オナ禁の効果

オナ禁をしてテストステロンという男性ホルモン増加?

投稿日:

オナ禁をしたくてもできないと悩んでいる30代男性はかなり多くいますが、今一度オナニーの有害性を調べてみると、オナ禁に対して前向きな気持ちが増えてきます。

 

⇒オナ禁すると体調が激変する理由

 

オナ禁と聞くと、常識はずれ、そんなの無理、我慢大会といったイメージを持たれるかもしれませんが、本来の男はオナニーなどに振り回されるべきではないのです。

 

オナニーをすると、テストステロンという良質な男性ホルモンを減らしてしまい、逆にジヒドロテストステロンという最悪な男性ホルモンを増加させてしまうのです。

 

オナ禁をすると男性ホルモンがどうなる?

まず男性ホルモンには、大きく分けて二種類あります。

 

一つ目がテストステロンで、二つ目がジヒドロテストステロンです。

 

前者が良質な男性ホルモンであり、95%が男性の睾丸で作られていると言われています。

 

一応女性の体内でもテストステロンが分泌されているようです。

 

そして、このテストステロンという良質な男性ホルモンがあるのに対して、ジヒドロテストステロンという厄介な男性ホルモンもあります。

 

このジヒドロテストステロンとはオナニーしたときに分泌されてしまう男の質を下げる本当に厄介な男性ホルモンなのです。

 

世間でもオナ禁をすれば、女性からモテるようになるとか言われていますが、実際にオナ禁をすることで良質な男性ホルモンを分泌させることができて、男性らしさを醸し出すことができます。

 

テストステロンはオナ禁して増やせ

テストステロン、序盤からずっと書き上げた男性ホルモンですが、これは男を男らしくしてくれる男性ホルモンです。

 

筋肉の増大、骨を太く丈夫にする、精子の形成、性欲増進、内蔵脂肪を減らす、丈夫な男性らしい身体のライン形成、動脈硬化予防、集中力と判断力の向上、闘争心の向上、など男性らしさを維持して促進してくれる男性ホルモンです。

 

アスリートが試合一週間前から必ずオナ禁をしたり、セックスを控えると言われているのは、このためです。

 

オナニーして射精すると身体がぐったりと疲れますし、実際に注意力散漫勝ちになったり、体力も衰えますし戦闘力、男性らしさを失ってしまうことになります。

 

男の色気とされる雰囲気やオーラをまといたければ、オナ禁をしてテストステロンを分泌させておく必要があります

 

近年では草食系男子が増加して、女性に興味がない男性が増加中といわれていますが、これもポルノ産業や風俗が盛んなために引き起こされている社会現象といえます。

 

一見草食系男子と聞くとさわやかなイメージをもつかもしれませんが、本来は男性はたくましくあって女性に情熱的になっても不思議ではないのです。

 

寧ろ健康のあかしとして、女性を求めるのが自然の摂理です。

 

若い世代の男子たちは、スマホを手に入れ容易にネットにアクセスできるようになってエロ動画を観まくってしまうことになりがちです。

 

そうやっているうちにテストステロンという男性ホルモンが減って、逆にジヒドロテストステロンという悪性の男性ホルモンを増やすことになり、無気力な男子へと変貌を遂げてしまうのです。

 

オナ禁してジヒドロテストステロンを減らせ

オナニーばかりしていると悪性の男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが分泌されて身体に変化が現れるようになります。

 

体毛が濃くなったり、ニキビや肌荒れが起きたり、薄毛の原因になったり、前立腺が肥大化したり、精力減退したりと最悪なコンボが待ち受けています。

 

これらは全て、ジヒドロテストステロンが原因で引き起こされます。

 

イメージ的にむっつりと暑苦しい髭面で脂ぎっていてニキビ面のいやらしい顔つきをしたむっつりスケベ男です。

 

しかもジヒドロテストステロンはM字ハゲとか頭頂部の薄毛にも関係していると言われていています。

 

通常は睾丸で作られる男性ホルモンはテストステロンですが、オナニーをするとジヒドロテストステロンに変化します。

 

ジヒドロテストステロンが原因で抜け毛が多くなったり、体毛が濃くなったりと身体的な変化が徐々に表れるようになります。

 

禿げに直接関わっているとまで断言できませんが、かなり密接に関わっている可能性が高いです。

 

遺伝の影響が大きいと言われているハゲですが、実際のところどこまでが遺伝でどこからが後天性なのかを判断するのはかなり難しいです。

 

ただジヒドロテストステロンという悪性男性ホルモンが分泌されてしまうことで、ハゲだったり逆にすね毛や胸毛といった部位の体毛が無駄に濃くなったりすることは事実です。

 

多くの方が自慰行為をした翌朝には髭が濃くなっていたという経験をお持ちだと思いますが、これはその悪性男性ホルモンが原因です。

 

髭面で脂こてこてで何もする気が起こらない世捨て人のような男になります。

 

しかも脳はその快楽を常に求めますから、中毒症状のように毎日しないことには気が収まらないなんてことになります。

 

身体が毎日おもだるくてやる気が起きず髭面になってしまっては、魅力のない男に成り下がります。

 

女性にアプローチする気も起らず社会性を失って、仕事の業績も下がってしまったりするのです。

 

オナニー中毒って本当に病気として認定されるべきなのですが、性産業からの圧力があると噂されてもいます。

 

私もオナ禁してから3年が経ちますが、肌荒れもなくなりましたし女性とのコミュニケーションもスムーズに行えるようになりました。

 

その成果もあって今の妻と出会い結ばれることになったのです。

 

これもまず疲れにくくなって何事に対しても精力的に挑むことができるようになったからです。

 

物事に対してポジティブに考えて挑むことができて、仕事でも成功することができて、それで人からの評価も得ることができるのです。

 

オナ禁をすると仕事、女性で成功することができて経済的に安定することもできるのです。

 

まとめ

オナニーをしていると、テストステロンという良質の男性ホルモンがジヒドロテストステロンという悪性男性ホルモンに変化します。

 

この悪性男性ホルモンを減少させるためには、オナ禁以外になす術はありません。

 

オナ禁をすることで、今まで日中感じていた倦怠感や眠気、脱力感や女性への無関心、無表情といった症状を改善できます。

 

射精は男性の生命力を分散する行為であり、極力控えたほうが自分の生命力を維持できるのは言うまでもありません。

 

愛する女性と自然に結ばれる際のみに出すのが望ましいのであり、毎日のようにオナニーをして放出するべきではありません。

 

そしてオナニーをしない状態が普通の男性の姿であり、本来の人類のあるべき姿なのです。

 

オナ禁=修行僧=ありえないという図式は論外であり、本来の潜在能力をフル活用して日々をベストを尽くしながら過ごすためには、無駄な射精を控えなければなりません。

 

良質な男性ホルモンで身体を満たすことで、色気のある男性になり女性からモテる雰囲気を醸し出すことができます。

 

女性との出会いでも仕事でも経済的にも成功したい男性は、オナ禁を強くお勧めします。

 

⇒断射プログラムの口コミ評判

-オナ禁の効果

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.