性的興奮の状態を大幅に下げます。

 

プロラクチンの作用ですが、脳内で快感を引き起こすドーパミンと良質の男性ホルモンであるテストステロンを抑制します。

 

代わりに質の悪いジヒドロテストステロンという男性ホルモンが分泌されてしまいます。

 

⇒ジヒドロテストステロンが有害な理由

 

その他にも産後の女性に分泌されて性欲減退すること、太りやすくなる、EDインポテンツになる、女性の母乳の分泌を促進する、といった作用があります。

 

上記に書き上げた部分をそのままコピペしたのですが、賢者タイムの正体であるプロラクチンは性欲減退だけでなく不定愁訴の男性が悩むことになる症状に苦しまされることになります。

 

射精をしたときにも分泌されるのですが、愛する人と寄り添うことができるか否かは大きな違いを生みます。

 

オナニーはたった一人孤独で我に返って性欲減退した賢者タイムの時に「何してんだ自分」といった気持ちになって、寂しさや虚しさを感じることになるでしょう。

 

オナ禁をして自分の性欲をコントロールすることができれば、過剰なオナニーに支配されることは決してありません。

 

自由を手に入れることができて、心身が爽快になるのを実感することができるでしょう。

 

単なる自己啓発ではなく、実際に身体の健康を手に入れることができるのでオナ禁を実践する男性は増加中なのです。

 

オナ禁でモテる男になる方法

オナ禁をすることで、良質男性ホルモンを分泌させてフェロモンを醸し出すことができるようになります。

 

女性が自然と引き寄せられるようになるのです。

 

オナニーの真相を理解して、正しくオナ禁することができれば性エネルギーを自分の意のままに使うことができるようになります。

 

8割以上の男性が普段何気なくしているオナニー正しくやめることができれば、周囲が得ることができないインスピレーション脳を手に入れることができて、心身の健康も手に入ります

 

周りに流されることなく、オナ禁の極意を知って正しい方法を学べば苦になることなくオナ禁を継続し、性エネルギーを転換することができるようになります。

 

オナニーをして命を削り続けることは甚だ無駄な行為だと気づき始めたのであれば、以下の優良教材をご覧になられてみてください。

 

↓ ↓ ↓

 

オナ禁を楽しみながら継続する教材の口コミレビュ―

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.