会話スキル向上

会話が下手になったと悩む30代男性がするべきこと

投稿日:

近年では会話が下手になったと自覚する30代男性が激増中です。

 

現代社会は対面して会話する必要性がだんだんと少なくなってきて、スマホでラインをしたりSNS上でやり取りをするなど文面だけで会話をする機会が増えているからです。

 

それに現代社会に生きる多くの30代男性は多忙ですのでまともに会話をする機会も少ないことが多いのです。

 

ストレスで会話もできなくなるし、会話をする機会が少なることで会話下手になったと感じることは別に普通なのです。

 

会話下手になるのは仕方ない

仕事仕事仕事と多忙すぎる日々を過ごす30代男性は、仕事上では会話をするものの段々とプライベートで会話をする機会が少なくなってきます。

 

そうやっていくうちにいつの日か自分が会話下手になったというのを実感することになります。

 

大学生の頃は、本心で会話をすることができているので人とのコミュニケーションが楽しく感じることが多いのですが、多忙な日々を送る社会人になると仕事上での会話しかしないので、会話下手になります。

 

仕事上では営業トークができて営業成績が高い優秀な人材だと言われていても、プライベートでは女性と楽しく会話をすることができないという人はかなり多くいます。

 

仕事上での会話のやり取りは、プライベートの会話とは全く異なります。

 

逆に同じだろと高をくくっていては、心を通わせる会話ができていないということが判明してしまいます。

 

仕事上でのやり取りをするかの如くプライベートでもやり取りをしていると距離を取りながら会話をしていることになりますし、忖度して会話をしていることになります。

 

こういった見かけだけの会話では一時的に交友関係ができたとしても、永続することはありません。

 

仕事で多忙な日々を送っていてプライベートで友人や家族、恋人と心を通わせる会話をしなければ会話下手になったと実感することになります。

 

仕事で忙しい人の会話というのは、仕事人間のような会話になることが多いです。

 

仕事人間の会話というと、早口、伺いを立てる話し方、心がこもっていない、常に自分が得をするような会話、押しが強いといった特徴があります。

 

女性は男性に癒しを求めているのであり、仕事上のような忖度する会話を求めているわけではありません。

 

癒しの存在とは、相手の話に真心を込めて返答して気遣いのある態度で接することです。

 

仕事のような会話の切り返しや相手を説得させるための会話術など必要はありません。

 

会話下手ではなく会話上手とは

会話下手になったと感じるのは、実際に会話をする機会が減ったことに原因があります。

 

何気ないことを楽しむことができる会話だったり、会話の切り返しができなくなっているのです。

 

女性は会話をするときに男性側に「共感する」ことを求めています。

 

共感力は会話が上手になるためには必ず必要になります。

 

なぜなら相手の気持ちに寄り添う、つまり共感することができなければ相手は話をする必要がないと感じるからです。

 

会話下手ではなく会話上手であることの意味は、相手に共感するという意味なのです。

 

女性はただただ話を聞いて理解してほしいという気持ちを持っています。

 

あまり「こうするべきだ」とか「ああするべきだ」という助言やアドバイスはたとえ正解であったとしても必要ないことが多いでしょう。

 

女性は話を聞いて理解を示してほしいと考えていて、自分を否定するような話は必要ないと考えていることが多いです。

 

仕事ばかりしているビジネス人間の男性は、女性に「だったらこうしたらいいよ」と現実的すぎるアドバイスをしがちだったりします。

 

会話が成り立つのは成り立ちますが、女性を安心させる会話ではないのです。

 

そのうち女性からあまり相談されることも少なくなり、結果として会話をする機会も少なくなり、会話下手になったと感じることになるでしょう。

 

会話上手になるためには、女性に信頼される話し方をする必要があります。

 

⇒自分から話しかけて女性を喜ばせる(優良教材口コミレビュ―)

 

上記のリンク先の教材では、自分から話しかけて女性に信頼される方法が書いてあります。

 

2009年に発売されて以来10年以上経過してもランキング3位以内に君臨しているベストセラー書籍です。

 

人との会話の本質というのは何百年何千年経過しても変わることはありません。

 

女性に自分から話しかけて信頼されるためには、ある程度の期間が必要にはなります。

 

自分から話しかける内容というのは最初の段階では、「季節の移り変わり目ですがしんどくないですか?」といったような相手を気遣う言葉遣いであったほうがいいでしょう。

 

相手を気遣うことを何度も続けていくうちに女性側は「この人には自分の話ができる」と実感するようになります。

 

女性は信頼できる相手に人には言えない事情を話す傾向があるのです。

 

女性に信頼されるためには、女性に自分が誠実な人間で信頼に値する人間であることを言葉と態度で示す必要があります。

 

自分から女性に話かける

自分から話しかけるのが苦手だと感じる30代男性は多いですが、女性から話しかけてもらうのをただ待つだけの受け身の姿勢でいても何も始まりません。

 

女性がこちら側に好意をもつのを気長に待つ辛抱強さは必要になりますが、自分から話しかけることこそが大事になります。

 

話しかける内容は気遣いのある言葉かけにするようにします。

 

「風邪流行ってますけど、大丈夫ですか?」とあまり相手のことを根掘り葉掘り聞くのではなくて、自然に相手を気遣うように心がけましょう。

 

いきなり「趣味はなんですか。いつが休みですか。彼氏はいてますか」と聞いても不審がられますし、距離を置かれるようになります。

 

現代日本に過ごす多くの女性は何らかの問題を抱えています。

 

仕事の悩み、介護問題の悩み、兄弟姉妹で重病を抱えている問題、本人の健康上の悩みだったりと多岐に渡ります。

 

多くの30代女性は、癒しのひと時を求めるようになるのです。

 

話をただ聞いて理解して一緒に悩みを共有してくれる人を求めているのです。

 

そして、自分から女性に話しかける時に「兄弟はいるの?」とか「趣味は何?休日は何をしてる?」といったようなよくある質問フレーズを浴びせると、重病の兄弟がいる女性は、自分の兄弟について話したくないと感じているかもしれません。

 

そうなると女性は「話したくないことを聞くうっとうしい人」といった印象を感じることになります。

 

私が推奨する「人に好かれる会話術」といった教材では、自分から話しかける際に自分のことを面白く自己紹介する具体的な方法について書かれています。

 

自分のことを話過ぎると嫌われることが多いですが、「人に好かれる会話術」ではその点を考慮して自己紹介しても嫌われることのない方法が書かれてあります。

 

女性に自分から話しかける際には、自分のことを面白く話したり、相手の事であるなら体調を気遣う言葉かけをすると信頼を生むことができるのです。

 

会話が下手になったと感じる30代男性は、女性に自分から話しかける時は女性を気遣う言葉かけをするようにしてください。

 

誠実に接していく中で女性はある時男性の優しさや誠実さに気づいて魅力を感じるようになります。

 

まとめ

現代社会はストレス社会であり、多くの30代男性は仕事で多忙な日々を送っています。

 

そのために対面して人と会話をする機会が減ってきて会話が下手になったと感じる人は本当に増えてきました。

 

会話が上手になるためには女性に自分から話しかけて信頼される必要があります。

 

女性に信頼されるためには、女性を気遣う言葉かけを続けていくことが必要になります。

 

純粋に見返りを求めずに相手を気遣う言葉かけを続けていくことで、女性は「気遣ってもらってる」と感じて男性に心を開くようになるのです。

 

人には言えない悩みや秘密を男性に話すようになるでしょう。

 

現代社会はストレス社会であり、多くの30代女性は介護問題や自身の健康問題であったり、複数の問題を同時に抱えている場合が多いのです。

 

そんな女性に「趣味は何しているの?」とか「兄弟はいるの?仕事は何?」と相手を知りたいという気持ちから一方的に聞かないほうがいいのです。

 

相手を知りたい気持ちだけで色々聞くと女性から不快に思われることが多々あるのです。

 

「風邪とか大丈夫ですか?」といったように相手を気遣う言葉かけだったり、面白く自分を紹介する方法などを学んでそれらを披露しましょう。

 

⇒自分から話しかけて女性の信頼を得る(優良教材口コミレビュー)

-会話スキル向上

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.