オナ禁の効果

ポルノ依存症になるとうつ病を発症するのは本当か?

投稿日:

インターネットが世に普及して以来、人類は容易に自分の欲望を満たすことができる時代に生きることになりました。

 

男性なら誰しもが一度は悩んだことはあると思いますが、ポルノ動画を観てしまうという状態に陥って深刻に悩んでいる人がいるのです。

 

実際に統計によると90%以上の男性がポルノ動画を観たことがあるという結果があります。

 

90%の男性のうち多くが一度観てしまったポルノ動画を辞められなくなって、中毒に陥っています。

 

またポルノ依存症を患うと時期に飽くことない欲望に支配されることで、うつ病を発症することもあるのです。

 

ポルノ依存症でうつ病発症

30代に突入すると、そろそろ結婚したいという願望が生じ始めますから、婚活をしようとする意欲が増し始めます。

 

一方で恋が実らず婚活ができないとなると、自分の性的欲求が満たされませんから、ポルノ依存症になる人も少なからずいます。

 

ポルノ依存症になると、脳の欲求が満たされたときに快楽物質を分泌する部位の機能が鈍感になりますから、だんだんとより刺激の強いものを渇望するようになります。

 

そして、そんな強い欲望が満たされることはあり得ません。

 

なぜなら人の欲望は限りがないからです。

 

脳は快感を記憶して、その快感パターンをずっと渇望するようになりますが、その欲求が満たされないときに強い焦燥感にかられるようになります。

 

自分の欲求が満たされないと人はうつ病のように元気がなくなります。

 

ポルノ依存症を患ってしまうと、必ずうつ病のような症状に苛まれることになります。

 

うつ病と診断されるためには、精神科に掛かる必要がありますが、多くの30代男性は、自身がポルノ依存症であるということを医師に告白することを躊躇します。

 

それが恥ずかしいことであると考える傾向があるために、医師にすら告白することができないのです。

 

人に告白できないためにより深刻な状態へ陥ります。

 

誰にも言わないために隠すことができるために、ポルノ動画観る習慣を断ち切ることができなくなるのです。

 

本心では、辞めたいと感じているのに辞めることができないというジレンマに陥って苦しんでしまいます。

 

自分の飽くなき性的欲求を満たすことができずに、うつ病になりますし、さらに辞めたくても辞められないというジレンマにも苦しんでしまうことになり、二重の要因がからんでうつ病になります。

 

オナ禁をしてうつ病を克服できる理由

ポルノ依存症を克服することができればうつ病を治すことができます。

 

ポルノを観る多くの人が、観ている時に射精をすると思われます。

 

射精をすると、大量の亜鉛やアミノ酸といった体内で生成されない貴重な栄養素を放出することになります。

 

それらの栄養素は体中の細胞を修復するために欠かすことができない貴重な栄養素です。

 

それらが欠乏してしまうと、身体がだるく感じるようになりますし、精神的にも不安定になります。

 

アミノ酸などは脳内の神経系を修復するために必須の栄養素ですが、それらが欠乏することで神経系が傷ついたままになるのです。

 

脳では欲求が達成された際にドーパミンが分泌されますが、その機能のことを報酬系と言います。

 

ポルノ動画を観ていると次第にその映像を何度も観ているうちに、脳内のドーパミン受容体が鈍感になってしまい、報酬系の神経細胞が傷ついてしまうことになります。

 

ポルノ依存症、アルコール依存症なども同じように脳内の報酬系の神経が侵されることが原因なのですが、射精によって亜鉛とアミノ酸が欠乏するとこの神経系が修復されることがないのです。

 

そのためにポルノ依存症になるとますます深刻化していくことになるのです。

 

脳内の構造が変化してしまいますので、安易にポルノ依存症を克服できなくてうつ病を併発している人を根性なしとみなすことはできません。

 

これは明らかに病気として認定されるべきものです。

 

それにもかかわらず病気として認知されにくいのは、性産業からの圧力があることが原因ともいわれています。

 

日本ではテレビを観ても雑誌でもどこでも性を強調したエンターテイメントがかなり流通しています。

 

これほど性産業が流通していると、「これが普通だ」という錯覚を起こしてエロ動画を観まくって普通だという風に感じるのです。

 

しかし、本来の男はポルノ依存症にもなりませんし、オナニーもするべきではありません。

 

自分の脳を健全に保ち、無駄な射精を控えて体力と知力を自分のしている事業に投資するように努めるのです。

 

ポルノ依存症になってオナニー中毒になるとうつ病になりますから、脳の働きも鈍くなってしまいインスピレーション脳を保持することはできなくなります。

 

オナ禁をした人が、今までにない自分を知ることができて日常生活の中で日々アイデアを得ることができたりするという話は世にたくさん出回っています。

 

それらの話の真偽を疑う人はいると思いますが、事実です。

 

まず肉体的な観点から考えても、脳内の神経系修復のための貴重な栄養素を射精によって放出してしまうことになるので、頭の働きが鈍くなって日常生活で何事も上手くいかなくなるのは本当の話なのです。

 

ポルノ依存症やオナニー中毒でうつ病を発症するというのは、ただの都市伝説ではありません。

 

実際に身体的、物理的な観点からみてもうつ病を発症するメカニズムになっているのです。

 

脳内のドーパミン受容体が鈍感になるゆえに飽くなき欲望の渇望、そしてその欲望が完成されることない現実への葛藤。

 

またポルノ動画の鑑賞を辞めることができない自分への自己嫌悪。

 

ポルノ依存症はうつ病を発症する原因として、2重の要因をもちます。

 

ポルノ依存症を克服できた人は、栄養素の無駄な放出を控えることができて、体力的に活力がみなぎるのを実感できます。

 

また脳内の神経細胞の修復に栄養素を回すことができるので、精神的な安定さを得ることができます。

 

また、自分自身の欲望を制御できることで、自分に自信をつけることができて人生の質が上がります。

 

ポルノ依存症を克服する方法

ポルノ依存症を克服してうつ病を完治させる方法として、有効なのは「人と話す」ことです。

 

ポルノ依存症に陥りやすい人は、一人でいる時間が長いのです。

 

心の空虚さを埋め合わせるために、ポルノ動画を鑑賞することで心の空虚さを忘れようとするのです。

 

またポルノ鑑賞は人を自分の欲望を満たすための道具としてみなす思考の癖が身についてしまいます。

 

そのような思考の癖を染みつくとそれしか頭の中で考えられなくなって、道中ですれ違う全ての女性に対して、「セックスの対象」としてしか見れなくなります。

 

女性に対して敬意を払う思考や誠実さが次第に消失していき、考え方が変わり性格が激変することになるでしょう。

 

人の誠実さや優しさといった内面の美しさに気づくためには、自分自身が誠実な考え方、マインドセットをしていく必要があります。

 

信頼できる身近な人に対して、自分の近況報告をしたり、相手を気遣う言葉かけなどをしていきましょう。

 

人とコミュニケーションを取ることの楽しさ、相手の内面に気づくことができる楽しさに気づくことができれば、ポルノに依存しなくとも人生の喜びを感じることができるようになります。

 

感動的な話や映画を見聞きすることも重要です。

 

ただ映画の場合は、ジャンルを選ぶ必要があります。

 

映画産業もやたらと性を強調するジャンルのものもありますから、そのようなものは干渉するのは控えたほうがいいでしょう。

 

ポルノ動画を観たくなれば、いま世界で起きている不幸やそれらに苛まれている人のことを考えて、その人のためにどうやって生きることができるだろうかと考えてみるのも大事です。

 

世界は混沌とした社会であり、日本社会も富裕層と貧困層の格差が激しくて、ポルノ産業などは消されるべきなのです。

 

ポルノなどを観ている暇があるのなら、自分がこの日本のためにどう動くことができるのか、また身近な人をどうすれば幸せにすることができるのかを考えるようにしましょう。

 

少しスケールの大きい話になりましたが、ポルノ産業は実際に依存症とうつ病を誘発する有害な産業です。

 

誠実さや優しさといった内面の美しさに感化される人間らしさを失って、廃人と化させます。

 

身近な人を幸せにしたいという利他的な精神、マインドセットを得る必要があります。

 

ポルノを観たいという気持ちを克服するためには、信頼のできる友人や家族に自分の気持ちを話す必要があります。

 

コミュニケーションが苦手な方には、優良な教材があります。

 

↓ ↓ ↓

 

⇒私が推奨する人に好かれる会話術の口コミレビュー

 

人が人らしく生きるためには、セックスといった本能的な欲求に依存せずに、自分の欲望を制御して、人との会話で相手の内面の美しさに気づいたり、優しさや愛情を言葉で示しあって感化される必要があります。

 

信頼できる友人を作って、彼らに自分の日常の些細な出来事や悩み、不安などを共有してみてください。

 

ポルノ動画を観る時間があるなら、友人に近況報告したり、気遣う言葉かけをするようにしてください。

 

また世界で起きている不幸に目を留めて現実を直視してください。

 

性産業や風俗で働く人の事情は様々です。

 

彼女たちが本当に幸福になることができているのかを考えてください。

 

幸せになるためには、人は人の内面といった本質を見抜いて理解する必要があります。

 

セックス依存症、ポルノ依存症のように女性を道具やモノとしてみなしても自分の飽くなき欲望は満たされることはありません。

 

ずっと自分の欲望に支配され続けて、人の優しさといった内面の美しさに気づくことができなくなってしまい、己の欲望の奴隷となります。

 

まとめ

ポルノ依存症は、うつ病を誘発します。

 

脳は常に刺激を求めるような構造に変化してしまい、常にポルノ動画を渇望するようになり、より強い刺激を求めるようにもなります。

 

飽くなき欲望が満たされるはずもなく、気落ちして、さらに辞めたくてもやめられない自分を嫌悪することになって、うつ病になります。

 

ポルノ依存症はうつ病を2重の要因でうつ病を誘発するのです。

 

ポルノ依存症を克服するために、自分自身の考え方を変える必要があります。

 

ポルノを観たくなれば、自分が信頼できる身近な人に自分の近況報告や相手を気遣う言葉かけなどをしてください。

 

世界の不幸に目を留めて、どれほどの人がこのポルノ産業に不幸にされているのかを考えるようにしてください。

 

感動的な話や映画、または演説を聞くようにしてください。

少し宗教的な話になりますが、クリスチャンの演説や説教を聞くのも有効です。

 

日本は無宗教国家のために自殺率が高い傾向があります。

 

宗教国家は自殺率が低いのです。

 

世界は歪であり、その歪な世界にあってどう正しく生きることができるのかを考えてください。

 

人の本質は内面であり、外面ではありません。

 

肉体は衰えていきますが、精神は進化していきます。

 

人を愛おしく思うこと、心から通じ合って相手を大切に思うことの喜びを感じることを知る必要があります。

 

ポルノ依存症を克服することができれば、人生の質が向上します。

 

⇒私が推奨するオナ禁するための優良教材の口コミレビュー

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.