中年女性の婚活成功法

30代女性は婚活で不利なのか!?男性目線での回答!

更新日:

世間では三十路とかアラサーという呼び名がつけられて30代女性の婚活が不利であるかのような印象を植え付けられがちです。

確かに一部の30代女性は自分の現状を理解しておらず、婚活でもなかなか男性と親密になることができません。

 

私が婚活サイトを経由して、実際に知り合うことができた幾人かの女性陣たちは、理想がかなり高くてとにかく高収入が望ましいとはっきりと断言してきました。

高収入・高学歴・高身長にイケメンといういわゆる三高と呼ばれるハイスペックな男性像を求めて、それまでずっと結婚相手を選ぶことができなかった様子でした。

 

それでも中には、婚活サイトを活用してすぐに理想の男性と出会うことができてその後の結婚に至ったケースもあります。

それら二方の違いは一体なんでしょうか。

30代女性の婚活の現実

まず30代女性というのは、ある程度の年齢に達した大人な女性であるために、20代の女性と比較されて男性からの要求が多くなります。

例えば掃除洗濯、料理などの家事がある程度できて、節約術にも精通しているなどの家庭的かつ協力的な特質が求められています。

 

20代女性というのは大人とはいえ、まだまだ中年男性からすれば若くて経験のない女性として映ります。

そのために家事が苦手だったり、浪費癖が極点でない限り節約がちょっと苦手だったとしても婚活ではあまり不利になりません。

若さと美しさがそれらの欠点を補うほどに中年男性には映るからです。

 

ただ30代に突入すると話は180度変わってきます。

年齢の境目を男性も女性も意識しますが、もしまだ家事が苦手だったり浪費癖があったり男性側に協力的でない場合、婚活でそれらを男性に知られたら圧倒的に20代よりも不利になります。

 

何も極貧生活を男性と一緒にしろ!というわけではありませんが、婚活していくうえではお互い真剣に生涯を共に過ごすことができる相手なのかを検討しているわけなので、男性陣も30代女性がどういう性格をしているのかよく観察しています。

女性陣がハイスペックな男性を品定めしたり、そうでない男性を見極めたりするのと同様に、男性陣も女性陣をよく観察しているのです。

 

何もどうしても高収入・高身長・高学歴の三高ハイスペックを諦めるべきだと力説しているわけではありません。

ハイスペックな男性というのは、それだけの努力をして能力を培った人間的にも優れた魅力ある人が多いです。

ただそれらを30代女性が求めすぎると婚活では圧倒的に不利になりますし、一般水準でも本当に女性陣のことを大切に思う誠実な男性との出会いを損失することにもなります。

 

白馬の王子との出会いを求めるあまり機会損失して不利な状況に陥るよりも、本当にお互いを必要としながら支え合うことができる結婚相手を探すほうが30代女性にとって幸福なのです。

 

アラサー女子なのに受け身

よくテレビで婚活パーティの特集をやっているのをみたことがありますが、そんな中でも30代女性が揃って言うことですが、「20代のころは言い寄られたけど、今はない・・・」です。

今まで20代までは周りの男性陣から言い寄られてある意味安心して恋愛から遠ざかっていても、いざアラサーを迎えると男性からアプローチされることが少なくなったと悩むアラサー女子が多いのです。

 

婚活ではこれは男性にも言えることですが、受け身がちなのは間違いなく不利になります。

そもそも婚活とは様々な背景をもつ男女が、生涯を共にできる一生のパートナーを探すための究極の人間観察の場です。

 

もしそんな婚活の場で男性からのアプローチを待つだけといった受け身になってしまうなら、周囲の20代女性よりも圧倒的に不利になりますし、婚活の意味も全くなくなってきます。

 

確かに気になる男性陣からのアプローチの仕方を観察するために、一定期間女性のほうからアプローチしない戦略をとるのもありです。

それでも頑なに何もアクションを仕掛けない30代女性は、男性からは「気難しそう」や「自分みたいなフツメンでなくてハイスペックイケメンがいいんだろな」とスルーされてしまいます。

 

もし30代女性が婚活で成功したいなら、受け身になるよりもある程度積極的に話しかけて、様々な男性とやり取りをして自分の人間性を知ってもらうことが必要になります。

 

30代女性の料理が得意や掃除が得意、あるいはそれらが苦手であってもできる限りをしようとする姿勢を会話の中で感じ取って、好意を抱く男性は実際多くいます。

まず自分をたくさんの男性に知ってもらうために、自分から話を切り出す姿勢というのが婚活では大事なテクニックになります。

 

男性陣の30代女性への本音

実は私自身が29歳の時に婚活サイト経由で知り合って今も交際中の女性は現在35歳です。

今私自身が30歳なので5つ上になるのですが、私にとってはかけがえのない存在であり、20代女性なんかよりもずっと大人で魅力ある30代女性に思えました。

ネットでは30代女性は年齢的に絶対に不利だ!と声を荒げているサイト運営者がたくさんいますが、私の周りをみても20代前半の男性が30代半ばの女性と付き合っているケースも実際にあります。

 

要は本当に互い同士が一緒にいて居心地が良いのか、波動があっているのかなどが一番重要になってきます。

婚活で知り合った相手が30代女性だったとしても、誠実で優しいなら我々男性陣は間違いなくそんな30代女性に惹かれていくのです。

 

ただ私が上記で30代女性が婚活で不利になるケースを書き上げましたが、それは実のところ以下のポイントがその原因となります。

  • 三高ハイスペックイケメンにこだわる
  • 浪費癖があり協力的でない
  • あまり男性の話に興味がない
  • 自分からも話しかけず受け身

大きく書き上げるとこの3つになります。

この3つが当てはまっている30代女性は意外と多くいらっしゃいます。

 

私もこの3つの特徴を兼ね備えてしまっている女性を知っています。(ここだけの話私の会社にいます)

彼女は見事に今この瞬間も独身でいらっしゃいます!

仕事もバリバリできて、普通に綺麗な方ですが、男性陣からの評価はあまりよくないのです。

まだ本人としては、自然な出会いや自分と条件のあうハイスペックなイケメンを求めているかもしれませんが、もしこのまま頑なになってしまうなら、今後の婚活で他の若い女性たちより圧倒的に不利になってしまうでしょう。

 

全ての30代女性は若い20代女性よりも年齢的なハンディを背負いますが、それを包み込んでくれる誠実な男性と出会うことができたなら、それこそ本当の愛です。

 

若い20代女子と結婚してやる!と鼻息荒げる中年男もいますが、そうでない男性がいるのも事実です。

私や私の知り合いも30代半ばの女性と結婚しています。

30代という名目上の年齢数など気にしない男性がいて、人間的に魅力ある女性にはそれらが不利になって結婚できないことなどあり得ません。

 

これから婚活をしようと考えておられる30代女性の皆さんが、「私は不利なんだ・・・」と思ってネットで検索してこの記事にたどり着かれたことと思います。

そのように自分を客観視しようとされている謙虚な姿勢は、今後の婚活でも活きてきます。

 

まとめ

30代女性が婚活で不利という巷に出回っている噂を聞いてその通り真に受けてしまう誠実な30代女性がおられます。

誠実な30代女性は、男性陣をバランスよく評価することができるので、ハイスペック三高にこだわることをしません。

 

人間的に魅力のある30代半ばの女性なら、色んな男性との話も弾むし、その女性との話の中で垣間見られる優しさに惹かれる20代男性もいるのです。

 

30代女性だからと言って、全員が全員絶対に婚活で不利ということなどなく、むしろ落ち着いた男性と落ち着いた恋愛へと発展して、成婚できることになります。

 

↓ ↓ ↓

 

世界最大級の婚活サイトの無料登録はこちらから(真剣な30代女性向け)

-中年女性の婚活成功法

Copyright© コミュ障30代男が突然モテる恋愛ミュータントに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.