オナ禁の効果

オナ禁をするとMハゲが一気に治る?体験談の真相

投稿日:

オナ禁は現在自己啓発のための手段として流行の兆しがあります。

 

オナ禁すると中毒脳からの解放、本来の自分の脳を取り戻してインスピレーション脳を手に入れることができて、感覚を研ぎ澄ますことができると言われています。

 

また、オナ禁をすることで体調に変化がみられるのは言うまでもありませんが、まさかのMハゲが治るという説までネットにはあります。

 

果たして本当にMハゲは治るのでしょうか。

 

様々な体験談ではMハゲが治ると書かれてありますが、真相は果たして本当でしょうか。

 

結論を先に申し上げると、確かにオナ禁することでMハゲが治る、改善すると言うのは本当なのです。

 

Mハゲの原因ってオナニーなの?

Mハゲの原因が絶対にオナニーであると決めつけることはできませんが、人によってはそれが原因になっています。

 

心理的なストレス、遺伝、食生活、男性ホルモンなどがMハゲの原因とされています。

 

上記に挙げた複数の原因が絡みついてMハゲが生じるのですが、男性ホルモンが過度に分泌されることが原因としては一番大きいと考えられます。

 

オナニーを過度にすると男性ホルモンが過度に分泌されるので、Mハゲの原因になることは間違いないでしょう。

 

⇒オナニーすると悪性男性ホルモンが分泌される

 

悪性男性ホルモン分泌が過度に分泌されることでまさに絵にかいたような油ギッシュなMハゲ男になります。

 

またオナニーをすることで放出される栄養素も体内では生成されない貴重な要素であり、それを欠乏することでさらにMハゲの原因にもなります。

 

その貴重な栄養素とはまさに亜鉛の事です。

 

亜鉛は髪の毛の合成や、精子の生産に直接関与する貴重な栄養素です。

 

その貴重な栄養素を毎日放出していると、いずれ髪の毛の生産のための必要な量の亜鉛が不足します。

 

良質な髪の毛を生産できなくなることは言うまでもありませんが、やがて生産が追い付かなくなるとMハゲが額にできることになるでしょう。

 

オナニーするとMハゲが生じると言われているのは、悪性男性ホルモンが過度に分泌されること、亜鉛といった髪の毛の合成に関わる栄養素を失うことの二重の原因があるからです。

 

確実にMハゲに近づく要素が二つもあるので、Mハゲでお悩みの方にはオナ禁をすることをお勧めします。

 

私自身も額が広くて悩んでいましたが、オナ禁をすることで髪質もさらさらになりましたし何よりも抜け毛が減ってMハゲが本当に改善しました。

 

今でも確かに額が広いとは言われますが、私のことをMハゲという方は100人中1人くらいだと思っています。笑

 

また、そもそも悪性男性ホルモンって何という話ですが、これはジヒドロテストステロンという男性ホルモンのことを指します。

 

オナニーをすることで分泌される悪性男性ホルモンであり、これが原因で体毛が濃くなり、一方で頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで抜け毛が出てくるのです。

 

Mハゲが発生することになるわけです。

 

ただ、Mハゲと言いますが、そもそもオナニーをするとハゲになります。

 

何もMハゲだけではないのです。

 

人によっては額から禿げあがる人が多いので、Mハゲで書きましたがオナニーをすれば、髪の毛が全体的に抜けていきます。

 

ハゲを改善したいのであれば、まずはオナ禁をすることが必須条件になります。

 

オナニーと射精は有害なのか?

そもそもオナニーをすれば射精を伴うのですが、この射精が頻度が多すぎれば有害なのです。

 

上述したようにオナニーをすることで、ジヒドロテストステロンという悪性の男性ホルモンが分泌されてこれが頭髪の抜け毛を促進します。

 

そして射精をすることで亜鉛という髪の毛と精子の生産に直接関与する貴重な栄養素を失うことになるのです。

 

また体力気力共にぐっと疲れるという体感をしたことがある方は多いと思いますが、射精をするとアミノ酸を放出することにもなります。

 

アミノ酸は脳内の神経細胞の修復に欠かすことができない貴重な栄養素です。

 

射精により脳ではドーパミンが分泌されますが、頻度が多いとその快楽に鈍感になりドーパミンの分泌がおろそかになっていきます。

 

結果として脳内の神経細胞は元の状態から逸脱した状態になっていきます。

 

この脳内の神経細胞を修復するために必要な栄養素がアミノ酸です。

 

それでも射精によってアミノ酸を大量に放出しているので、神経細胞の修復にアミノ酸を回すことができなくなります。

 

そしてますます脳内の報酬系という神経回路は、セックスの快感に対して鈍感になっていくわけです。

 

ポルノ依存症やセックス依存症、オナニー中毒はどれも射精を伴いますが、頻度が多いと確実に貴重な栄養素を失いそして神経回路の細胞、頭髪の生産に栄養素を回すことができなくなり、中毒症状や毛髪の抜け落ちを患うことになるのです。

 

遺伝でMハゲが生じるのではなく、性欲の強さなどが遺伝してオナニーを過度にすることでハゲを患うことになるケースが実は多いのです。

 

本当に愛のあるセックスをすることは健康的ですが、過度にセックスをして射精を頻繁にしていると栄養素を失い中毒にも陥るリスクがかなり高まります。

 

オナ禁をする継続する方法

一週間のオナ禁は比較的容易だという方は多いですが、問題は3か月とかですね。

 

3か月間オナニーをせずに過ごすなんて考えられない!と思うでしょうが、実際に行動をしていかなければ自分自身を変化させることはできません。

 

Mハゲを治すこともできません。

 

Mハゲはオナ禁をすることで治ると断言はできませんが、直接的に関与していると言えます。

 

オナ禁を継続するためには、自分の考え方を変革して覚醒させる必要があります。

 

精神論かよと思われるかもしれませんが、オナ禁のように自分の欲望を抑制するためには自己のマインドセットを磨くことが必要です。

 

オナ禁を成功させるためのオンライン教材は私も活用しましたが、この記事では書くことができないほどの大量の情報が載せられています。

 

⇒優良オナ禁教材の口コミレビュー

 

オナ禁を継続させるためには、自分の趣味に没頭することがコツです。

 

インターネットをするのであれば自分のスキルアップのために活用するよう心掛けてください。

 

または偉人の演説だったり感動するノンフィクションやドキュメンタリー、世界の不幸に焦点を合わせたニュースなどを視聴するようにしてください。

 

ポルノなどを観て貴重な時間を失ってしまってはいけません。

 

ポルノを観たくなってしまったら、別の考え方をするために誠実な生き方をしている人のドキュメンタリーだったり演説などを視聴するようにしてください。

 

タイの感動的なCMとyoutubeで検索するとたくさん出てきます。

 

心温まる話や生き様をみて、人間らしい感情を育むように心がけてください。

 

変な動画を観ても得られるものはありません。

むしろ失うものが多いのです。

 

Mハゲを患うだけでなく対人関係にも問題を生じさせます。

 

オナニーをするとぐったり疲れてしまいがちになり、女性と話をしたいという気持ちが生じなくなります。

 

会話をしていてもセックスができないのだから話す必要がないという歪んだ考え方をすることになります。

 

オナ禁をすることで得られるメリット、そしてオナニーをすることで失うデメリットを常に考えるようにしてください。

 

オナ禁をすれば、日常の些細な出来事に感化されるようになり様々なアイデアが頭に浮かんでくるようになります。

 

そして良質男性ホルモンが分泌されるのでフェロモンを出すことができて女性からモテるようになります。

 

アイデア脳で仕事でも成功する可能性が高まり、さらに女性からもモテるようになるというメリットが得られるのです。

 

オナ禁を継続するためには、オナ禁をすることでどんな自分になることができるのかを常に具体的にイメージすることが大事です。

 

まとめ

オナ禁をすれば、Mハゲが治ると断言できませんが改善はします。

 

逆にオナニーして過剰に射精をすることで、頭髪が抜け落ちる確率が高くなっていくのです。

 

オナ禁してMハゲが治るという体験談がネットに多く出回っていますが、それは本当の話なのです。

 

亜鉛とアミノ酸の放出により、毛髪に栄養素がまわらず神経細胞の修復にも栄養素をまわすことができなくなります

 

ハゲますし、中毒になります。

 

ポルノ依存症って実はかなり恐ろしい病気なのです。

 

オナ禁を継続するためには、自分の趣味を作ることやネットを自分のスキルアップのために活用することが肝になります。

 

無意味なポルノ動画などを視聴せずに、偉人の演説や世界の不幸に焦点を合わせたドキュメンタリー映像などを視聴する必要があります。

 

感動的な逸話などを視聴して、自分の考え方を感化することが大事です。

 

人との会話において相手の誠実さや優しさといった内面の美しさに感化されることが、オナ禁を継続するための秘訣だったのです。

 

⇒優良オナ禁教材の口コミレビュー

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.