オナ禁の効果

30代男性がポルノ依存症を克服したら人生が変わる!

投稿日:

ネットが普及している最先端の世の中で便利になった反面、容易にポルノ動画にアクセスできる時代になりました。

 

多くの30代男性がネットでエロ動画を観てポルノ依存症になってしまっている現実があります。

 

日本は性産業が盛んである国であり、性の乱れが介在する社会構造になっています。

 

性産業は莫大な富を生み出しており、政治家も深く関わっているためにかなりダークな側面があります。

 

このブログでは語ることができない裏事情があり、それがゆえにポルノ依存症は克服するべき病気ではないという誤認を意図的に誘発しています。

 

結論から申し上げるとポルノ依存症は克服できますし、克服することで今までにない自分を知ることができます。

 

何をしてもやめられない

薬物中毒、たばこ、アルコール依存症など世の中には様々な依存症があります。

 

その中でもあまり認知度が高くないのが、ポルノ依存症です。

 

ポルノ依存症の定義ですが、この現代社会ではかなり曖昧で人によって変わるものになっています。

 

先ずインターネットが普及していてスマホを持っている子供も増えて、容易にエロ動画にアクセスができるようになっていることが原因です。

 

それで自分の性欲を満たすためには、エロ動画を観るしかないと考えるようになって、それが当たり前という認識になるのです。

 

しかし、エロ動画を毎日観ないことにはいられない状態というのは、ポルノ依存症であり病気、あるいは病気の一歩手前として捉えるべきです。

 

依存の対象物であるエロ動画を観ないことには、イライラしたり物事に集中できない状態であるならそれは病気です。

 

性欲は自制できるものであり、自制することで本来の人としての心身健康な生活を送ることができます。

 

ポルノ依存症を克服しないことには、女性を見る観点が常に歪んでしまうことになり、やがて脳内のドーパミン受容体も鈍感になってしまい異常性欲や性癖を誘発してしまいます。

 

またデリケートな悩みであるために明るみにすることができず、誰にも相談できず依存症の悪化の一途をたどることが多いのです。

 

ポルノ依存症に陥ると、何時間もネットサーフィンをして自分が求める動画を探すことになります。

 

また観ていくうちに物足りなくなって刺激の強いタイプの動画を渇望するようになっていきます。

 

ポルノ依存症は病気であり、克服するべきものであることをまずは自覚しましょう。

 

ポルノが与える脳への影響

多くの30代男性は、ポルノ依存症に陥り誰にも相談できずにうつ病になります。

 

ポルノ動画を観ても女性は手に入ることはありませんし、虚しくなってしまいます。

 

また頻繁に射精をすることで本来なら身体に回されるべき栄養素が不足して、身体自体が疲弊することがかなり多いのです。

 

脳ではドーパミン受容体が何度も快楽物質を渇望することになって、日常の些細な出来事では幸福感が得られなくなってしまいます。

 

脳内の神経回路が鈍感になって傷ついてしまうことでポルノ依存症が誘発され慢性化します。

 

神経回路を修復するためには、亜鉛やアミノ酸といった体内では生成されない貴重な栄養素が必要になりますが、これらも射精によって大量に失うことになります。

 

ポルノ依存症はれっきとした病気ですが、多くの日本の30代男性は「エロ動画を観て普通」でありそれが健康のあかしであるとすら考えています。

 

ポルノは脳の萎縮を引き起こします。

 

あまり専門的な話は控えますが、ポルノを観ることで脳内のたんぱく質が委縮するのです。

 

頻繁にポルノを観ることで、脳の機能が衰えてしまい刺激を受けにくくなっていきやがて完全に依存症に陥るのです。

 

より強い刺激を求める、つまりハードなプレイをするエロ動画を求めるようになってしまい、通常のセックスでは射精できないようになります。

 

ポルノ依存症になっていなければ、本来なら健康的な脳をもっているために人との出会いで感化されて好きな人との出会いが生じていたかもしれません。

 

しかしポルノ依存症がために魅力的な女性をみても何も感じなくなってしまい、運命の人、生涯のパートナーとなりうるべき女性との出会いを損失することになります。

 

ポルノ依存症を克服して健康的な脳を維持しておかなければ、女性との恋愛が成就することはなく、永続する幸福な結婚生活や関係を維持することもできなくなります。

 

ポルノ依存症は時間を奪う

ポルノ依存症を克服するためには、先ずポルノ依存症になることのデメリットを良く知らなければなりません。

 

ポルノは断言しますが、時間を奪い生命力を奪い、気力と精神力を奪います。

 

また思考力をゆがめてしまいます。

 

ポルノを観た直後の人は、異性をモノとして捉える傾向があります。

 

女性の友達を観てもセックスを連想してしまうようになり、会う人会う人に対して敬意を払うことができなくなります。

 

人は多かれ少なかれ考えていることを口に出してしまうものです。

 

むっつりスケベなことをずっと考えていると、それをうっかり口に出してしまうときがやがて訪れます。

 

女性陣の友達は、そんなうっかり発した下ネタにドン引きして一線を置くことになるかもしれません。

 

ポルノ依存症になると大切な時間も失うことになりますが、交友関係も失うことになります。

 

もはや失うことの方が多いのです。

得られるものは一時的な快楽だけです。

 

亜鉛やアミノ酸という貴重な栄養素を身体に回すことができなくなって、時間も奪われ続けて、友人も失って、自分自身の体力と気力を失うことになります。

 

なによりもパートナーとのセックスの喜びも消失してしまい、女性との出会いや会話だけでは満足できなくなります。

 

完全に脳内の構造が変化してしまうのです。

 

ポルノ依存症を克服するために、まずはポルノ中毒が病気であることを認めて人生の質を下げてしまう重大な病気であることを認めましょう。

 

ポルノ依存症を克服するために

ポルノ依存症の弊害やデメリットを知ることができたら、実際に行動を移さないことにはポルノ依存症を克服することはできません。

 

なぜならポルノ依存症とは脳内で引き起こされている中毒症であり病気だからです。

 

望ましいのは、自分がポルノ依存症であることを信頼できる人に話すことが重要ですが、多くの30代男性はそれを苦肉の策として考えています。

 

なるべく人には言いたくないはずです。

 

ポルノ依存症を克服するための教材もオンラインで出回っています。

 

⇒私が推奨するオナ禁、ポルノ依存症克服のための教材の口コミレビュー

 

上記の教材を利用してポルノ依存症を克服した30代男性は多くいます。

 

苦にならず自然におな禁をして射精を極力控えることで、生命力活性化、インスピレーション脳の構築、良質な男性ホルモン分泌で女性からモテるなどの様々なメリットを得ることができます。

 

ポルノ依存症の克服やオナ禁は人生の質を向上させる秘訣です。

 

自分で今からできるポルノ依存症の克服方法ですが、まずインターネットをするときは家族の目に見える範囲でするようにしましょう。

 

一人暮らしの人であるなら、観たくなったら家族に連絡をしましょう。

 

もちろんポルノを観たくなったとか言わなくてもいいです。

 

そうではなくて「最近元気にしてる?」とか「○○をしているんだけど○○だよ」といった近況報告をしましょう。

 

ポルノを観たくなった時には、誰か信頼できる友人や家族に自分の近況を連絡したり、軽く会話をするようにします。

 

また人生について真剣に考えることも有効です。

 

ポルノを観ている暇があるなら、その時間を誰かを幸せにするために使おうという気持ちをもちましょう。

 

人は人とのつながりで生きていくことができるのであり、ポルノのように人を商品として扱う世界では生きていくことができません。

 

ポルノ女優は今でこそ合法的に職業として認められていますが、何らかの精神的な疾患を患ってしまうことも多くあるようです。

 

人を自分の欲望を満足させるための道具として捉えることは、非人道的であり良心に反する考え方です。

 

やがてその良心に反する考え方に慣れてしまってそれが普通になってしまいポルノ依存症になります。

 

ポルノ依存症にならないためには、心の空虚感を埋め合わせる何かが必要になります。

 

人によっては、それがペットであったりしますが、基本的に自分のことを何でも話せる友人を作っておいたほうがいいです。

 

ポルノを観たくなったら友人に連絡して気を紛らわせるようにしましょう。

 

何でも話したらいいのです。

 

「花粉症が酷いんだけど、そっちは大丈夫?」と相手を気遣う言葉かけをして人間らしさを表現するようにします。

 

ポルノ依存症を克服するためには、人間らしさや誠実さを取り戻すことが必要になります。

 

人をモノや道具として捉えがちな考えたかを改善するためには、誠実な考え方が必要になるのです。

 

そのためには、友人や家族などに近況や日々の出来事などを頻繁に話して、頭の中でポルノのことを考えないようにするのです。

 

人間味ある話や感動することなどを話すことで、自分自身をポルノから切り離すことができるようになります。

 

真面目な話をしている時や、心温まる瞬間など人生のなかではあると思います。

 

そんな瞬間を人生のなかでたくさん作り、本当の幸福を見出すことに努めましょう。

 

ポルノ依存症を克服するためには、人間味のある感動する瞬間をたくさん作りだしたり、家族や友人とのほっこりする会話などが必要になります。

 

まとめ

ポルノ依存症はれっきとした病気ですが、現代社会では性産業の圧力があるために病気として捉えられにくいのです。

 

ポルノ動画を観ていると、脳のドーパミン受容体が次第に鈍感になってしまい日常の些細な出来事では喜びを感じにくくなります。

 

刺激が足らなくなってさらにハードな内容の動画を求めるようになって、完全に中毒になります。

 

またポルノ依存症になると時間も失い、人を見る視点も歪んでしまい、体力や気力も奪われます。

 

射精を頻繁にすることで亜鉛やアミノ酸という貴重な栄養素を放出してしまうことになり、それがために体力的に衰えてくるのです。

 

体力的に衰えると恋愛をしたいと思わなくなってしまい、人との出会いの機会を損失することになります。

 

そうなると本来なら出会って恋仲に至っていたかもしれない女性との関係を失うことになります。

 

ポルノ依存症は克服しないと未来を失うことになります。

 

幸福な未来を失うのです。

 

ポルノ依存症を克服するためには、人間味あるふれあいや気遣いのある言葉かけをして、される必要があります。

 

人を自分の欲望を満たすための道具としてみるのではなく、本当に人を思いやって大切にしたいと心の底からこみ上げる気持ちを大事にしましょう。

 

またその気持ちを育むことが、ポルノ依存症克服する方法でもあります。

 

本当の愛は、ポルノ依存症のように人を道具のようにみなすものではありません。

 

相手を常に性の対象としてみなすのではなくて、相手のことを尊重して敬意を払うことができればポルノ依存症を克服することができます。

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.